最後の運動会

2013年09月29日 12:41

6年生の次男の運動会がありました。
幼稚園から十数年見続けてきた子供達の運動会も、これで最後となりました。
(中学校の運動会は、運動会というよりただの記録会で、
平日に行われ給食も出るので、観覧する父兄も殆どいません。)





毎年選抜リレーの選手に選ばれるほど足が速い次男。
万年ビリだった運動オンチの私が俊足を産むとか、どんな突然変異だよ ((((;゚Д゚))))

でも、乱暴でお調子者で、
しょっちゅうトラブルを起こす二代目あばれはっちゃくな性格は、
悲しいかな、紛れもなく私の遺伝です。
かーちゃん情けなくて涙が出てくらぁ (´;ω;`)
でも自分も子供の頃、悪ガキで親に迷惑をかけたから、
その因果応報で、今度は私が子供を見守る番です。

学校に呼び出されて先生に怒られたり、
迷惑をかけた近所に謝りに行ったりと、胃のキリキリ痛む6年間でしたが、
根は真面目で優しいことは、親が一番知っている。
君の成長にはかーちゃんもとーちゃんも感動&感謝しているんだよ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。





ロックソーランを踊る次男の姿を見て、涙が止まりませんでした。
本当に大きくなったなぁ ( ;∀;)

赤毛のアンで、
問題児だったアンが成長し、
代表として壇上に立ちスピーチするアンの雄姿を見て感慨に浸るマリラとマシュー、
まさに私も今、あの親バカな心境ですよ。


関連記事

幼稚園バスでキャンピングカーを作る その38

2013年09月27日 15:28



壊れたバックモニターですが、早くも新しいモニターを買って取付けてありました。

前回謎だった12Vが出力されない件ですが、
壊れたモニターのチューナーのケースからグランドを取っていた事を忘れていて、
そのチューナーを外したことによって通電しなかっただけだったそうです。

ということで、12Vアクセサリー回線は簡単に復活しました (;´∀`)





そんな12Vを使って、またひとつアクセサリーが増えました。
テープLEDを使ったLED照明です。

運転席からベッドの手前にかけて、
右側のダクト沿いに貼ってあります。





LEDのスイッチ&調光器は、ギャレー上の左ダクト内に納まります。
ファスナー袋で絶縁するテキトーぶり (;´Д`)





ON-OFFは、奥の黒いロッカースイッチで、
手前のボリュームで無段回に調光できます。
ツマミは、まぁそのうちに。





こんな感じで、ただテープLEDを貼っただけです。
防水性の無い安いテープなので、
湯気の当たる右のギャレー側には取り付けませんでした。

これは明るさを絞り目にした状態。
もっと暗くでき、夜間照明にもなりますが、
意外と電力を食うので、オールナイトでつけっ放しには出来ないようです。





明るさを上げると、かなり眩しいです。
ステンのポールに反射して、ちょっとした目くらまし攻撃です。

しかもギャレーに立つと逆光で、手元は暗いままです。
ギャレーには別途照明が必要ですが、
リビングを照らすには充分な仕様です。

本当は車内ライトが一番明るくて色も良いのですが、
エンジンOFFだと使えず不便です。
今まではエンジンOFF時は100円ショップのLEDライトを数個使っていて、
暗いわ電池交換が手間だわで不便でしたが、これで楽になりました。





ベッドスペースに、ベンチソファの座面が置いてありました。
解体現場の廃棄品を貰ってきたそうです。
ただ、表地のビニールが劣化していて、縫い目部分が破れてきています。

3枚並べたら、車幅にジャストサイズです。
これを利用して、足らない分は作って、新たにベッドを作り直すそうです。

前にも書きましたが、現在のベッドの高さが低くて、
床に近いのが不潔で気に入らないので、
もっとベッドを高くすると共に、床下収納も作るそうです。
子供達が成長するにつれスキー板も大きくなり、
板の置き場所が無くなってしまったので、
ベッド下にちゃんとしたスキー板置き場を作りたいとのこと。

ベッドももちろん改良して欲しい物件ですが、
それより2年間ずっと仮設のままのテーブルと渡り板も、
冬までに作ってくれると嬉しいなぁ (;^ω^)


続く。


関連記事

太陽光発電

2013年09月25日 23:50

家の屋根に太陽光パネルを取付けたい、と思ったら、
普通はハウスメーカーや設備屋に施工を依頼するものですが、
夫の場合は違います。
ソーラーパネルを屋根に乗せたい = 自分で施工したい、です。
で、言い出したらマジでやってしまうのも夫クオリティです…。





よーしパパ太陽光パネル乗っけちゃうぞ~! ヽ(゚∀゚)ノ
…と、思い立つや否や、寝る間も惜しんで電気工事士の勉強を始め、
3ヶ月後には筆記試験や実技試験に合格して、資格を取ってしまいました。
ソーラーパネルメーカーが実施している講習を受けて正規取扱資格も取得し、
パネルの入手ルートも開拓しました。
その間に、入荷待ちだったソーラーパネルも、
50枚くらい大量に我が家に届きました。

夫が忙しいと何度か書きましたが、
上半期に忙しかったのは、ソーラー関係に尽力していたからです。





乗せるパネルは11kW分で、現在の家庭用太陽光発電では最大規模です。
私と夫が屋根に上ってアンカーを取り付けたのは6月の猛暑の中で、
直射日光と熱せられた屋根にやられて死ぬかと思いました…。

他にも、屋根裏で配線を取り回したり、外壁に配線を取り付けたり、
発電所登録や売電契約といった申請を出したりと、
休日のたびに色々な地味な作業をコツコツ進めていきました。





パネル取り付けは、家族総出の一大イベントでした。
1枚十数キロもある畳サイズの大きなパネルを、
ベランダから1枚1枚屋根の上に上げ、
順番に配線を繋げて取り付けていきました。
ソーラーパネルの仕組みに実際に触れることが出来たので、
子供達には良い経験になったと思います。





発電した電気を自宅で使用し、余った電気を売るという家庭タイプではなく、
我が家は売電オンリーの発電所契約です。
中部電力の監査や経産省への手続きを経て、ついに6月下旬から発電開始!

なぜ売電オンリーかと言うと、
売電制度のおかげで買値より売値の方が高いからです。
作った電気は全部売って、使う分は電力会社から買ったほうがお得なのです。
今では売電価格が下がってしまいましたが、
値下がり前の6月末までに滑り込みセーフで認可されたので、
今のところ値下がり前の価格で運用できています。

といっても、売電の儲けなど当分ありません。
これだけの規模のパネルを設置するのに、ビックリ仰天な費用がかかったからです。
税金の控除内での売電を考慮すると、
償却するのに15年くらいかかるそうです…。

「施工出来て楽しかった!」と夫はご満悦ですが、
こっちは無事に償却してくれることを願うばかりです。

ローザをイジるくらいならまだカワイイものですが、
これほどまでにスケールとリスクがデカい道楽は、
これっきりでカンベンして欲しいです (;´Д`)


関連記事

幼稚園バスでキャンピングカーを作る その37

2013年09月20日 16:13

なんと、今年初めてのローザネタです (;´∀`)
色々とイジりたいのはヤマヤマなのですが、
忙しくてそれどころじゃないそうです。



rosa104_201309201543134e2.jpg

今回も、これといった改造はしていません。
ローザにエアコンガスを入れる作業をしていたので見学しただけです。

なんでもやってしまう夫は、
エアコンガスの注入機械まで持っていて、
家の車のガスは自分で入れます。
もう素人の域を超えちゃってます…。

ただ、ローザほど大きな車のガス入れは初めてなので、
どのくらい注入したらいいのか見当もつかないようです。



rosa105_20130920154311f36.jpg

リアパネルを外した右奥にエアコンガスの配管があります。
確認窓をのぞいて、アイドリング中にオイルがアワアワと泡立っていると、
エアコンガスが抜けている状態だそうです。

確認穴をチェックし、泡が減るまでガスを入れなければならないようですが、
エアコンガスを一缶丸呑みさせたのに、一向に泡泡なままです。
…まぁ一缶入れた分、入れる前よりはエアコンが効く様になったことだろうし、
これで良しとしたようです。



rosa106_201309201543105a7.jpg

苦労して取り付けた、20年モノのTVを再利用したバックモニターですが、
もう壊れてしまったようです。
モニターやチューナーを取り外したり、壊れた箇所や原因を探って導通チェックをしていたら、
他の12V回線までおかしくなってしまったようで、
リビングのシガソケやスピーカーまで動かなくなってしまいました。

手を尽くして調べたものの原因が分からず、お手上げ状態で作業が止まっています。
果たして直るのか!?
今年は何も改造せぬままスキーシーズンに突入か!?


続く (;´Д`)


関連記事

α330また故障

2013年09月19日 20:44



中秋の満月、撮ったどー!

朝晩めっきり涼しくなって、いよいよツーリングシーズンですね。
こんな月夜の下、虫達の音を聞きながらキャンプしたいものです。
私は9・10月は予定が埋まってて、
ツーリングに行ける気配もないですがね… (´;ω;`)





それより、α330をまた落としました (;´Д`)
今度の故障は、モニターが砂嵐状態です。
でも、モニターそのものが壊れたわけではなく、
撮った後のプレビューや、画像閲覧は普通に見られます。
どうやら撮影時のモニタービュー機能だけが壊れました。

ファインダー越しに撮れば何も問題は無いのですが、
ファインダーに慣れていないので撮りにくいです。

たかがメインカメラをやられただけだ!
と騙し騙し使い続けていますが、
またそのうちソニーストアに修理に持って行かなきゃ (´・ω・`)


関連記事

キャラバン車検

2013年09月17日 06:51

車検が来る度に、今度こそは不合格だ、と覚悟しつつも、
それでもギリギリで合格してきたキャラバン。

また2年経過し、車検の季節となりました。
今度こそは本当に合格できないかも、と、今回も覚悟を決めて、
キャラバンの車検を受けに陸運支局まで行ってきました。





夫が受検者でレーンに持ち込み。
検査にやたら時間がかかり、
外で出待ちする私は、いよいよ不合格か…と半ば諦めモードでしたが、
やっと検査を終えて出てきたキャラバンは、まさかの一発合格。

前回の車検で苦労した排ガス検査ですが、
今回、アンチスモークディーゼルという排ガス改善剤を燃料に混ぜたら、
余裕でクリアしました。
どういう原理か知らないけど、魔法のような効果でビックリ!





というワケで、キャラバンはまた2年寿命が延びました。
となると余計に、この前当て逃げされた助手席ドアの凹みが悔しいです (`;ω;´)
凹みにも負けず、旧型ディーゼル車バッシングにも負けず、
頑張って次の車検を目指します。

乗り続けて22年、頑張れば30周年も夢ではないですな。
まるで、壊れるたびに修理されてゾンビのように蘇り、
健気に飛び続ける宇宙船サジタリウス号のようです (;´∀`)

頑張れキャラバン!サジタリウス号に負けるな!
バブル期のディーゼル車の底力を見せつけてやろう! ( `・∀・´)ノ


関連記事

農ボーイ

2013年09月09日 14:27



今年も稲刈りの季節となりました。
5月のGWにたっぷり植えつけてやった稲が、たわわに実った巨株に育ちました。

去年・一昨年は、暑い中での稲刈りで大変でしたが、
今年は一転、肌寒いくらいの気温で、稲刈り日和でした。
ただ今年は、雨が降りそうで降らない微妙な天気で、
いつ降るかヒヤヒヤしながらの作業でした。
雨や露がついた稲を刈ると、コンバインの中が詰まって壊れるんですって。

次男が、コンバインの操作を教えてもらっていました。
今年は次男が、率先して籾袋担ぎをこなしてくれました。
一方、長男は耕運機で畑を耕していました。
かーちゃんはやることが無く、暇を持て余していました…。





翌日、乾燥機で乾かした籾を籾摺り。
籾から玄米にし、米袋に入れます。

ここでも長男と次男が大活躍。
米袋をシワなく綺麗に折って縛り、30kgの米袋を次々と倉庫に担ぎ入れます。
JAからスカウトされそうな農ボーイっぷりです。

いよっ!力持ち!だの、
おおっ!芸術的な縛り!惚れてまうやろ~、だの、
ヤンヤと子供達を褒めておだてまくり、
かーちゃんは子供達に力仕事を押し付けて左団扇 (;´∀`)

去年までは籾袋担ぎや米袋担ぎを私がこなし、
翌日は全身筋肉痛で悶絶していましたが、
今年は子供達のおかげで、私はほとんど米を担がなくて済みました。





日曜未明は、2020年オリンピック開催地発表の日。
3時半から起きて、TVのライブ放送を固唾を呑んで観守りました。
会場のパネルにマドリードとイスタンブールが表示された時、
思わずズコー!となりましたが、(日本中がズコー!となった瞬間でした。)
フタを開けてみれば、東京の圧勝でした!

涙を流して肩を抱いて喜ぶ、現地の招致団の人達を見て、
ついもらい泣きをしてしまいました。

ただ、ロゲ氏に開催地を記した封筒が手渡される時、
他の選考委員はみんなポーカーフェイスで無表情なのに、
その中に一人だけニヤニヤが抑えきれない笑顔の日本人?委員がいたので、
その顔で、発表するまでもなく、あぁ、東京なんだな…とバレバレでした (;´Д`)


関連記事

豪雨

2013年09月05日 18:31



昨日夕方。
空を見上げれば異様な暗雲がトグロを巻き、
台風のような強風が吹きつけ、
体感的には10℃くらい、一気に気温が下がりました。

…来るね間違いなく (;゚д゚)ゴクリ





台風クラスの温帯低気圧が秋雨前線とタッグを組んで、
西日本で大暴れしながら、愛知にも接近中です。
岐阜西濃ではすでに記録的な豪雨になっており、
ニュースで大雨情報や中継が流れっぱなしです。

そして、ついに尾張地方も堰を切ったような豪雨に襲われました。
車のルーフがヘコむんじゃないかというほどの破壊的な豪雨です。
こりゃまたスゴいな!

100年に一度の天災とか言われた13年前の東海豪雨ですが、
あれから毎年、東海豪雨並みの豪雨に襲われています。
我が家は川より低い地域なので、大雨が降るとポンプ場頼りです。

河川の掘下げ、下水の整備、雨水貯留槽の普及で、
水捌けがかなり良くなり、水没回数も減ってきましたが、
豪雨も負けじと年々威力を増してきています。





豪雨がポンプ場の揚水能力を上回り、降り始めから30分ほどで道路が冠水。
冠水にはもう慣れましたが、今回は水位がいつもより高く、
普段水没しない高さまで水没しました。

我が家では、自前の防水シャッターと排水ポンプで自衛しているので、
それらさえちゃんと機能すれば、
あとは停電しない限り、冠水してもとりあえず大丈夫です。





下校で濡れたので、制服姿のまま水遊びする長男。
のん気なものです。

どこが側溝か分からないし、マンホールや集水枡のフタが外れてそうだし、
雷が落ちたら、切れた電線が水の中に落ちてきたら、なんて考えると、
ビビリストはとても水の中に入る気になれません。




危ないというより、水が汚くて、
腹壊しそうで、入水するなんてとてもとても。

下水が整備され、下水が雨水と完全セパレートされたので、
大雨のたびにそこら中から浄化槽が溢れて周辺が汚物臭くなったり、
トイレから汚水が噴出したり、ということがなくなり、
後片付けが楽になりました。

でも、冠水するほどの豪雨はカンベンして欲しいです。

3週間雨が降らなかったと思ったら、今度は1週間雨続きで困ったものです。
週末は稲刈りなので、どうか雨はこれで納まって欲しいです。


関連記事


最近の記事