アルティシアまたトラブル

2016年11月30日 11:50



11/22に揖斐方面へちょい乗りに行きました。
10月に行った時の写真と合わせて無理くりツーレポにしましたので、
良かったらHPを見て下さい。→こちら。(HP)
内容が薄くてもネタにしてUPしないと、
HPが放置されてるように見られるんでね… (´;ω;`)





揖斐から帰ってきて、ガレージにバイクを入れようとした時、
足元にナニか落ちてるんですよ。
なんだこれ?
オイル汚れから、チェーン周りのパーツかな?
おいおい今度はどこが壊れた!?





目視では、どこのパーツが脱落したのか分からなかったので、
パーツリストで足回りにそれっぽいパーツがないか探します。
どうやら↑の9番の、
スイングアームのシャフトをチェーンから保護するガードが、
それっぽいです。





チェーンガードを外して中を見てみたら、
矢印の部分に付いているはずのチェーンガードでビンゴでした。
それにしても、もし走行中に脱落していたとしたら、
私はもちろん、バイク屋でも脱落に気づかないよ、こんなの。

パーツの断面を見ると、
ずいぶん前から破損していたらしい劣化ぶり。
C型の状態のまま、長い事ぶら下がっていたようです。
でも、走行中に脱落せず、
帰宅直後に足元に転がり落ちて、
ちゃんと私が気づくようにアピールしてくれました。
でも、パーツを注文して取りつけるまでは、
またしばらくアルティシアに乗れません。

今年のアルティシアは、
メーターケーブル切れに始まり、
キャブ不調、燃料詰まり、
タイヤ交換で四苦八苦、瀕死バッテリー、
幾つかのパーツやボルトの脱落紛失etc…
どこか直せばどこか壊れるという、
旧車ならではの構ってちゃんぶりでした。
…いや、半分以上は旧車とか関係なく、
私のズボラメンテが原因なんですがね (;´∀`)

バイクの不調でツーリングに行けず、
バイクが直ったら、忙しくて乗れず、
バイクも私も行く気満々な時には天気が悪く…
という感じで、なかなかタイミングも合いません。


立田釣行

2016年11月24日 11:44

]

11/23に、立田大橋下流まで落ちハゼを釣りに行ってきました。
am2時頃に立田の道の駅に到着して仮眠、
4時半頃に木曽川河川敷に陣取り、
夫だけ先にセイゴ釣り開始。

6時半に私が起床した時には、
全くアタリなし…。





干潮で係留された船が底を付いています。
さて、これからの上げ潮にかけて、
ハゼ釣り開始ですよ。





それにしても寒い~!!
寒波到来で気温が低いうえに、
強風で竿もブルンブルンと流されてしまいます。
ゴカイ付きの針を川に投げても、
風に押し戻されて顔に向かって飛んできてヒィィ!

お昼に潮どまりとなり、終了。
釣果は…ボーズ \(^o^)/
子供達は寒さでローザに引きこもり、
一度も竿を持たず。

祝日とあって釣り人が多かったですが、
みんな一様にボーズっぽい雰囲気でした。
潮目は悪くなかったんですが、
この寒さと強風ではねぇ…。

この後、気まぐれで、
急きょ立田から岐阜の実家までドライブしました。
日暮れを迎えた実家の気温は2度でした。
夜には更に冷えて、雪が降ったかもしれません。

明けて11/24の今日、
関東でこの時期としては異例の降雪となりました。
11月に東京に雪が降るのは半世紀ぶりとか。
今年はカメムシが異常に発生しています。
去年の暖冬とはうってかわり、
今年は大雪になりそうでワクテカ (*´∀`*)


ちょい乗り馬瀬 その2

2016年11月16日 08:48



その1の続き。

岩屋ダムのダム湖・東仙峡金山湖の湖岸道路r86を進みます。
こちらも山の広葉樹の黄葉は終わりかけでしたが、
道路沿いに植樹されたモミジが見頃です。

赤・黄の黄葉に緑のガードレールが加わって、
色が凄いことになってるね…。










湖岸道路沿いの紅葉をのんびり満喫。
紅葉の甘い香りと、雨に薫り立つ針葉樹の香りも楽しみます。





ダム絶賛放水中。
よく雨が降ったようで、通りがかりのどのダムも、
水門から放水していました。





馬瀬温泉まであと1㎞というところで、
雨が降ってきました。
あーれー?レインウェア持ってきてないぞ~!





今日の目的地、馬瀬温泉・美輝の里に到着した頃には、
雨も本降りに。

ここのところ忙しくて気が休まらず、
肩こりや後頭神経痛に悩まされていたので、
今日は温泉でのんびりと療養するぞ!

美輝の里は、様々な浴槽が楽しめるクアハウスで、
露天風呂も最高です。
シトシト降る冷たい雨に打たれながら、
ほどヌル湯温でじんわりと体を温めます。
冬の到来を告げる雪虫が、たくさん飛んでいました。





お風呂から上がる頃には、雨も上がりました。
馬瀬温泉から新日和田トンネルで下呂に抜けて、
R41で帰ります。
R41沿いの中山七里の紅葉も綺麗でした。
その中でも、淵に映り込む紅葉が印象的でした。
じっと見てると、バイストンウェルに行けそうな気分。





以上、230㎞のショートツーリングでした。
タイヤの跳ね上げ滴で、
ジーパンと靴がベチョベチョになり、
帰宅する頃には足が冷え冷えに。

紅葉となると、つい写真が多くなってしまい、
ちょい乗りなのに記事が2つに分かれてしまいました。

前回、久々にアルティシアのエンスト症状が再発したので、
今日は機嫌をうかがいながらの走行でしたが、
今日はエンストはしませんでした。
スタートも調子よく、押しがけをする事もありませんでした。
私の右ヒザも、バイクの運転に支障がないまでに回復しました。




ちょい乗り馬瀬 その1

2016年11月15日 19:41



1ヶ月ぶりにバイクに乗りましたよ。
やっぱりバッテリーが弱っており、
3時間の急速充電を経てやっと始動。
なんとかこのバッテリーで冬越しできないかなぁと粘っております。

本当は早朝に出発して、
徳山ダムの方まで紅葉狩りに行きたかったのですが、
昨日からの雨が朝まで残っており、
やむのを待っていたら、出発が8時半になってしまいました。
この時間からでは遠くへ行けないので、
行き先を岩屋ダム周辺に変更。

R41を北上。
七宗の飛水峡も色づいていますね。





飛騨金山から岩屋ダムへ行く途中の、
横谷峡に寄り道。
広葉樹の紅葉は終わりかけでしたが、
モミジはちょうど見頃で綺麗でした。





横谷峡は、それほどメディアに紹介されていないので、
空いているのが良いですね。
土日は混雑するでしょうが、
平日は観光客も数人しかいません。





綺麗なのですが、道が狭くて離合が大変なのと、
雨上がりは苔と落葉で道がチュルンチュルンなので、
バイクだと怖いのが難点。





横谷峡には、4つの滝があります。
そのうちの一つ、鶏鳴滝です。





鶏鳴滝のすぐ下流にある、黄金淵。





こちらは、4つの滝のうちの一つ、白滝。

4つの滝のうち、見たのは鶏鳴滝と白滝だけ。
なぜなら、この2つの滝は駐車場から近くて見やすいからです。
あと2つの滝を見るには、
駐車場から少し歩かなければなりません。
右ヒザの捻挫がまだ完治していないので、無理はしません。

横谷峡を後にして、岩屋ダムに進みます。

その2に続く。


唐松岳~五竜岳縦走

2016年10月13日 19:25



10/10~11に、北アルプスへテントを担いで登ってきました。
降雪や山小屋の営業終了とか考えると、
行くなら今週がもうギリギリでした。
行先は、数年前から何度も計画しては中止を繰り返してきた、
念願の唐松~五竜です。

まずは八方尾根からスタートし、八方池。
強風で波立ってしまい、逆さ白馬三山は見られず。





唐松頂上山荘から唐松岳へ。
無事登頂!





次は、唐松岳から五竜岳へと稜線を進みます。
2つの山の間には、牛首という難所があります。
断崖絶壁の鎖場が連続し、
テン泊装備を担いだ状態ではキビシー!

延々と続く険しいアップダウンの連続、
しかもガスに巻かれ、どこを歩いているのかも分からず、
行き交う人もおらず、孤独と時間との戦い、
泣きたいほど辛かった稜線歩きでした。





なんとか日没までに五竜山荘に到着し、テント泊。
後ろに続くのは、五竜岳への稜線です。





翌朝、雲海に見事なご来光!
でも超~寒い!!
テントも霜だらけでした。





朝一で五竜岳に登頂。
牛首ほどではないですが、鎖場や三点支持箇所が連続する難所です。





五竜岳登頂後、下山開始。
これは五竜山荘裏の小山から見た五竜岳。
威風堂々としてカッコイイ!





下山は遠見尾根ですが、
地図で見る以上にアップダウンのキツイハードルートで、
この尾根をナメていました。

下山開始早々に右ヒザを捻挫してしまい、
足を引きずりながら懸命に下りました。





アルプス平まで下りてきたら、紅葉が見頃でした。
なんとか無事生還できて良かったです。
テン泊フル装備&私のショボイ体力で1泊2日は
ちょっと無理があった計画でした。

以上、とり急ぎダイジェストのレポートでした!
ここに載せきれない絶景の数々や、
山行の詳細は、HPへどうぞ。

実は、下山後エスカルプラザに、
カメラ入りのサコッシュを置いたまま帰ってしまい、
翌日電話して、エスカルプラザさんに発送してもらいました。
おかげで、そのデータで記事を書いています。
エスカルプラザさん、どうもありがとうございました!!

ただ今、捻挫した右ヒザがパンパンに腫れて、
全く曲げ伸ばしが出来ない状態です。
2~3日で歩けるようにならないと仕事が困るなぁ。

白馬から帰ってきた2日後の今日、
北アルプスでは初冠雪だったそうです。
ギリギリセーフ! (;・∀・)


納古山散策 中級コース編

2016年10月12日 06:19





10/07に、2年ぶりに七宗の納古山に行ってきました。
今回は、中級コースから登ってみました。
ちなみに前回初級コースを登った時の記事はこちら↓
納古山散策 木和谷初級コース編 その1





最初のうちは、沢を左右に渡りながら森林地帯を進みます。
初級コースと似ています。





ルート上に巨大な岩壁が立ちはだかります。
これが中級コースの目玉です。
三点支持でよじ登ります。
楽しいなぁ!





岩壁からのパノラマ。







一旦下って、第二の岩壁登りです。
こちらも三点支持でサクッと通過。





1時間ちょっとで納古山山頂に到着。
あれ?ノコリンがモデルチェンジしています。





登頂のご褒美にネクターを飲むのが、
最近のマイブームです。
疲れた体に最高に美味い!




山頂から見た川辺町方面と木曽川。
晴れなのですが霞がかっていて、
御岳も白山も見えませんでした。





頂上直下の、中級と初級の分岐。
今回は写真右から登ってきました。
帰りは初級コースを下る事にし、
写真左の道へ進みました。







深呼吸して、森林の香りを楽しみながら、
初級コースをのんびりと下りました。




初級登山口から林道を下って、
中級登山口に戻ってきました。
全行程3時間もかからない、お手軽なトレッキングです。

実はこの3日後に、
唐松岳~五竜岳を縦走しようと思い立ったので、
急きょ、納古山でウォーミングアップした次第です。
中級の岩壁登りも、
唐松~五竜縦走路にある岩稜通過のイメトレのつもりでした。

…で、唐松~五竜縦走から帰ってきました。
実際の山行は、
納古山でのイメトレなど焼け石に水でしかないハードなものでした。
でも帰ってきたと言うことは、成し遂げたという事ですよ!

詳細は続く!


ちょい乗り揖斐川

2016年10月06日 14:56



10/4に、最近話題の、
揖斐川町にある天空の茶畑を見に行ってきました。

我が家から西濃方面に行くには、
岐阜・一宮の2大混雑地帯を抜けなければならないため、
面倒くさくて足が遠のくエリアなのですが、
稲沢~大垣を抜けていく道を教えてもらったので、
ルート開拓も兼ねてのちょい乗りです。

稲沢で早々に道を間違えて、結局混雑地帯を通るハメになりましたが、
全くR21を使わずに大垣へ行けたので新鮮な気分でした。
何度か走って道を覚えて、
もっとスムーズに西濃入りできるようになりたいです。





揖斐川町の山奥にある、天空の茶畑(上ヶ流茶園)に到着。
なるほど、マチュピチュ感が出てますね。
駐車場から展望場所までは、山道を徒歩で20分くらい登ります。
山道でちょうどテレビのロケをやっていました。





展望台から更に登る事20分、
岐阜市方面の展望が開けた場所にも行ってみました。
これは遠すぎて、池田山からの展望に負けるなぁ。





誰も来ない、静か過ぎる展望場所で、
岐阜市を見下しながら昼食タイム。

ちなみにこの展望場所だけなら、
茶畑の展望台から歩かなくても、
車やオフロードバイクなら林道で登ってこれそうです。
この林道が、紅葉時期になると綺麗な感じ。
今度はバイクで登ってみたいです。





もうちょっと奥地に足を延ばし、大平八滝という場所へ。
名前通り8つの滝があるらしいのですが、
全部を巡るには時間が足りません。
1つ目を見ただけで今回は終了。





このまま山道を進むと坂内に抜けられるようです。
ぼっち満喫周回コースとして楽しめそうですが、
今回は時間が無くて引き返しました。
3週間くらい経って紅葉が綺麗になったら再訪したいです。

この奥に、国見岳スキー場がありました。
こんな壮絶な山道、私の運転技術では絶対行けそうにない…。





今日の目的は、なんと言っても温泉です!
スキーシーズン以来の、念願の温泉です!
かすがモリモリ村という温泉施設で、薬草風呂を堪能しました。
平日の昼間だというのに、
大量のオバチャンがイモ洗い状態でビックリでした。

帰り道、やっぱり道がよく分からず木曽川付近をウロウロ、
稲沢付近の混雑にハマり、クラッチ疲れでヘロヘロ。

以上、170㎞ほどのちょい乗りでした。
そういや、前回乗ってから1ヶ月も経っていないのに、
またしてもバッテリーが弱っており、
出発時にエンジンがかからず、ジャンプで始動しました。
揖斐川の山奥でも、ちょっと写真を撮るために停止したら、
その後に突然エンジンがかからなくなり、
押しがけで始動しました。

いよいよバッテリーの寿命か… (;´Д`)


ちょい乗り板取

2016年09月13日 05:00



9月は予定が詰まっており、
ツーリングか登山に行けるのは第2週しかありません。
その第2週が1週間雨予報って…酷いなぁ (´;ω;`)

9/9
この先1週間雨予報という直前の、貴重な晴れ間の金曜日に、
やらなきゃならない事を放棄して、
バイクにまたがり逃避行しました。
バッテリーがあがっており、ジャンプさせて始動。
冬でもないのに1ヶ月バイクを放置しただけであがるなんて、
バッテリーがもう寿命かなぁ。

9月になってもまだまだ蒸し暑い愛知を脱出し、
板取方面へ涼みに行くぞ!





R256を走っていたら、なにやら人だかりが。
おぉ、最近話題のモネの池って、R256沿いだったのか!
せっかく通りがかったので、モネの池に寄っていきます。





平日なのに結構な人出です。
そして池はと言うと…うーん旬を過ぎてしまった感は否めません。
来年、ハスの綺麗な時期にリベンジ!





板取川は残念ながら増水していて綺麗ではありませんでした。
でも涼しくて、走っていて気持ち良い!





タラガトンネルを抜けてR156に出て、r323~r63へ。
去年あんなに通ったr63ですが、今年はまだ一度も走っていません。
道の駅平成のパンが食べたい!
温泉にも入りたい!
( ゚∀゚)o彡°おーんせん!おーんせん!




道の駅平成でパンを買い、
次に向かうは、道の駅日本昭和村。
昭和村の温泉に入ろうと思って来たのに、休館でズコー!!

昭和村の直売所で野菜や梨を買い、
サイドバッグをパンパンに膨らませて帰宅。
170㎞ほどのちょい乗りでしたが、
久々にバイクに乗れて、良い気分転換になりました。
アルティシアは、一度もエンストや息切れする事なく絶好調!

いつになったらキャンプツーリングや登山に行けるんだか…
(´・ω・`) おんせーん




最近の記事