'17-18シーズン5日目 めいほうスキー場

2018年02月15日 10:50

3週連続でスキーです。
世の中は3連休でしたが、都合により、
連休最終日の月曜日に日帰りでめいほうスキー場でした。

天気予報では強烈な寒波襲来とのこと。
でも、今季は寒波の大バーゲンなので、もう馬耳東風。
はいはい寒波寒波、と甘く見ていました。

夜中にR156を移動、美濃あたりから雪がちらつきはじめました。
郡上からR472にスイッチする頃には圧雪路に。





スキー場に到着して仮眠し、6時半起床。
駐車場に入った時には、除雪直後で積雪はありませんでしたが、
起きたら、もうひざ丈まで積雪!
そして、ゴンゴンと降りしきる大雪。
今週も見たらわかる、メゲるヤツや… (´・ω・`)





めいほうはコース名が、初級=α、中級=β、上級=γとなり、
それにプラス距離で表されています。
メインコースとなるα5000は、夜中か明け方に一度ピステンで踏んだようですが、
その他のコースは、前日のコース整備から新たにスネ丈の積雪。
非圧雪コースはモモまで埋まり、とてもオンピステ板では入れません。
ボーダーさんに食い散らかしてもらうのを待つしかありません。
しかし、肝心のボーダーのお客さんが少ないです。
どうやら東海北陸道が通行止め、
R156は交通混乱、スタック続出で、たどり着けない車が続出らしいです。
めいほうも、四駆とチェーン装備車のみの入場規制をかけていたようです。





午前中はペアでα1100をパウダーラン…というかスネラッセル。
ちょっとでも油断すると止まってしまいます。
パッフパフで楽しいし、急斜面で板流して失くす事を考えると安全です。
こんな日でもなきゃ滑らない緩斜面です。





ご覧の通りのモモパウで、
緩斜面では、ボーダーさんも大変そう。
めいほうはコース幅は広いのですが、
下部は緩斜面過ぎて漕がなければならず、初心者には逆に辛いです。
センターハウスまで行くのが大変…。





大雪で視界が悪く、コースはラッセルの嵐。
昼でも気温は-10℃以下で、気が遠くなる苦行です。
でも、そんな大雪ならではの体験や風景が楽しい!
これだからスキーは止められません。





午後になって、やっとβの非圧雪コースの雪も掃けてきました。
β300は地形が八方の北尾根みたいで、自然コブが育ち始めていました。

以前、夫にめいほうに連れてきてもらっていた10年ほど前は、
当時は私がやっとスキーが滑れるようになったばかりで、
怖くてβやγを滑る事が出来ず、α5000ばかり滑っていた記憶があります。





β1000の下部緩斜面の脇にラインコブがありました。
長いけどトータルで80コブほどしかない間延びした深回りコブで、
難易度は低いですが、あんまり面白くはありません。
でも、午後はここで遊びました。





あまりの寒さに、午後から夫が体調不良でダウン。
インフルか?ノロか?帰れるのか?
ガンガン降りしきる雪で辺りは暗くて見難く、
寒くてリフトに乗っているのも苦痛、
メゲて15時に切り上げ、センターハウスでオリンピック観戦。
スノーボードスロープは、強風で男女とも転びまくりで大変だなぁ。





めいほうの駐車場を走り回る除雪ブルの合間をぬって、
カモシカがウロウロしていました。
19時まで粘ったのですが、夫の体調は回復せず。
しかしこの大雪の圧雪路で、私がローザを運転出来るわけがなく、
フラフラな夫にムチうって、ローザを運転してもらいました。
危なっかしい運転にヒヤヒヤしながらも、なんとか無事に帰宅できました。

幸い夫は、インフルでもノロでもなかったようで、翌日には回復しました。
寒さに中ったんでしょうな。
しかし今回は、おんたけ並みに寒かったなぁ!
めいほうは意外と標高高いからなぁ。

今回は大雪でまともに滑れませんでしたが、
めいほう初体験の子供達には好評でした。
私も、昔滑れなかったコースが今では滑れるだろうし、
もう一度天気の良い日に、全てのコースを散歩してみたいです。


'17-18シーズン3~4日目 ホワイトピアたかす&ダイナランド

2018年02月08日 15:16



2週連続で、ピア&ダイナに行ってきました。
一日目はホワイトピア。
こちらは、すっかりインスタスポットと化した森の熊さんです。
先週のように一面の樹氷ではありませんが、
それでも午前中は冷え込みが強く、指が痛くて寒かったー!





先週掘ったモーグルコースの上部に、
新たに目印が3レーン打たれていました。
こちらが初級コースとのことですが、
ピッチが細かくてカリッカリで、全然初級者に優しくみえないなぁ (;´Д`)
ベースがカッチカチで、丸一日経過しても、
集中して滑り込まれていた1レーンだけがごく浅く掘れただけでした。





下部の中級コース。
掘れまくって落とし穴と化していますが、滑りやすい雪質でした。
3レーン中1レーンにエア台が設置されていましたが、
誰も飛ぶ人がおらず、残り2レーンが混雑気味でした。
先週の右ヒザの痛みが残っており、
気後れして体が動かず、丸一日かけてもまともに滑れませんでした。
これだけ滑れないといっそ清々しい。





先週は気付きませんでしたが、
アルファクワッドの隣に地味なペアリフトがあり、
そのリフト沿いに、これまた地味な尾根コースがありました。
スターコースと言うらしいですが、とても雰囲気が良く、
ほとんど滑る人がいないので午後でも荒れておらず、
痛いヒザに優しくて滑り易かったです。

ちっとも滑れないので早目にコブを諦め、
スターコースをのんびり滑って終了。
ダイナランド方面の展望が美しいですねぇ。
ただ、コースとしては短すぎる…。

夕食後は牧歌の里へ。
先週はイモ洗い状態でお風呂に入れませんでしたが、
今回は人が少な目で、のんびり温泉を楽しむことができました。
冬の雪見露天風呂は最高!
その後、ダイナランドに移動して車中泊。





夜中の1時頃に目が覚めてトイレに行った時には、
道路に全く雪はなく、路面はドライだったのですが、
チラチラと雪が降り始めていました。
朝になって外を見たらビックリ、
たった5時間ほどの間に10㎝以上の積雪になり、
辺り一面が銀世界になっていました。
しかも、雪は衰えることなくガンガン降り続いています。
見たらわかる、メゲるヤツや… (´・ω・`)

あまりの雪の降りっぷりと寒さで、なかなか車外に出る気になれず、
9時になってやっとスタート。
モーグルコースは新雪が積もってフッカフカの良コンデション。
こんな極上の勘違いバーン、気遅れている場合ではない!





エア台に書かれた、粋な応援メッセージ。
今週から始まる冬季五輪のモーグルに、
岐阜出身の堀島選手が出場します。

オープンからクローズまで、
一日中モーグルコースで遊びました。





モーグルクローズ後はから松ペアを回しましたが、
午後から降雪が猛烈な勢いになり、もう視界真っ白でなにがなんだか。
激遅のから松ペアの上で雪ダルマになりながら寒さに耐え、
リフトから降りるたびにどんどん深くなる新雪。
営業終了頃には、スネ~ヒザ丈のパウダーランを楽しめました。
メゲるどころか、楽しすぎる最高の一日でした。
冬将軍様、ありがとう! ヽ(*´∀`)ノ


'17-18シーズン1~2日目 ホワイトピアたかす&ダイナランド

2018年01月31日 11:14

整形外科とリハビリに通うこと1年、
右ヒザ靭帯の可動範囲も、左右のバランスも、ずいぶん回復しました。
正座はまだ痛いけど、ヤンキー座りもスキップも怖くないよ! ヽ(*´∀`)ノ

整形外科医からも作業療法士からも、無理をしない条件で、
スキー再開の許可をいただきました。
3月までスキーは出来ないと思っていましたが、
前倒しでスキー再開です!
冬将軍様が暴れまくってるのに、これ以上じっとしていられるかい!





1/24土曜日、滑り初めはホワイトピアたかすです。
0時に愛知を出発してR156を北上し、3時にピア到着。
R156も、駐車場も、客の車が少ないなぁ。





アルファクワッドを降りると、巨大なクマがいてビビりました。
かなりリアルな熊のハリボテで、写真スポットになっていました。

-10℃より下回ってそうな極寒で、指が痛くてちぎれそうです。
美しい一面の樹氷も、昼過ぎまで融けませんでした。





センターAのモーグルコースは、
大雨融雪の後の大雪という波乱の1週間を経たので、
一旦リセットされ、改めてメイク中でした。
まだ目印パイプを打ち込んだばかりの状態で、
コブは掘れていません。

医者の言いつけ通り、無理をせずユルユルと滑っていましたが、
1時間も我慢が出来ず、モーグルのコブ堀りに参戦。
あれよあれよで滑走者が増えてどんどん掘れていき、
正午になる頃にはもうラインコブが3本育ちました。





午後からもモーグルコースに入り浸りですが、
朝に飲んだ痛み止めの効果が切れて、右ヒザが痛み始めました。
コブが深くなってヒザに衝撃がくるようになり、
リフト乗車中の宙ブラの状態や、昇降時の板の接地すら苦痛です。
次第に立っているのも辛くなり、14時半に私は先に終了しました。
これでは、1年前と全く状況が変わらないなぁ。





一日中ほとんど日差しがなく、小雪が舞う寒~い日でした。
クワッドでもほとんど待ち無し、
デルタペアはガラガラで乗り放題、
とても奥美濃のハイシーズンの週末とは思えない快適さでした。
ちなみにピア単独券だったので、鷲ヶ岳方面には行けず、
子供達には不評でした。
鷲に興味ないので、たとえ共通券でも私は鷲には行きませんがね。
そもそも、ピアですらセンターAしか滑らなかったし。





リフト終了後に車内で夕食を摂り、牧歌の里へ。
しかし、今まで経験した事のない混雑ぶりです。
牧歌の里を諦めてやまびこロードをひるがのに抜け、
湯の平温泉に向かおうとしたら、R156が凄まじい大渋滞。
どうやら東海北陸道が事故で通行止めになっているようで、
R156に交通が集中しこの状態。
だから、渋滞待ちで牧歌の里が混んでいたのか~
これでは、湯の平温泉はもっとカオスだな…

ひるがのからダイナランドの駐車場にたどり着くのに1時間もかかって、
ビックリ&グッタリでした。
お風呂に入るどころではなく、清拭で済ませました。
20時からダイナの花火祭りを楽しみ、すぐに就寝。





翌朝、車内で-5℃…。
ペットボトルの中のお茶がシャーベットになっていました。
昨日調子に乗り過ぎたので、右ヒザも腫れて痛いなぁ。

痛み止めを飲み、私だけ遅めの9時にスタート。
ピアだけでなく、ダイナもモーグルコースをリセット&リメイク中でした。
モーグルは午後からオープンとの事なので、
それまでから松でただ独り、ひたすら右脚加重のバランス練習。
右脚はまだ巧く重心を乗せられなくて、
なんでもない緩斜面でコロコロとコケまくり。





昼食後、午後から痛み止めを追加ドーピングして、
解放されたモーグルコースのコブ掘りに参戦。
フカフカだったピアと違い、ダイナはカリッカリのアイスバーンでなかなか掘れず。
滑走者は多く、15時のコース終了頃にはガリガリのズルドンコブになりました。
15時からはスカイラインを流し、16時に終了。

午後から雪が本降りになり、
夕方には10㎝ほどの積雪となりました。
昨晩のカオスから一転、R156は順調に流れ、
21時頃には帰宅できました。
翌日、右ヒザがパンパンに腫れ、歩くのもままならなかったのですが、
3日経って腫れが引き、痛みも抜けてきました。
リハビリでバレませんように (;´Д`)


'16-17シーズン7~8日目 ダイナランド

2017年04月04日 15:22



3月最終週の水曜・木曜日に、
ダイナランドへ今シーズンの滑り収めに行ってきました。
春料金・駐車場無料になったダイナですが、
いまだ全面滑走可の積雪量です。

3時頃出発して6時頃ダイナに到着したのですが、
昨夜降雪があったようで、木が雪化粧をしています。
冬将軍様、援護射撃ありがとう!

水曜日はレディースデーなので、私は無料で滑らせてもらえます。
ただ、レディースデーのパスでは高鷲SPには行けないので注意。
私はあっちに用がないので行きませんがね。

独身時代の私は、仕事が水曜休みだったので、
夫によく、水曜日のダイナランドに連れてきてもらいました。
それ以来のレディースデーだねと夫に言ったら、
全く覚えていないってさ (;´Д`) エェェェ





3月最終週の奥美濃で、まさか新雪にファーストトラックが刻めるとは。
嬉しくて、つい指が写っちゃったよ。

正月スキーで右ヒザ靭帯を痛め、整形外科に通い始めて以来、
ずっと痛み止めの薬漬けです。
そのうちクセになって、痛み止めが効かなくなるんじゃないかと、
不安に感じるほど飲んでいます。
試しに薬を飲まずにゲレンデに出てみましたが、
ガリガリに凍ったピステン跡が痛めたヒザに凄く響き、
激痛でまともに滑れません。
歯を食いしばって数本滑るも耐えられなくなり、
10時半に早々に車に戻り養生。





昼食後は、ちゃんと痛み止めをドーピングして出撃。
午前はリフトに乗るのも憂鬱なほどヒザが痛かったのですが、
午後からはウソのように痛みがなくなりました。
ならばとモーグルコースへ行き、クローズの15時までコブ錬。
春営業でガンマライナーが終了しており、
モーグルコースまで行くには、アルファライナー経由になります。
アプローチに手間がかかり、思うほど滑れず不完全燃焼。





明日の最終日に全力を投じるべく、15時に早上がり。
午前・午後の養生中は、車内でプラモを作って暇つぶし。
簡単すぎて、1時間くらいで完成。

前回のダイナランドで、牧華の入浴券を家族分いただきました。
ダイナさんありがとう!
今回はその入浴券を使わせていただき、
牧華で温泉を堪能しました。
平日はスキー場も温泉も空いていてイイネー!





ダイナの駐車場で車中泊し、2日目。
これが今シーズン最後の滑走なので、
朝からロキソニンを服用し、ヒザにロキソニンテープを貼りまくり、
サポーターもガッチリキメて出撃!

今日は昨日ほど冷えず朝から気温が高め。
ピステン跡がグズグズと崩れるほど柔らかなバーンです。
今日は全く痛くないよ!
ロキソニン凄いねー怖いねー (;゚Д゚)
嬉しくて、今日も指が写っちゃったよ。





アルファ~神中A~から松を回してウォーミングアップした後、
10時にモーグルへ。
止まってしまうほどグズグズに緩んでおり、
簡単にノンストップで滑り切れるほど難易度が低いです。

午後からもモーグル。
コブは簡単なのですが、
モーグルからアルファ乗り場に行くまでが完全クサレ雪で、
オールスケーティングしなければならず大変。
どうやらフリースタイル板は、
ビンディングがセンター寄り=板のトップにかかる圧が高いからなのか、
普通のカービング板よりもクサレ雪に弱いようで、すぐ止まってしまいます。
皆がスイスイ滑っているバーンでも、私だけヒィヒィとスケーティング。
ダウンヒルもモッコモコのストップ雪でターンがヒザにひびき、
どんどんヒザが腫れて動かなくなってきました。
15時の終了時間まで、アクセスが悪い中を懸命に移動し、
なんとか1日で10本以上はモーグルを滑る事ができました。





15時からはベータに移動し、
ベータ終了までスカAのコブを数本滑って終了。
1日よく痛みに耐え、よくコブで遊びました。
満身創痍で今シーズンを終える事ができました。
18時くらいまで車内で仮眠し、21時頃愛知に帰宅。

今年は全く筋肉痛になる事がありませんでした。
全力で滑れなかったのもありますが、
ヒザを無理に回すような横着な滑りが出来ないので、
嫌でも正しいポジション&タイミングで滑らざるをえず、
後傾にならなかったおかげだと思っています。
それにしても、こんなにクサレ雪をスケーティングしまくっても、
全く筋肉痛にならなかったのは不思議です。
でも毎回ヒザが腫れてしまい、医者に怒られました。

よっし、これでヒザのリハビリに専念できるぞ!
来シーズンまでに、ロキソニン無しで滑れるようにヒザを回復させるぞ!
冬将軍様どうもお疲れさまでした。
どうか来シーズンも、たくさんの雪をお恵み下さい ヽ(*´∀`)ノ


'16-17シーズン6日目 ダイナランド

2017年03月24日 12:10



ダイナランド2日目。
この日が今期のアサダイナ最終日でした。





朝一の締まったバーンは快適で、
α→神中A→から松→αのローテーションが楽しい!
しかし一本滑るごとに、
どんどん雪が緩んでいくのが、足裏によく伝わってきます。





神中A~から松の雪が緩んだら、
スカイラインに移動し、スカAのコブレーンへ。
右脚がコブに入る事を拒否し、ブルブル震えます。
下の方の緩めの位置から少しづつ試し滑りをし、
徐々にコブに慣らしていきます。
しかし10時半にはもうヒザが痛くなり、車に戻って養生。





昼食後、さっそくモーグルバーンへ。
グズグズに緩んでフカフカの、至福の春コブ状態です。
お隣のダウンヒルでは、
コースを閉鎖してスノーボードのスラローム大会が開催されていました。





コースの待ちも、リフトの待ちも全く無し、
休日なのに貸し切り状態です。
板をフリースタイルに換えたおかげか、
ドクター中松のジャンピングシューズのように、
コブをピョンピョンと弾むように滑る事が出来ます。
最高のコンディションなのですが、5本ほど滑ったら、
もう右ヒザがパンパンに張ってターン出来なくなりました…。
残念ながらモーグルコースから撤退し、
スカイラインに出戻り。





毎年真っ先に閉鎖になるチャレンジコースですが、
今期は全く問題なく滑走可能。

3連休最終日ですが、客入りは少なく、
スカイラインには昼過ぎになっても、
踏み跡の無いピステンラインが残っていました。
神中Aやから松も、それほどバーンが荒れず、
この時期にしては午後になっても滑り易さを保っていました。

15時過ぎる頃にはもう完全に足のバランスが保てなくなり、
2日目を終了しました。





この2日間、少し滑っては車で養生を繰り返していましたが、
車内では、食事の準備をしたり、
歌を歌ったり弾いたりして過ごしました。
おかげで、新しい歌の練習が捗りました。
我が家のローザは一般駐車場から離れた観光バスエリアに駐車させてもらっているので、
車内から音が漏れても安心です。

12~1月の雪不足には気を揉みましたが、
やっとシーズンインした我が家の都合に合わせてくれたかのような、
2~3月の冬将軍様の奮闘に大感謝!
それなのに、思い通りに滑れないもどかしさ (´;ω;`)

スキーに行った事がバレないように控え目に滑ったので、
全く筋肉痛にもならず、翌日の歩行にも支障がありませんでした。
なのにリハビリの触診で、スキーに行った事がバレました。
お医者さんは騙せないね~ (;´Д`)


'16-17シーズン5日目 ダイナランド

2017年03月23日 11:52

前回のヘブンスで無理をして(無理をした覚えはないけど)、
リハビリ中の右ヒザをパンパンに腫らしてしまい、
医者に怒られ、ヒザに溜まった血を抜いてもらい、再びリハビリに通う日々。

その間に、無事に次男の高校受験も終わり、
これで心置きなく家族でスキーに行けるようになりました。
肝心のヒザはドクターストップ状態ですが、
それがどうした、私は行くよ! ヽ(*´∀`)ノ





3/19にして、今季初めてのダイナランドです。
しかし去年の同時期の瀕死状態とは別次元、
今年は春分の日になっても雪がタップリ!

2日間滑る予定ですが、そんなにヒザが持ちません。
1日目は、ちょうどバッヂテストが行われるので、
この日は2級検定を受けて余力を残し、
コブは明日の楽しみにとっておく事にしました。

朝一で2級検定を申し込み、
午後の検定までヒザを温存するために、
から松ゲレンデをテレテレ滑って遊びます。
雪質は、3月中旬とは思えないほど快適!
11時にはもうヒザが痛み出したので、
切り上げて車内で養生しました。





車内で昼食後、検定を受けるために集合場所へ向かう一本目で、
緩んだ雪に足を取られて、板が吹っ飛ぶほどの転倒。
あぁぁ、温存しておいたヒザに激痛が…

ヒザ痛に悶絶しながら、検定開始。
ちなみに使用したスキーは、
今年から履いているフリースタイル板です。

スカイライン上部の急斜面にて、
一種目目にいきなりパラレル小回り。
好きな種目ですが、
ヒザが痛くて全く動かせず、棒立ちのまま滑って終了。
はっはっは、もう結果は見えたね。

2種目目、スカイライン中腹の緩斜面でシュテムターン。
去年、きそふくしまで2級検定を受けた時、
シュテムを全く理解しないまま受けて落ちました。
今でもシュテムを理解していませんが、
今回は2回目だし、YOUTUBEで滑り方を確認したので、
だいたいこんな感じだろ、という自信を持って滑りました。

3種目目、スカイライン上部急斜面でパラレル大回り。
ターンするというより、落下するような勢いでゴール。
苦手種目だし、不合格は目に見えていたので投げやり気味。

結果。
小回り64シュテム64大回り65で不合格!

小回りは納得の結果です、痛いんだからしょうがない。
大回りは、むしろあんな滑りで合格なのかとビックリ。
シュテムは、これでもかっ!とばかりに開脚して、
オーバーアクションでアピールしたんだけどなぁ、
滑り方を根本的に間違えてるのかな?
もしヒザが無事で、大回り小回りが合格だったとしても、
シュテムが不合格ではどうしようもありません。

検定は、2級と1級が同時に行われました。
さすがに1級受検者の滑りは上手いなぁ!と感心して見ていましたが、
10人ほどいた1級受検者の中から、今回は一人も1級合格者は出ませんでした。
あれで合格できないのか!
しかも横滑りってなんだアレ???ズルドンとギルランデの融合?
シュテム同様に理解不能な種目です。
私では絶対1級合格は無理だな… (;´Д`)

去年・今年と2級を2回受けて不合格になり、
暇つぶしで受けるものではないと悟りました。
基礎スキーに首を突っ込むのは、もう止めにします。
私は我流で結構、下手だと笑いたければ笑え! ヽ(`Д´#)ノ

検定後は滑らず我慢し、車に戻って養生しました。
湯の平温泉でヒザを労り、20時には就寝。
明日に全力を捧げるぞ!

2日目に続く。



'16-17シーズン4日目 ヘブンスそのはらSNOW WORLD

2017年03月04日 19:36

なんと正月スキー以来、2か月ぶりのスキーです。
この2か月間、右ヒザのリハビリに通院するも、
そんなに簡単に治るものでもなく、経過は芳しくありません。
この状態で、はたして春スキーができるだろうか?
回復具合を確認するために、
3/2にヘブンスまで試し滑りに行ってきました。





9時頃にヘブンスそのはらに到着。
中津川までは雨でしたが、
恵那山トンネルを抜けたら雪になりました。
ゴンドラでゲレンデまで上がったら、
まさかの新雪10~20cmオーバー。
しかもまだまだ雪が降り続いています。

朝一はパフンパフンで最高に気持ちイイ新雪ランが楽しめましたが、
降っている雪がベチョベチョの為、
水分で見る見る激重に。





パノラマコブの正式名称は、
みんなで作るコブ、略して「みんコブ」なのだそうです。
私が行ける範囲のスキー場の中で一番ユルいコブで、
リハビリに最適です。
朝一は新雪に埋もれていたので、
一本デラかけした後、恐る恐る滑走開始。
深くないのでドンツキもほとんど無く、
ヒザの痛みもなく滑れます。
楽しい~!





去年は雪不足の為、
一度もオープンする事がなかった林道コース。
今年は不定期ながら、オープンしているようです。
この日はサイスウィングへのアプローチまで開通。

林道も新雪が積もっていましたが、
水分が多く、板が全然走りません。
サウスウィングまで行くのに半分以上スケーティングしなければ進まず、
恐ろしく疲れました…。





サウスウィングは、朝一はヒザ丈のフカフカ新雪で、
浮遊感があって楽しかったのですが、
降りしきるベチャ雪でどんどん重くなり、
午後にはラッセルでないと下りれないほどに。
林道でスケーティングし、サウスをラッセルで下りてくるという、
ヒザには拷問のようなコンディション。





半分雨のような雪なので、
ウェアの中まであっという間にビショ濡れ。
ゴーグルも曇って見えず、とても滑りにくいです。
メゲて、11時半には昼食に。
ソースカツ丼が美味い!





食事休憩で気が抜けたせいか、
右ヒザが痛くて動かなくなりました。
コブは抜重運動なので、思うほどヒザに負担がないのですが、
リフトの昇降と、スケーティングと、
荒れてボコボコになった整地でふんばるのがとにかく辛いです。

食事後、2~3本滑っただけで、
痛くてセンターハウスで養生。
その後に数本滑ってギブアップ。
まだ14時ですが、全身ズブ濡れで冷たいし、
ヒザも限界なので、早いけど退散するとしますか。





帰るとしても、ラッセルしないと進まず、
第4リフトまで行くのも一苦労でした。
一日中、本当に良く降りました。
たとえベチャ雪でも、3月にこれだけの新雪は天からの恵みです。





ゴンドラからの風景。
こんな雪景色、めったに見られません。

今日は新しい板のデビューでもありました。
フリースタイルモデルなので、むちゃくちゃ軽くて足に優しい~!
コブでも柔らかくてよくしなり、非常に滑りやすかったです。
逆に言えば、コシが無いので、
大回りやアイシーなバーンでは脚が疲れます。
センターのくびれも少ないので、
オンピステモデルのような切れるターンも苦手です。
でもいいんです、コブが楽しければ!





スキーを早く切り上げてきたのは、
帰り道の路面が心配だったのもあります。
ゲレンデではあんなにゴン降りだったのに、
麓の駐車場はミゾレ程度。
中央道に冬タイヤ規制や速度規制もありませんでした。

中津川ICで中央道を降り、
実家に寄ってR41経由で帰り、18時には帰宅できました。

半日滑っただけで、再び右ヒザがパンパンに腫れてしまい、
歩くのもままならなくなりました。
次回のリハビリで、この状態をどう言い訳しようか…。

結論。
これから春コブが楽しい季節ですが、
残念ながら、私の今シーズンは終わったね…(´;ω;`)


'16-17シーズン1~3日目 白馬八方尾根スキー場

2017年01月05日 11:58

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
今年も、初記事はスキーでスタートですよ。

12/30
am3時から正月スキーの準備を始め、
正午頃にローザに乗って愛知を出発。
途中、岐阜の実家に寄って挨拶し、R19を一路、白馬へ。
21時頃に八方第3Pに到着し、車中泊。





12/31
年に一度のお楽しみ、
八方尾根にてスキー三昧、初日。
晴れて、とても年末とは思えないほど暖かいです。
昨シーズンは、暖冬による雪不足で大変でしたが、
なんと今シーズンは、去年を上回る雪不足状態。
麓のゲレンデは、名木山の下山ルート以外オープンしていません。





兎平まで上がれば、白銀の世界が広がっています。
しかし、積雪量が少なすぎて、
そこら中から地面が透けています。

兎のコブ斜面は、ビッシリ育って圧巻の姿ですが、
ツルツルカリカリに磨かれたカチコブでテクニカル。
雪不足でコブ底のそこら中から土や石が露出しており、
捨て板でないと悲惨です。

黒菱緩斜面で少し足慣らしをしてから、
丸一日、ウサギコブを堪能しました。
楽しかったーー!!





スキー後は、郷の湯でまったり。
男湯はイモ洗いだったようですが、
女湯は私だけで独占できてラッキー。

ケータイのワンセグで紅白歌合戦を観ながら夜は更け、
23時になったら、名木山のスキースクールまで行き、
ワンセグとイヤホンで紅白を観ながら、
カウントダウンイベントに参加。
家族を起こしたのに、付いてきたのは長男だけ。

カウントダウンの合唱で新年を迎え、
花火が上がりました。
八方 NEW YEAR!





1/1
今日も良い天気です。
雪が降る気配もありません…。
兎平の整地も、リーゼンも、更にハゲが広がってきました。

昨日のコブ滑走で、
10月の登山で痛めた右ヒザ靭帯損傷が悪化しました。
サポーターでヒザを固めて滑っていましたが、
コブひとつひとつを越えるたびに衝撃が辛いです。

ヒザ養生のために黒菱緩斜面を滑っていましたが、
黒菱はリフトも斜面も混雑して滑りにくいので、
結局、兎平に戻ってきてウサギコブ。
楽しいんだけど、痛い…怖い…。
夕方のラスト一本で、ついにヒザを捻ってしまい、
激痛が走り、ジ・エンド。

スキー後は、今日も郷の湯でまったり。
風呂で見たら、ヒザが2倍に腫れていました。
その夜は、痛みに悶絶しながら寝ました。





1/2
スキー3日目。
今日もピーカンです。
ゲレンデはこんなに瀕死の状態だというのに、
今日は3月並みの気温になるそうです…。
冬将軍様、なんの恨みがあるんだ!

右ヒザが完全にフニャフニャで、
ブーツを履くのも、ビンディングにはめるのも、
リフトに乗るのも激痛です。
兎平まで上がったものの、
コブはもちろん、黒菱の緩斜面すらまともに滑れません。

痛みをこらえてしばらく滑っていましたが、
リーゼンを滑って下山することもままならなくなり、
悔しいですが、ゴンドラで下山し、
シャトルバスで第3Pまで戻ってきました。





スキーは出来ませんが、ゆっくり歩くことはできます。
午後からは、長男と一緒に、
ゴンドラ乗り場近くにある諏訪神社まで初詣に行きました。
凄い立派なスギの御神木がある神社でした。

本来は1/3までスキーの予定でしたが、
私がこの体たらくの為、一日早く愛知に帰る事になりました。
スキーを終えた夫と次男が戻り次第、
支度をして、愛知に向かい帰りました。
下道を走って中津川からは中央道に乗り、
23時前には、愛知に帰ってくることが出来ました。





すでに新しい板を用意してあるのですが、
こんな雪不足&石やブッシュだらけのゲレンデでは、
とても新品の板をおろせませんでした。
私の古い板のトップガードは、
今回のスキーで、ついに両側とも取れてしまいました。

今回は、ヒザ靭帯を痛めただけでなく、
アイスバーンに顔面からコケて、鼻血も噴出。
ゲレンデコンディションも悪く、
せっかくの年に一度のスキー旅行が、
不完全燃焼で終わってしまいました。

一番最悪だったのが、私のスマホが、
31日朝になったら突然死していた事です (´;ω;`)
おかげで、正月はその件で大騒動で、
スキーを楽しむどころではありませんでした。
その件は、また別記事で。
そのため、写真が全く撮れなかったので、
今回の記事の写真は、全て長男提供です。

4日間の予定だったのに3日で帰ってしまったので、
八方尾根のリフト券が余ってしまいました。
今年は次男が高校受験なので、
次に八方に行けるとしたら、試験が終わった春休みです。
八方に再訪できるかどうか分かりませんが、
私もそれまでに、ヒザの回復に努めます。

冬将軍様、
我が家がスキーに行ける春までに、
ゲレンデにフッカフカの雪を大量に用意しておくように! ヽ(`Д´#)ノ




最近の記事