猫がやってきた その2

2018年06月09日 12:50

その1の続き。



4月初旬、里親募集サイトで募集されていた1匹の猫に一目惚れし、
預かり先の方と連絡を取り合いました。
ただ、その仔は野良上がりの保護猫で、まだ人に慣れていないらしく、
家猫飼育初心者には難しいと心配されました。
それでもトライアルを申し出ました。

言われた通り、ケージ、トイレ、餌皿を用意してから、
キャリーを持って、次男と共に引き取りに行きました。





多頭飼いされていた預かり先でも、その猫は、
他の猫と交わることなく、独りでいました。
預かり先の方と次男で協力して、
逃げ回る猫をなんとか洗濯ネットに入れて捕獲し、
キャリーに詰めて帰ってきました。

帰宅後すぐに、ケージに放してあげたものの、
猫はビビリ過ぎて、カッチカチに固まったまま動きません。
この日は食事もトイレもせず、微動だにもしませんでした。





預かり先の方から、「この子はハンモックが好き」と聞いたので、
家にあったボロフリースと紐で、即席なハンモックを作ってあげました。
微動もしないままだった猫は、
3日ほど経って、やっとバスケットに入ったり、
ハンモックに乗ったりするようになりました。
それでも、全くご飯も水も口にせず、トイレも使った形跡なし。
大好きだと聞いていたちゅーるを鼻先につけてあげても、
全くなめようとせず、シャー!と言ってばかり。

1週間経っても、全く食事も水も摂ってくれません。
そう言えば先代猫は牛乳が好きだったな、と思い出し、
カリカリを牛乳に浸してあげたら、
牛乳だけを美味しそうに飲み干しました。

カリカリ牛乳浸しを与え続けていたら、
やがてカリカリも食べてくれるようになりました。
徐々に新しい環境に慣れてきたようで、
ハンモックの上なら撫でさせてくれるようにもなりました。





預かりから1週間以上経って、やっと猫が気を許し始めたので、
預かり先に連絡し、正式にこの猫を引き取る事にしました。
ケージから出してリビングに慣れる練習。

家電の裏やタンスの裏など、そこら中に潜って大変。
猫も人間もどんどん慣れてきたので、
徐々にケージから出してあげる時間を長くしていき、
数日後には、ケージを開けっぱなしにして自由にしました。





猫が一番最初に心を許したのは、次男でした。
他の家族とは一定の距離を保っていたのに、
次男がリビングに来るとゴロゴロすり寄っていくように。
なぜ?と疑問でしたが、たぶん引き取りの時、
キャリーの中でガチガチにおびえていた猫を次男が介抱し、
優しく声をかけてあげていたからだと思います。

一方、夫と長男にはシャー!&猫パンチをするので、
2人ともビビって、なかなかスキンシップしようとしませんでした。
私は威嚇されようが構わずガンガン撫でまくっていたので、
根負けしたようで、次男の次に心を開いてくれました。





今まで私は猫のトイレの世話をしたことがなかったのですが、
糞尿の臭いやトイレ掃除にも慣れました。
ただ、ケージの中のトイレは狭いし掃除しにくいし、
砂の飛び散りが激しかったので、
一番大きくて飛び散り防止フードの付いたトイレをケージの外に導入。
出入り口にスノコも設置し、砂の飛び散りが激減しました。
今のところトイレ以外で粗相をした事はありませんが、
毛玉吐きやゲロはそこら中でやられて困っています。





市販の猫じゃらしには全く反応しませんが、ヘアゴムが大好き。
指鉄砲で飛ばしてやったり、
紐の先にゴムを付けてじゃらしてあげると喜んで追いかけます。

1ヶ月も経つと、あの最初の頃のガチガチ&シャー!は何だったんだ?と言うほど、
人に慣れてどんどん図々しくなってきました。





遊んで欲しい時は、ヘアゴムを咥えて目の前に置き、「遊んで…」とジッと見つめてきます。
無視していると、足でちょんちょんゴムをつついて「遊んでってば…」とアピールします。
餌が欲しい時は足にまとわりついて、餌皿に誘導したり、
餌ストッカーを足でちょんちょんしてアピールしてきます。
1週間ハンガーストライキしていたとは思えないほど健気です。





ますます次男Loveで次男にベッタリ。
リビングの外にも自由に出入りできるようにしたので、
次男の部屋にも付いていきます。
引き取って2か月経過し、もう家族の誰とも打ち解け、
ゴロゴロと体をすりつけ、寝転がっていると添い寝をしてきます。
ただ、抱っことヒザ乗りは嫌らしく、全くさせてくれません。





お気に入りのゴロ寝クッションも占拠。
怯えなくなったので、家電や家具の裏に隠れる事もしなくなりました。
寝ている時は、肉球を触っても尻尾を触っても無抵抗。
年齢は1歳くらいで成猫ですが、寝顔はまだ子猫です。





最初の1週間は、全然心を開いてくれず、
一生仲良くなれないかもと心配しましたが、
今ではもう完全に我が家の一員です。
この猫を引き取って、本当に良かったと思います。

ちなみに保護猫なので、右耳には避妊手術済の印であるカットがされています。

新しい猫を迎えましたが、もちろん先代猫「姐さん」も待ち続けています。

実はこの前、我が家の前の道路で、
ちょこんと座ってこちらを見ている猫がいたんですよ。
それが、暗くて確認できなかったのですが、姐さんに瓜二つだったのです。
思わず名前を呼んで「帰ってきて!」と呼び、追いかけました。
その猫は、近づくと逃げるのですが、少し逃げてまた振り返り、
こちらの様子を伺っています。
結局、近づいてはくれず、他所の家の敷地内に逃げてしまいました。
もしあれが、本当に姐さんだったなら…生きていてくれてありがとう。
どこか他所で餌が貰えているのか、自活できているのか、
それとも、別の猫が姐さんに見えただけなのか。

私は、あの猫は姐さんだったと信じたいです。
ただ、それから一度も姿を見ていません。
「元気でやってるから気にしないで」と、言いに来たのかな。
いつでも帰ってきてね、待ってるよ!


猫がやってきた その1

2018年05月31日 14:20



我が家には、15年ほど住み着いた猫がいました。
飼っているわけではなく、避妊手術をしてトイレとエサを提供するだけの、
住処(作業場)と外の出入りが自由なメスの外猫でした。

親からはぐれた一匹の赤ちゃん猫が、空腹でゴミ収集車をニャーニャー追いかけ、
付きまとわれていた収集のお兄さんが困っていました。
お兄さんがその赤ちゃん猫を捕まえ、
たまたま家の前で遊んでいた長男(まだ幼稚園児だった)に、
「はい、この猫あげる。」と押し付けて逃げていきました。

ガリガリに痩せて、片目は膿で開いていなかったその子猫を夫が世話し、
そのまま子猫は作業場に住み着きました。
家猫にしようと、何度かリビングに入れようとしたのですが拒否され、
絶対に家猫にはなろうとせず、特定の人以外には懐きませんでした。

カメラが嫌いですぐに身を隠してしまう猫だったので、
ほとんど姿を写真に残せませんでした。
この猫は時々、「姐さん」としてブログに登場しましたが、
一番写真が多かったのはこの記事です。

姐さんは歳のせいか、ここ数年全く外に散歩にいかず、
ずっと作業場で過ごしていました。
なのに去年の9月、台風が接近して強風が吹く中、
姐さんが、急にふらっと外に出ていきました。
あれ?出かけるなんて珍しいな、と思う間もなく、
その後、急に激しい雷雨となりました。

雷にビックリして逃げ回っているうちに迷子になってしまったのか、
以来、そのまま姐さんは帰ってきません。

飼ってたわけではないのですが、居なくなると寂しくて寂しくて、
TVの猫番組を観ては、傷心を癒す日々。
エサもトイレもスタンバイ状態のまま、
未だに姐さんの帰りを待ち続けています。

こうなったら、ちゃんと家で猫を飼おう!と、家族で協議し、
譲渡会に行ったり、ネットの里親募集をチェックしたり、
家の中での猫の飼い方を調べたり。
そしてついに…





2代目姐さんが、我が家にやってきました!
姐さんの事が忘れられず、
姐さんと同じキジトラ模様のメス猫を引き取りました。

その2に続く。


新しい愛車!

2018年05月18日 05:00



4月にプレオRSを譲っていただきました。
15年ほど前の車ですが、
普通のプレオよりフォグライトが大きく、
エアロバキバキwでカッコいい!
内装も綺麗なブルーで素敵!

4WDスーパーチャージャーらしいですが、
私にはそのスーパーチャージャーとやらの意味が分かりません。
なんと軽なのにハイオク仕様ですよ、ビックリ。
でも四駆なので、頑張ればこれでスキーにも行けるね。

この20年、キャラバン(と、年に1~2回ほど軽トラ)しか乗った事のない私にとって、
とても斬新な乗り心地です。
まず目線が低くて、ハンドリングも軽く、ゴーカートのようです。
体感スピードが速くて怖いです。
1ヶ月経ってもこの小さい車体に慣れず、
未だに駐車枠になかなか一発で入れられません (;´Д`)ヘタクソ~
キャラバン&軽トラというボンネットの無い車しか今まで経験がないし、
座席が低くて運転席からボンネットが見えないので、
ボンネットの存在を忘れがちで、停止線からはみ出て止まる事数知れず…。
AT車ですが、スポーツシフトとかいうモードが付いています。
ハンドルのボタンでシフトアップ&ダウンできる、
なんちゃってMTモードですが、
使い方がよく分からないので、まだ一度も使っていません。

4月に転職して、まだまだ新しい職場に慣れていませんが、
片道30分の通勤の相棒として、楽しく乗り回しています (´∀`*)
ハイオクが高価ですが、気にしない!




スチームクリーム10周年

2018年05月17日 05:00

今から9年も前に、スチームクリームの事を書いていますが、
そのスチームクリームが去年10周年だったそうで、
幾つかのデザインが復刻していました。





可もなく不可もなくと言っときながら、だらだらと愛用し続けて10年。
今では空き缶もこんなにいっぱい。
数えたら、未開封も含めて58個もありました (;´∀`)

夫が壁にスチール板の掲示板を設置してくれたので、
缶の内側にマグネットを入れ、壁のスチールに貼り付けています。

10年前は1年に2~3個のデザインしか発売しなかったので、
全てのデザインを買っていましたが、
今じゃひと月に2~3個のペースでデザインが発表されてるから、
潔く気に入ったデザインだけ買っています。
用途は完全に、ただのハンドクリームです。

最近はデザインだけでなく、香りのバリエーションも出るようになりました。
でもそういう変わり物は、ちょっと高いのが難点。

最近のプチプラ基礎化粧品はジェルが多く、
ジェルを塗ると痒くなる体質の私は困っています。
希少となったクリームも、ミネラルオイル配合が多く、そういうのも避けています。
なので、ミネラルオイルを使用していないクリームであるスチームクリームは、
実は私にとっては貴重な存在になりつつあります。
今使っているスキンケアを使い切ったら、いよいよ顔にも使おうかと考えています。
あくまで効能は、可もなく不可もなく程度なのですがね (;^ω^)


転職

2018年04月20日 23:45

なんだか急に環境を変えたくなり、
ずるずると15年勤めたパート先を、3月いっぱいで退社しました。
環境の変化を嫌う私にとっては、清水の舞台から飛び降りる決断でした。

4月から心機一転、
新しい勤め先でスタートを切りました。
…と言っても、次の仕事も深夜の倉庫作業です。
前の仕事と同じく、所得を扶養範囲内に収めるために、
週末2~3日働くだけで、平日は今まで通りダラダラします。

以前のパートの勤務時間帯は0時~6時でした。
入浴後2時間ほど仮眠をとってからの出勤だったので、
深夜というより超早朝勤務という感じでした。

今の仕事の勤務時間帯は22時~3時になり、
一日の延長で仮眠せずそのまま仕事に行くので、
夜更かし感覚の深夜勤務です。
4時頃に帰宅して、沸かし直したお風呂に入って午前に寝ます。

前の勤務先は車で片道10分ほどでしたが、
今は勤務先が遠くなり、片道30分かかるようになりました。
でもたかが週2~3日程度の勤務なので苦にはなりません。
むしろ深夜のドライブは楽しいです。

15年ぶりの新人気分。
緊張のあまり、4日連続で緊張性の腹痛に襲われ大変でした。
まだ7日しか働いていませんが、毎回配属場所が変わり、
毎回、新しい作業を覚えなければならなくて、ストレスで禿げそう。
でも職場の空気には慣れてきて、とりあえず腹痛は起きなくなりました。
続けられる自信がないですが、
自分の選んだ道なので、出来る限り頑張ってみます! ( `・ω・´)ノ


平針

2018年03月28日 10:37

しばらくコブバカ日誌と化していたこのブログですが、
ここから通常運転に戻ります (`・ω・´)ゞ

平針は、その壮絶な混雑っぷりから、
愛知県民にはお馴染みの悪名高き運転試験場ですが、
私は今まで平針に行った事も、どこにあるかも知りませんでした。

平針が新卒者で溢れかえる春休み、
しかも駐車場工事中で更に大混雑する中を、
運転免許の試験を受ける長男の送迎をしました。
いつ試験場に辿り着けるか分からない交通機関より、
直接乗せて行ったほうが早い、と送迎をしたものの、
R302は慢性的な渋滞路線で、平針に着く頃にはもう私も長男もグッタリ…。

長男が試験中、私は周辺のショッピングモールやスーパー、
ドラッグストアやホームセンターを転々と回りながら暇つぶし。
おかげでグーグルマップのナビの使い方を覚えました。

周辺で時間を潰す事6時間以上。
やっと試験に合格した長男から連絡が入り、
平針に戻って長男をピックアップ。
その時のバス待ちの行列を見ただけでも、
あぁ、この6時間は無駄じゃなかったなと思えました。

長男が取得したのは、普通免許ではなく、
去年から新設された準中型免許というものです。
現在の普通免許では、2トン以上の車には乗れませんが、
準中を所持していれば、18歳からいきなり2トン以上の中型車に乗れるそうです。
ちなみに教習車は、ダブルキャブのトラックだったそうです。





帰り道、さっそく長男がキャラバンを運転して帰りました。
ロングボディなので、初心者には最初ビビるサイズなのですが、
長男は普段から助手席に乗っていて目線が慣れているのと、
教習車が大きかったのもあって、全く臆する事なく上手に運転し、
私も安心して乗っていられました。
それからもう毎日のように、楽しそうにブイブイ乗り回しています。
友達には、「この車見たことない、外車?」と言われたそうですww
もうE24は巷でほとんど見かけなくなったからなぁ (´・ω・`)

義父が購入し、夫と私が乗り継ぐこと約25年、
キャラバンはついに、3代目の長男へと受け継がれました。


最強寒波

2018年01月26日 16:58



今季最強寒波がやって来ました。
さて、今季何回目の最強寒波でしょうか。
最強寒波のバーゲンセールだな…byベジータ。

1/24夕方、スーパーに入店した時にはハラハラと雪が降り始めたばかりでしたが、
20分ほどで買い物を終えて店を出ると、
一面真っ白になり、もう1㎝以上雪が積もっていました。
あまりの変貌ぶりにビックリ!
この程度の積雪でも、FRなキャラバンは尻を振りまくり。





翌日1/25、あれから大した積雪にはなりませんでしたが、
-3℃だか-4℃だか、さすが最強寒波の名に相応しい最低気温。
道路はテッカテカで恐ろしく、
夫に駅までの子供の通学の送迎をお願いしました。

去年晩秋に、日本中で大発生したカメムシですが、
この辺りでも多かったです。
我が家周辺では、マルカメムシの生息が圧倒的多数で、
緑色の大きなカメムシはめったに見かけません。
冬将軍の使者・カメムシと言われるだけあって、
その言い伝え通り、今季は極寒豪雪の冬となっています。

で、そのマルカメムシの残党がなぜかこの日、室内にワラワラと出現。
屋内管理している観葉植物に付いていたのか、
それとも戸袋にでも潜んでいたのか。
最高でも3℃いくかどうかという厳しい寒さの一日でした。





さらに明けて今朝起きたら、またしても一面真っ白。
夜中のうちに、10㎝ほどの積雪になっていました。
でも名古屋の方ではあまり降らなかったらしく、
大々的なニュースにはなりませんでした。
日中は風もなく暖かかったので、日向の雪は一気に溶けてしまいました。
いつまで続きますかねこの寒さ、いい加減内臓がシクシクします。


年末年始

2018年01月04日 16:56

明けましておめでとうございます!ヽ(*´∀`)ノ
今年もよろしくお願いします!

今年の正月は、年末から三が日明けまでが、
毎年と違って楽しかったので、記事にしました。




12月の愛知は何十年ぶりというほど記録的に、全く雨が降りませんでした。
12/26にキャラバンを洗車してピカピカに磨いて出かけたら、
その日のうちに雨に降られました…。
翌27日には、雪に降られました…。
年を越す前にもう汚れちゃったよ (´・ω・`)


12/31
大晦日だってのに、やる気スイッチが入って、
フローリングにワックスかけまくり。
雨なのに3杯も洗濯してしまい、乾かず年をまたいで外に干しっぱなし。
紅白歌合戦を観ながら少し仮眠をとり、
23時過ぎからは車のラジオで紅白の結果を聴きつつ出勤。





1/1
仕事明け帰宅後、モーニングショーの初日の出中継を見ながら、
ご飯を炊きまくって、15合分のおにぎりを握りました。
写メおみくじ大吉キター!∠( ゚д゚)/ よっしゃー!
おにぎりを持って、夕方、家族が白馬へとスキーに出発しました。
右脚を痛めている私はスキーを控えてお留守番、
4日の夜遅くまで、初めての独りぼっちの正月です。
昨日に引き続き、元日から黙々と掃除しまくり。
夫が車中泊用に、夫婦共有の羽毛布団を持っていってしまったので、
正月早々シュラフで寝るハメに (;´Д`)

1/2
今日も出勤。
仕事明け早朝から長風呂を楽しみ、
入浴後、近所の氏神様まで初詣。
しかし財布に小銭がほとんど入っておらず、お賽銭はたった12円w
さすがに万札を奉納するほど信心深くありません。
暇なので酒を呑みつつガンプラを作り始めるも、
シンナーの匂いに酔って気分が悪くなりダウン。
神様の12円の祟りか。

1/3
今日も出勤。
初夢は、仕事に遅刻しそうなのに
どうしてもボタンが押せず会社に電話がかけられない、
どんなに急いで走っても、全く前進できず会社にたどり着けないという悪夢。
やっぱり12円の祟りか。
この夢、とにかくよく見ます。社畜乙。
最高気温が6℃しかなく、風の強い寒い一日でした。
私はコタツから一歩も動かぬこと山の如し。

1/4
6日連続出勤。
前日夜に沸かしたお風呂を温め直して、
仕事明けの早朝に入るのが習慣に。
一人利用でお湯が綺麗だから出来る贅沢。
ぼっちなのでほとんど暖房を使わず、
炊事の熱もないので、室内でも明け方は気温が一桁に。
今夜は仕事は休みをとりましたが、1日休んだらまた3日出勤。
さて、今夜中に家族は白馬から帰ってこれるのかな?





という事で、平穏な非日常を堪能できた平成30年のお正月でした。
仕事明け帰宅後に寒い室内で、わざわざガスストーブでコーヒーを淹れ、
好物の帯広銘菓「三方六」を楽しみながら一息ついたり、
これまた好物のギンナンをペンチで割ってチンして、
ひたすら殻をむいて食べたり、
録り溜めたラジオ番組をのんびり聴いたり、ギターを弾いたりと、
ぼっち正月をエンジョイしました。
…あれ?普段の平日の私と大して変わらんやん。
ダウンシュラフで寝る夜も、ヌクヌク快適で楽しかったです。

正月スキーに行けなかったのは悲しかったのですが、
たまにはこんな正月でもいいかな。







ちなみに↑は、去年の正月の八方尾根。
全然雪のない、異例の年でした。
うって変わって今年の八方は、正月の地点ですでに積雪260㎝!
…やっぱり悔しいです!
スキー行きたい! ヽ(`Д´#)ノ




最近の記事