不思議の国の冒険酒場 その1

2013年05月30日 15:19

blog13205.jpg


ただ今、「不思議の国の冒険酒場」に大ハマり中 (;´Д`)

ケータイで不思議の国の鍛冶屋にハマってたクセに、
酒場はプレイしたことがありませんでした。
酒場がアンドロイドアプリになっていたので、これを機に酒場にもハマるぜ!

ストーリーは、とある国の酒場の若い姉妹が、
悪徳大型飲食店の脅迫や嫌がらせに立ち向かいながら、
親の形見の小さな酒場を一流レストランへと成長させていきます。
ミスター味っ子なシーラちゃんの頑張りに (*´∀`*) ハァハァ

●システムは、フィールドで拾ったり、戦ったりして、食材を自ら集め、
揃えた食材でメニューを考案し、それをお店で提供して売り上げ、
その売上金で装備や食材を揃え、よりよい食材を求めて、さらに手強いフィールドへ。
食材集め→料理→売上げで1日経過で、そのローテをひたすらこなして、
お店のランクを上げていきます。
こういった作業ゲーシステムは、鍛冶屋と一緒。
毎日同じ事の繰り返しなので、作業ゲーが好きな人じゃないとキツいです。

●メニュー考案は、人と会話したり、本棚をあさったり、
お店でレシピを買うことで、あらかた入手できます。
ヒントである程度レシピが見えているので、
普段から料理する人だったらすぐに色々作成できますが、
男の人とか料理に疎い人にはちょっと難しいかも。
冒険酒場2のまとめWikiがあるので、どうしても分からない人はカンニングしちゃえ。
私はとりあえずWikiは見ず、行けるとこまで自力で頑張ります。

●レベルアップも鍛冶屋2と一緒のシステムで、
戦闘勝利による経験値でなく、料理を食べてレベルを上げます。
最初の頃はお金も食材も全然無くて、少ない料理をお店に出すのが精一杯で、
主人公達はつねに空腹状態で、ゲームの中とはいえ、虚しさMAX… (´;ω;`)

ゲームも後半になって、金にも食材にも不自由しなくなると、
食べ物が無くてひもじかった生活から一転、
店の売れ残りをひたすら食べて消費する、残飯処理生活になります (;´Д`)
今日も店の売れ残りのササミカツとBLTサンドかよ!
他のものも食わせろ!と、仲間内で暴動が起きそうです…。

●3人パーティー制で、主人公シーラ以外の2人は仲間の中から選べます。
といっても、メンバーチェンジが面倒なので、
ずーっとシーラ・フレッド・アルターで固定ですがね。
転職概念がなく、スキルも少なく、その辺は鍛冶屋より面白味はありません。

●フィールドでは、落ちている食材を採取してまわり、
出現する動物や魚介類を狩ったり、釣りをしたりして食材をゲットするという、
ファンシーなモンハンという感じ。
ただ、自動生成マップだった鍛冶屋と違い、
固定マップ(しかも範囲が狭い)なので、
散策する面白さも、鍛冶屋に及びません。

鍛冶屋2のほうが好きだけど、
酒場もぶっちぎりで面白いです。
怪しい課金ゲームじゃなく、落としきりなのもイイ。

現在レベル35、お店も最高ランクにまで成長しましたが、
ストーリーが中盤なのか、もう終盤なのかも分かりません。

さぁ、今日も店の売れ残りのササミカツを腹一杯食べて、
食材集めに出発よ! ヽ(・∀・ )ノ ゲップ


続く。


関連記事

アルティシア

2013年05月29日 05:22



これが新しいバイク、YAMAHAアルティシアです。
新しいって言っても、以前から所有していたものを4年ぶりに復活しただけです。

このブログでは、初期の頃に少し登場しただけなので、
あらためて紹介します。
91年製で、22歳のご老体です。

ライトカウル、ナックルガード、フォークチューブ、角型ウィンカーといった、
オフロードくさいパーツは全部外したので、
オフロードマシンに見えませんが、一応オフロード車です。

サイドバッグのおかげで、リアのETCボックスも巧く隠れ、
お尻にボリュームが出て、ハクがつきました。
バイクの尻を大きくしておけば、私のデカい尻が隠れるからね (;´∀`)
その点は、RFのリアのボリュームも私には都合が良かったですw





車検の時、エンジンが温まってもアイドリングが全然安定せず、
チョークを引いてアクセルをあおり気味でないとエンストしてしまう状態でした。

4年間、タンク内にガソリンが半分入った状態で冬眠させていたので、
ガソリンの劣化か、不純物の沈殿が原因だったのでしょう。
フレッシュなガソリンを混ぜて数キロ走ったら、
それ以来アイドリングが安定しました。

目線は高くなるわ、姿勢は楽だわ、ハンドリング軽いわで、
ママチャリにでも乗っているかのような軽快さです。
オフ車は楽だなぁ! ヽ(*´∀`)ノ





サイドシュラウドに貼ってあるシールは、
BACKOFFのフォレスター認定ステッカーです。
(誌面で紹介された林道の指定のポイントで写真撮影して編集部に送付し、8回以上送ると認定)
関東から関西まで頑張って参加し、たしかF7枚くらいまで集めたと思います。
「ここどこ」ってまだやってるのかな?と調べたら、
BACKOFFって休刊してるんだね…。





リアウィンカーは、後ろからの視認性は問題ないけど、
横からはサイドバッグで見えにくいようなので、対策せねば。

それよりも、左のサイドバッグがちょっと内に傾いていて、
左右がシンメトリーじゃないのが、
A型の本能的にむちゃくちゃ気に入らない (#゚Д゚)
これも改善が必要。

サイドバッグのせいでメットホルダーが激しく使いにくくなったので、
これも要対策。

右サイドバッグはマフラーに触れています。
マフラーガードのおかげで溶けはしないみたいですが、
バッグの中にマフラーの熱がこもります。





バンディットのライトを移植したライト周り。
メーターやライトの配線やコネクターがむき出しなのが気になってしょうがないです。
雨天走行では濡れたい放題です。

モーマンタイ気にするな、と夫は言うし、
実際、今までさんざん雨の中を走ってもトラブル無しなんだけど、
そのうちメーターバイザーでも付けてみようかと思っています。





実は、左Fフォークのシールがご臨終チーン。

車検前点検の時にすでに怪しいオイルスジが付いていたのですが、
拭き取って、見なかったことにして車検を通しました (;´∀`)

林道を走ったせいか、漏れが少し悪化しました。
まぁ、ただちに影響はないレベルなので、
そっと滲みを拭き取って、当分見なかったフリをし続けます。
さて、これ以上悪化する前に、FフォークOH代でも捻出しようかね (;・∀・)


関連記事

ちょい乗り東白川

2013年05月28日 09:51

よくもまぁ、毎週毎週、週末に用事があるもんだ…。
町内会、子ども会、学校が、次々と行事を差し込んでくるんだもの。
学校も、小学校と中学校で別々に行事があって面倒くさー ('A`)

ここんとこずっと、廃品回収、側溝清掃、ゴミゼロ運動、神社の草取り…てな具合で、
毎週掃除ばっかりじゃん!
小分けにせず1日にまとめろよ! ヽ(`Д´#)ノ

…なんて文句言っててもしょうがなく、
6月末まで毎週末、びっしり入っている予定を、淡々とこなすのみです。
バイクもちょい乗りくらいしか出来ません。





とりあえずアルティシアの車検を通したものの、
実走して不調が無いか確認するため、
東白川の方までちょい乗りしてきました。

↑写真は、前にも記事にした水戸野のしだれ桜です。





慣らし(ライダーの)運転のはずが、いきなり林道走行。

ETC収納ボックス内にクッション材を詰め込むのを忘れてて、
ボックス内でETC本体がガンガン暴れまくり。
今度、壊れてないかETCのチェックもしなきゃ…。





続いて、付知峡に寄り道。
少し歩かなければなりませんが、滝と新緑が綺麗でした。

下呂温泉を目指してたつもりが、
東白川から付知峡に行って散策しているうちに時間が足りなくなって、
温泉に入れず、R41で帰ってきました。

足は相変わらずヒザ靭帯が痛くて、サポーター装着。
実家の田植え以来、腰痛が治らなくて、コルセット装着。
仕事が忙しくなってきてテニス肘が痛くなってきたので、テニス肘バンド装着。
…もう私の関節はボロボロで、サポーターフル装備の毎日です (´;ω;`)

このガタガタな関節を癒すために、
またあらためて、どこか湯治に行こうと思います。


次の記事では、新しい相棒アルティシアの紹介をしたいと思います。

続く。


関連記事

ヘルメット新調

2013年05月19日 06:31

陸運支局へ行ってアルティシアの車検を通して、
ナンバーをゲットしてきました。

乗るのが4年ぶりだってのに、いきなりダイナモの上 (;´Д`)
RFの両足べったりの足着きに慣れちゃったので、
アルティシアの足着きの悪さにビビリまくり。
完全に片足のつま先バレリーナ状態です。
検査機のフットスイッチに足が届かなくて、よろけて焦ったわ。

ナンバーとったんで、もうツーリングに行けるんだけど、
任意保険の契約手続きが終わらないと乗れません。

5月いっぱいまで週末の予定がギッシリなので、
どうせツーリングに行けないんですがね (´;ω;`)

6月も予定だらけなんだけど、
合間をぬってキャンプツーリングに行ってやる!
だからその日は雨降るなよ~!



   Arai CT-Z を楽天で検索


SHOEIのシンクロテックを10年くらいかぶり続けて、
もう外装も内装もボロボロになったので、
これを機に、AraiのCT-Zに買い換えました。
ジェットとオフロードをチャンポンにしたようなスタイルに一目惚れです。

システムメットが便利だったので、次もシステムメットにしようと思っていたのですが、
シンクロテックの後継のネオテックが、あまり好きになれないシルエットなので止めました。





20年バイクに乗ってて、SHOEIばかり5つほどかぶり続けてきましたが、
ここで初めてのAraiです。
そして、初めてのジェットヘルです。
↑シールドをあげた姿とかテラカッコいい! (*´∀`*)

チンがないと事故った時に怖いし、冬に寒いので、
今までジェットヘルメットをかぶったことが無かったのですが、
チンオープンのシンクロテックの開放感と便利さに慣れてしまい、
もうチンが固定のヘルメットに戻れません。

CT-Zは口の近くまでチークパッドがあって、
かぶるとピノコのアッチョンブリケ状態になり、意外と閉塞感があります。
まだかぶって走行してないから分かりませんが、
バイザーに走行風が当たって、首が疲れるだろうなぁ。




15年くらい前にかぶっていたオフロードメットがまだ残っているので、
次はコレをかぶろうと思っていました。
90年代のスーパークロスのライダー、デイモン・ブラッドショーのレプリカモデルです。

でも、当時のメットは内装を外して洗えません。
チークパッドに化粧品とか日焼け止めがガッツリ付いちゃうから、
女性にとって、内装を外して気軽に洗えないのは面倒です。




どちらにせよ、40にもなるオバチャンが、
いまさら後頭部にこんなガイコツ付けて走るのもどうかと… (;´Д`)痛すぎる

でも、当時はD.ブラッドショーとトロイリーが好きだったんだよう… (´;ω;`)
今までインテリアとして寝室に飾っていましたが、引き続き飾っておきます…。


関連記事

明治探険隊~時を超えたトリック第一章 その2

2013年05月16日 15:46

明治村出撃2回目です。

見当を付けておいたトリック3の残りのヒントを集め、最終キーワード地へ直行して、
トリック3をクリア。
トリック2もトリック3も、今年は簡単だったぞ!
奇術小僧なぞ、恐るるに足らず!

さっそく先日発表されたばかりのトリック4を入手します。
どれどれ…

…。

… _| ̄|○ il||li

問題が抽象的過ぎて、なに言ってんのかワケわからん。
1問だけ見当が当たって、ヒントをゲットできたけど、
残り3問は、見当が外れてヒントゲット出来ず。

問題を深く考察する気にもならず、早々に諦めて帰ってきました。
残り3問は、脳内の小人さん達を総動員して、家でゆっくり考えてみます。

ついでに住民登録の更新もしてきました。
これで、来年の探険隊参戦も決定ですよ… (;´∀`)
住民証の写真が、毎年毎年、汗で化粧が崩れかけたテカテカ顔なのが泣ける…。

トリック4が発表されたばかりで、平日なのに探険家の多いこと多いこと。
次回は、客の少なそうな梅雨どきのドシャ降り日を狙って行こうと思います。





昼食を摂ろうと明治村食堂へ行ったら、閉鎖されていました。
今年は営業しないの??

仕方がないので、初めて麺処なごや庵に行きました。
昼時で混んでて、たません1つ買うのにかなり待たされたわ…。

たませんって美味しいんだけど、
どうしても具とせんべいが別れちゃって食べにくいです。
巧い食べ方ってあるのかしら??







今回の明治村スナップ。
…なにもネタが無いので、スマホアプリで遊んでみました。
撮った時はイイ感じ!と思ったのに、見返してみたらイミフな写真でした…。

明治村では、もうセミがミンミン鳴いていました。
今日は風が心地よくて涼しかったですが、
また、蒸し暑い中をバテバテで歩き回る季節となりました ι(´Д`υ)


続く。


関連記事

聖☆おにいさん コミくじ

2013年05月14日 10:38

聖☆おにいさんが映画館に絶賛降臨中!

…なのに、なのに、ウチの近場で上映してる映画館が無いぃぃぃ! ヽ(`Д´#)ノ

悔しいので、聖☆おにいさんのコミくじにお布施を投入。
でも、あんまり欲しい景品ないなぁ。
狙いは5等のクリアファイルかな。

2枚引いたら、5等を華麗にスルーして、4等と6等でした。

私の中のマーラが、納得いかん!と大暴れして、もう4枚追加!
あぁ、イエスばりの無駄使いにブッダの仏顔の残機が減ってゆく (;´Д`)

4枚引いたら、またしても5等を華麗にスルーして、
2等、4等、6等2枚という結果 _| ̄|○ il||li

ラスト賞のレジャーシートが魅力的なんで、
クジの残りが少なくなったら、クジを買い占めてゲットしてやろうかと狙っています。
でもまだ箱の中にクジがいっぱい残ってた、と言うか、
このクジ私しか引いてないんじゃね? (;´Д`)

tvブロスも聖☆おにいさんの特集でした。
公式ブックも2冊発売されました。
大暴れするマーラを押さえ込み、買い控えの苦行中です。





関連記事

ETC移植

2013年05月06日 16:23

GW後半は、私は実家で田植えでした。
今年も田んぼに、苗をたっぷり増毛してやりました (`・∀・´)

RFに代わって次に乗るバイク・アルティシアは、まだナンバー無し。
GWが明けても、未だに手付かず状態です。
せめてエンジンかけてオイルを回しとこうか。

RFからアルティシアにバッテリーを乗せ替えて、セルを回します。
キャブのガソリンも抜かず4年ほったらかしだったにも関わらず、
一発でエンジンがかかり絶好調!
RFと違って、アルティシアはなんて素直なイイ子なんだ ( ;∀;)





RFに付けていたETCは、
06年頃、二輪ETCの社会実験のモニターをやっていた時にいただいたモニター機です。

モニター期間中は、1ヶ月に1度高速に乗り、
ちゃんとゲートが通過できたかを報告する義務をこなし、
一定期間の報告の勤めを終えたら、モニターETCが無償でもらえました。





本体はタンデムシート下の小物入れの中に設置し、
アンテナとインジケーターはハンドルに接続していました。

あんまり使いものにならないRFの小物入れでしたが、
ETC車載スペースとしては役に立ちました。

荷物満載状態でもタンデムシートを外さずにETCカードを出し入れできるよう、
小物入れのトレーを切り取って、
シート下からアクセスできるようにしていました。





もう乗らないRFから、このETC一式を取り外し、
アルティシアに移植します。

アルティシアのタンクを外して、ETCの配線を取り回します。





アンテナとインジケーターを載せたステーは、ミラーに取り付け。

モニター機のアンテナは、こんなにデカいです。
このアンテナを見た人によく、これレーダー?と聞かれます。





本体は、リアシートへ取り回し。
本体も、ご覧の通りデカいです。

アルティシアには小物入れが無いので、
この本体の取り付けスペースが全くありません。
以前は、夫の自作ボックスの中に収納して使っていました。
今回も、収納ボックスをそのまま再利用することにします。





キャンプ道具を載せても安定するよう、フラットで丈夫なキャリアを兼ねて、
荷物を降ろさずにカードの出し入れができ、
車体カラーに合わせた青い箱が欲しいという、
私のムチャぶりリクエストにより、
当時夫が合板の廃材で作ってくれたETC収納ボックスです。

青いメラミンで化粧し、荷物の滑り止めに、取っ手を2つ付けてくれました。
なんとなくビジネスバイク風…。





カギ付き扉で、蝶番で開閉できます。





扉の内側には防水用の内ブタ付き。
実はただのワーロン紙です… (;´Д`)

本体は中で固定されておらず、
カード挿入時は、ストラップで本体を引きずり出す仕様です。
ダートを走りたい時は、本体がガタガタしないよう、
クッション材として軍手などをかませます。





これから集金にでも行くの?的な外観ですが、
この上にキャンプ道具満載のリアバッグを乗せちゃえば目立ちません。

ETCは、実はこれで3回目の乗せ替えです。
本当は、移植の度にバイク屋さんに行って、
本体の登録データの再セットアップをしなければならないのですが、
「当店で取り付けしたETCのみセットアップします、
セットアップだけの対応はしません。」というお店ばかりなので、
初期登録データのまま乗り続けています。
ちゃんと正規料金払ってるんだから、細かいことはいいんだよ (`・ω・´)





そういや、サイドバッグは付くんだろうか?と仮載せしてみたら、
ETCボックスが良い位置までサイドバッグを持ち上げてくれて、
あつらえた様にピッタリでした。

お尻にボリュームが出て、かっくいー! (゚∀゚)


関連記事

捕ったら食わねば

2013年05月03日 07:02

前記事の潮干狩りでゲットした食材を、料理しました。





まずは、スズキの子供、セイゴ。
夫が8時間くらいかけて釣りをして、これ1匹…。
コスト高ぇー!

でも、釣り人に向かって、
「魚なんてスーパーで買ったほうが安いんじゃね?」と言うのは、
好きでキャンプしている人に、
「宿に泊まったほうが楽じゃね?」と言うくらいの愚問なので、
どんな釣果でも、ありがたくいただきます。

そういや、私も早朝に一緒に釣りをしていた時、
仕掛けの動きが止まったのでやり直そうと、一旦糸を巻こうとしたら、
重くて全然リールが巻けなかったので、
地球を釣っちゃったみたいだから外して、と夫に竿を渡したら、
これ地球じゃない、なんかデカい魚がかかってる、と、私の代わりに格闘モードに突入。
魚の大きさに対して仕掛けが弱すぎてなかなか上げられず、
結局バレて逃がしちゃいましたが、幻の大物でした。

こんな引きの強い魚がヒットしたことにも気付かないとか、
どんだけ才能ないんだよ私… (´;ω;`)
私なんざ、豆アジやサヨリを相手にするのが関の山ですよどうせ…。

まぁ、それは置いといて、
セイゴは夫が釣ってすぐ血抜きしてくれたので、半身はそのまま刺身に。
もちろん、さばくのは夫の仕事です。
残り半身はムニエル、あとは、皮は湯引き、アラはアラ汁にして、
骨までしゃぶりつくしました。
ごちそう様! (*´∀`*)





さて、問題のマテ貝とアケミ貝です…。
去年も書きましたが、私はアサリとシジミ以外の貝が食べられません。
でも、捕ったからには少しは責任持って食べないと…。

まずは、マテ貝。

↑見てのとおり、グロいです…。
そして、モザイクかけなきゃいけないんじゃないか?と焦る形です…。
これがウネウネと動きまくるんで、もう巨大なミミズにしか見えません…。
捕まえるのは面白いのですが、食べるとなると、とたんに罰ゲーム…。

砂抜きしたマテ貝を、半分はバターソテーに、もう半分は酒蒸しに。
火が通って、パカッと殻が開いた姿はもう、
グロ過ぎて写真掲載不可レベルです (;´Д`)

バターソテーのほうを1つだけ、恐る恐る食べてみました。
…濃厚なアサリって感じで、マズくはないんだけど、
これ以上食うなと脳が全力で拒否反応を示します。

子供達も見た目に負けて、マテ貝にほとんど手をつけませんでした。
夫だけ、ウマイ!ウマイ!と大喜びで、マテ貝を全部平らげてくれました。

干潟であんなにたくさんの人が、塩を片手にマテ貝を血眼になって探してるんだから、
世間一般的には、美味しい食べ物なのだと思います…。

そして、もう1つの難題、アケミちゃん。
夫がチヌ釣りのエサ用に少しだけ冷凍確保し、残りは殻を剥いて身を洗います。
やっぱりクッサイなぁ…。
アケミちゃんがチヌに化けるほうが嬉しいので、
全部釣りエサに持ってってくれりゃいいのに (´ε`;)

今回は、アケミ貝の炊き込みご飯にしてみます。
どうしても黒い内臓部分が嫌なので、今回も全部綺麗にそぎ落とします。
ショウガと醤油で下味をつけた後に、ご飯と炊き込みました。

アケミちゃんも、勇気を持って食べました。
あれ?大味なアサリご飯みたいで美味しいぞ?
美味しいんだけど、身がカキみたいにクリーミーなのが嫌…。

今回アケミちゃんは意外と美味しくいただきましたが、
下処理の手間と臭さによる精神的ダメージを考えると、割に合いません。

私は貝嫌いなので、こんな文句ばかりの感想ですが、
マテ貝にもアケミ貝にも罪はありません。
貝が好きな人には、労力に見合ったご馳走だと思います。

マテ貝は稚貝がかわいそうだし、アケミちゃんはクサイから、
来年はもう潮干狩りに行かない!と言ったら、
1年に1度マテ貝やアケミを食べるのが楽しみなんだよう… (´;ω;`)ウッウッ
と、夫がしょぼくれました。

しょうがない、
来年も愛しの夫のために、妖怪塩かけババァと化すとしますか J( 'ー`)し…フッ


関連記事


最近の記事