ごはんクッカープラスの小鍋で炊飯

2013年08月29日 09:53

以前記事にした、ごはんクッカープラスの続きです。

ごはんクッカープラスの小鍋にフタが欲しいと書きました。
小鍋は普通の14cmなので、市販の14cmのフタを用意すればいいだけですが、
小鍋で「吹きこぼれないように」炊飯するには、
14cmよりちょっと小さなフタが欲しいところです。
しかし、そんな特殊なフタは売っていません。





しかし、我が家には木工のプロがいるではありませんか。

夫に、小鍋のフチより沈み込む絶妙な大きさのフタが欲しいとお願いしたら、
旋盤を即席で自作し、ものの10分ほどでフタを2枚作ってくれました。
しかも、高級木曽ヒノキの端材で!

プロすぎる!ありがとう! ヽ(*´∀`)ノ





小鍋のフタ釜飯タイプ2枚!

なぜ2枚かというと、
薄いヒノキ板なので、熱や水分や乾燥で変形するだろうからと、
とりあえずジャストサイスを1枚、
縮んだ場合を想定して、2mmほど大きなサイズを予備で作ってくれたのです。





小鍋の内側のわずかな段差にひっかかるように、
フタの縁には45°の角度を付けています。





もうひとつ吹きこぼれ対策として、
ユニフレームのバーナーパッドも導入。

メッシュが細かいので、
炊飯時に吹きこぼれてもバーナー直撃を免れます。





ということで、小鍋と木蓋で炊飯してみました。
横川の釜飯風景キタコレw

しかし誤算が。
木蓋が軽すぎて、沸騰の泡にフタが押し上げられてしまい、
吹きこぼれてしまいます。





急きょ、付属のフタを木蓋の上に乗せ、重石にします。
少し吹きこぼれるものの、すかさずバーナーパッドがキャッチ。

結果、木蓋と既存のフタとバーナーパッドの連携プレイで、
小鍋でもなんとかふっくらご飯が炊けました。
バーナーへの被害もありません。

炊きあがったご飯は、ヒノキの香りがプンプンし、
旅館のおひつのご飯のようです。
先日の四国九州ツーリングで、小鍋炊飯しまくりました。

問題は、ヒノキなのでカビ易いことです。
炊飯後、木蓋を洗って干しておいたのですが、
翌朝には、もうカビが少し生えてしまいました…
それ以降、使ってすぐ洗い、
バーナーで木蓋を炙って強制乾燥させるようになりました。

結論から言うと、ごはんクッカーで炊いても、小鍋で炊いても、
1合は1合、完食するのが大変という状況に変わりはありません (;´∀`)

ごはんクッカーで炊飯するほうが圧倒的に楽だから、
炊飯に木蓋はそのうち使わなくなるかもしれませんが、
木蓋の裏はまな板にもなるので、引き続き持ち歩きます。
夫が作ってくれた愛情アイテムと一緒に旅をするもんね (*´σー`)エヘヘ


関連記事

アルティシアのオイル漏れ

2013年08月26日 10:39

九州から夜中の中国道を走り通し、
虫まみれになりながら帰宅したもの、未だにバイクを洗車せず。
私が四国九州に向けて出発した時にゲリラ豪雨に降られて以来、
我が家の地域では20日間、一粒たりとも降雨がありません。
いつも洗車には雨水を使うのですが、
雨不足で雨水タンクがとうにスッカラカンです。

私…雨が降ったら洗車するんだ…
と、洗車を引き伸ばすこと2週間。
ついに待望の雨降臨! ヽ(゚∀゚)ノ





溜まった雨水で、虫まみれ&オイルまみれのバイクを一気に洗車しました。
先日見つけたオイル漏れですが、
オイル汚れはエキパイより下のエンジン周りのみで、
疑ったヘッドガスケットからは一切漏れていません。

漏れ個所を特定しようと、洗車後にアクセルを吹かして高負荷をかけるものの、
マフラーから白煙が上がるばかりで、どこからも一向にオイルがにじんできません。

強いて言えば、オイルフィルターカバーの下ネジからちょろっとオイルが垂れてきただけ。
これはオイルフィルター交換ついでにOリングを換えれば直るでしょう。
…はて、そういやフィルター交換したのいつだっけ??
もう8年くらい換えてないんじゃないか?? (;´Д`)
なんにせよ、ここからの漏れはメインではありません。
ならば、どこから??

たぶん、オイルホースからの漏れが走行風で飛び散ってるんじゃないか、と思っていますが、
今のところ、オイルホースにもオイルがにじんでいません。
これは実際に走りながら確認しないと分からないなぁ。

この前のツーリングで分かったのは、
長距離高速走行をするとオイル量が一気に減るものの、
下道を走ってる分にはとりあえず問題なしです。
でも昔に比べたら明らかにパワーは落ちており、
加速の悪さと上り坂の登らなさは痛感しています。
私の体重が増えたというのもエンジン負担の原因ですがね (´;ω;`)ゴメンネ

1泊2日程度なら、気にする症状ではなさそうです。
長距離ツーリングも、予備オイルとパーツクリーナー持参でしのげます。
もし万が一、出先で不動になっても、保険のロードサービスがあります。
まぁ高速1000km走っても大丈夫だったんだから…

結論…「ただちに影響はない!放っておこう!」 ( ゚Д゚)ノ

他のオーナーはどうしてるんだろ、と検索してみたら、
(アルティシアでは情報が少なそうなので、エンジンベースのSRXで)
SRXオーナーのブログは、みんなエンジンをバラせるような人ばかりでレベル高し。
というか、もはや整備できる人しか手を出さないエンスーバイク扱い。
2chのSRXスレも見てみたけど、トラブルとメンテとパーツ入手の話ばかりで、
老人の病気自慢みたいな雰囲気でワロタw

ちなみにどのサイトもスレも、専門用語が多すぎて全く意味が分からず、
素人の私にはなんの参考にもなりませんでした \(^o^)/


関連記事

盆休みの受難

2013年08月17日 16:57



14日、岐阜の実家に行き、
大量に実っていたブルーベリーを狩まくりました。

どこを見てもブルーベリーだらけ、
摘んで食べまくり、カゴに入れまくり、
摘んでも摘んでもなくならない、酒池肉林状態! (*゚∀゚)=3





ブルーベリーをカゴいっぱいもらってきました。
半分は生食にし、残り半分はジャムにしました。
ジャムが2kgも出来たので、当分ジャムに困りません (;´∀`)





実家からの帰りに、
東白川でデイキャンプをしていた義妹家族や義父母と合流して川遊び。
鮎を釣りながら孫と遊ぶお義父さん。





流れが速くて鮎釣り客が多い本流とセパレートするように、
流れが引き込まれた安全な水溜りが設けられています。





お子ちゃま向けの水溜りで、全力で暴れて遊ぶイタイ家族。
地元の人達がドン引きしてました (;´Д`)

ソロキャンではいつもうるさいファミキャンに我慢してるんだから、
こんな時くらいは私も遠慮なく騒ぎたいよ。





どんなに暴れても濁らない、綺麗な水溜りです。
水中メガネでのぞくと、水中にはアジメドジョウやヨシノボリがウヨウヨしています。
私の子供の頃は、よくアジメを獲ってから揚げにしてもらいました。

いつの間にか絶滅危惧種になったアジメですが、
そんなのウソだと言いたくなるくらい、ここでは水中にたむろっています。
か…から揚げにして食べたいなぁ…。





この日はちょうど東白川の夏祭りでした。
夫や子供達は、毎年この祭りに参加しています。
なんでも盆踊りがファンキーで、それを観るのが面白いんだそうです。

昔ながらの定番の盆踊りを一切排除し、
ダンシングヒーロー、恋のダンスサイト、一休さんをハイテンションで踊る地元の人達。
なんかいろいろスゴイ…。
盆踊りの域を超えちゃってる… (;´∀`)

踊りを覚えて輪に入ろうとしたのですが、
覚えている間に踊りが終わっちゃいました (´;ω;`)



 

祭りのクライマックスは、打ち上げ花火。
なかなか綺麗でした。

私は東白川の夏祭りに初めて参加したのですが、
夫や子供達が毎年参加してるのが分かる気がしました。
地元の人達の盛り上げっぷりが楽しかったです (*´∀`*)





せっかく楽しい一日だったのに、
駐車していたキャラバンが当て逃げされました。
助手席ドアにぶつかって、思いっきりヘコんでいます。
この重いキャラバンが、もうちょっとで隣の車にぶつかるくらいハジかれていました。
おいおい、どんな勢いでぶつかったんだよ… (;´Д`)
それにキャラバンの横はむちゃくちゃスペース空いてたのに、
どんなヘタクソな運転をしたらぶつかるんだよ… (;´Д`)

写真じゃキズは大した事ないように見えますが、
ウィンドウも開けられないほどにサイドが潰され、
タイヤハウスもかなり内にめり込んでいます。
車検通らなかったらどうしてくれるんだ! (# ゚Д゚) ムッカー

この前当て逃げされて直したばかりなのに、まーた当て逃げです。
本当に不運な車としか言いようがありません。
お巡りさんを呼んで被害届を出しましたが、
どうせ犯人は自首しないだろうなぁ。

とりあえず、
犯人はこの先不幸な人生を送る呪いをかけてやりました。
呪い殺されたくなければ、可児警察に出頭するように。
そして目撃者の方、どうぞ可児警察に善意のご一報を (´;ω;`)

白い車の犯人、おぼえてろよ! ヽ(`Д´#)ノ


関連記事

四国九州ツーリング

2013年08月12日 21:52

1週間かけて、四国と九州をツーリングしてきました。
四国メインで、オマケに九州&山口の予定でしたが、
結局九州がメインで、四国はオマケ、山口はスルーになってしまいました (;´Д`)





初日、
名神でいきなりゲリラ豪雨に遭い、出発1時間でまさかのズブ濡れ… (´;ω;`)
ここで萎えてツーリングを中止したかったのですが、
フェリーの予約を入れていたので、強引にツーリング続行。

神戸からフェリーに乗って高松へ。
2日目も断続的に雨に降られ、テンションだだ下がりで高知へ (´・ω・`)





3日目から晴れ、やっと私のターンです。
高知から祖谷渓経由で四国カルストへ。





四国カルストから佐田岬へ行き、そこからフェリーで大分に上陸。





4日目は、念願の高千穂峡。





5日目、旧曽木発電所の遺構。
これ見に来るのこれで3回目… (;´∀`)





超涼しかった、えびの高原。





6日目、阿蘇ミルクロード。





青い清流が美しい、菊池渓谷。





熊本からフェリーで島原に渡り、雲仙で温泉&キャンプ。





7日目、再びフェリーで熊本に戻り、
万田坑の遺構見学。





筑後川に架かる昇開橋。

佐賀から九州道~中国道~名神と、仮眠をとりつつ帰りました。





ホテル泊2日、
キャンプ泊3日、
あとは、高速泊とフェリー泊という内容でした。





山奥ぼっちキャンプは怖かったです (´;ω;`)
でも、綺麗な星空を独り占めでした。

その他にも色んな場所を巡ったり、
あれこれと色々あったツーリングでしたが、
とりあえずダイジェストでした。

詳しいツーレポは、そのうちHPのほうにupします (´・∀・)
http://beeno.fc2web.com/


関連記事

アルティシア不安材料

2013年08月11日 23:25

先日の八ヶ岳ツーリングで立ちゴケしました。
荷物を全部外してもバイクが重くて、一人でバイクを起こせなかったので、
近くにいた方にお願いして、起こすのを手伝っていただきました。

立ちゴケしたことは恥ずかしいとは思いませんが、
倒したアルティシアを自力で起こせなかったことが、
情けなくてとても恥ずかしかったです。

といってもアルティシアは、
サスが長く重心が高いので、起こすのが大変です。
ちなみにRFはアルティシアより重いのですが、
重心が低いので一人でもすんなり起こせました。

アルティシアを倒したのはこれで3回目ですが、
その3回とも自力で起こせず、通りすがりの人に助けてもらっています。
その度に、自分の無力さにヘコみまくりです。





一人で起こせないようなバイクに乗るのは、私の信条に反します。
夫の監修の下、アルティシアの引き起こしの練習をします。
が、…全然起こせず、結局、夫に起こしてもらいました (´;ω;`)

ビッグオフ車の引き起こしは、力任せでなく、なにかコツがあるはずです。
色々起こし方を考えて、翌日、また練習してみます。
これで起こせなかったら、アルティシアを諦めることも検討しなければなりません…。

まず腕の力で少し車体を起こしたら、すかさず体を車体下ににもぐりこませ、
足と肩の力で、重量挙げのように押し上げたら、
なんとか一人でアルティシアを起こすことが出来ました。

良かった良かった、
これで心置きなくアルティシアと共にツーリングに行けます。
ただやっぱり、引き起こしは劇的に体力を使うので、
立ちゴケしないように全力で努力するしかありません。

八ヶ岳での立ちゴケは、
緩い坂になっている箇所にニュートラルで駐車していたので、
跨った際に勝手にバイクが動き出し、支えきれなくなったのが原因です。
それ以来怖くて、ギアを入れたまま駐車するようになりました。
それが本来当たり前なのかもしれませんがね。





引き起こしの練習中、
左シュラウドのネジ止め部分を割ってしまいました (´;ω;`)
シュラウドが固定できず、カパカパになってしまったので、
急遽、養生テープで仮固定。





ツーリング先でもスマホが充電できるよう、
シガソケも付けてもらいました。
バッテリーからリアにソケットを取り回して、
サイドバッグの中で充電できるようにしてもらいました。

シガソケを付けようとしたら、
ETCのマイナス線が端子の根元から断線してしまいまいた。
急遽、シガソケのマイナス端子に、ETC線をむりやり圧着してもらいました (;´Д`)

ETCとシガソケの配線で、左サイドカウル内がキツキツになってしまい、
サイドカウルをむやみに外せなくなりました。





ふと見たら、エンジン下がずいぶんとオイルで汚れています。
ただガスケットが逝っただけならいいのですが…。

オイル残量を調べたら、
5月の車検の時にはフルだったオイル量が、
3ヶ月のうちに、オイルゲージのエンプティ以下まで無くなっていました (゚д゚lll)
慌ててオイルを足したら、1リットル丸飲みしました。

どうやらオイル上がりも進行しているようです…。
アルティシア、まさかの2スト化です /(^o^)\ナンテコッタイ




エンジン部のガスケットが一斉にダメになり始め、
色々な箇所からオイルが滲んでいます。

こんな状況でロングツーリングに出ていいのか?
高速でエンジンを回していいのか?? ((((;゚Д゚))))

夫いわく、オイル残量に気をつけ、エンジンに高負荷をかけ続けなければOKということで、
シュラウド割れだの断線だのオイル漏れだのの不安をかかえながらも、
1週間のロングツーリングに出発…したのが、先週の日曜日。

で、本日、ロングツーリングから無事帰ってきました (゚∀゚)ノ
その模様は次の記事にて。


関連記事

E550復活

2013年08月02日 08:12



サブカメラを買おうかどうか悩んでいましたが、
以前のメインカメラだった、FUJIのE550をサブカメラにすることにしました。
α330を入手して以来、出番が無く、眠っていたものです。

E550は、2004年に購入。
今のFUJIのXシリーズのような、
当時のFUJIが高級感・高スペックを追求してリリースしたモデルです。

もう9年も前のカメラですが、当時のハイエンドモデルだったので、
1/1.7型のセンサーを搭載しており、画質は今でも、そこらのコンデジ以上です。
マニュアル操作の自由度も広く、
このカメラで、マニュアル撮影をする楽しさを覚え、一眼にステップアップしました。




たしかに画質はまだまだイケますが、
残念ながら最大6Mピクセル、最大ISO800、ズームは光学4倍までと、
それ以外の仕様が時代遅れも甚だしいです。

今までなぜE550をサブカメラとして使わなかったのかと言うと、
コンデジと呼ぶのもおこがましいほど重いからです。
首からぶら下げていると首がこります。
そこらのマイクロ一眼なみに重くてデカいです。
スキーの時は本当に邪魔です。

もうひとつ難点なのは、単三乾電池駆動なこと。
しかも、アルカリ電池では全く動かず、
最低2000mAh以上のハイパワーなニッケル水素電池でないと、まともに起動しません。

メインとしてガンガン使ってるうちはいいのですが、
サブカメラに格下げすると、使用頻度も減ります。
使わないと、すぐにニッケル水素電池がダメになってしまい、
電池を買い換えるコストがバカになりません。

ただ今回、初めてエネループプロを導入してみたので、
少しはメモリー効果が改善されるかもしれません。

重いし電池の持ちが悪いしで、サブカメラとしてはちょっとかさばりますが、
これ以上押入れの中で眠らせていてもしょうがないので、
これを機に使い倒し、天命を全うさせることにします。




E550用のテレコンとワイコン、アダプター、PLフィルターが、
押入れの奥深くから発掘されました。
E550本体だけでも55000円もした高級コンデジですが、
このアクセサリー類でさらに20000円くらいかかってます。

買ったわりには、これらのアクセサリーは全く使っておらず、
こんなモノを買ったことすら忘れていました。




光学4倍をさらに1.94倍にしてくれるテレコンレンズ。
252mm相当になります。

…自分で被写体に近づいたほうが早いな (;´Д`)




広角32mm相当がさらに0.76倍で24mm相当にしてくれるワイコンレンズ。

…自分が被写体から離れたほうが早いな (;´Д`)

やっぱり、時代遅れなのは否めません。
いちいちこれらのアクセサリーをはめたり取ったりするのが面倒です。
なるほど、買ったものの使わず、存在を忘れてたのも納得です。

ということで、せっかく押入れ深くからサルベージしたものの、
また奥深くに隠し、見なかったことにします (;´∀`)


E550はとにかくタフです。
何度落としても壊れず、何度雨に濡らしても壊れず、
極寒のスキー場で使っても、転んで押しつぶしても壊れず。
ここまで頑丈だと、むしろ何が原因で壊れるのか興味がわきます。

E550以降、安いコンデジを3台買いましたが、
どれもすぐに壊れ、使い物になりません。
さすがにもう、チャイナクオリティなコンデジにはウンザリです

E550みたいなデキるカメラを使うと、次も日本製を買おうと強く思います。


関連記事


最近の記事