幼稚園バスでキャンピングカーを作る その41

2013年11月20日 06:42



その40の続き。

硬質ウレタンを貼り付けたベッドパーツに、
さらに軟質ウレタンを巻きつけ、ナンジャコリャな物体になりました。





貰ったベンチソファの生地によく似た、
橙色のレザー風ビニール生地を購入し、裁断していきます。





ミシンが大好きで、大塚屋(名古屋にある巨大な布地デパート)の常連という、
異色の手芸男子の本領発揮です。

え?私?
ミシンの糸の通し方すら知らないミシンオンチですが何か? (;・∀・)





私が見ていないうちに、
ベッドパーツの表地と、「その39」で2/3に裁断したベッドの端の表地を、
あっと言う間に完成させました。
あとは、タッカーで生地を止めるだけです。





ちゃんと角をパイピング処理する拘りっぷり。
プロ過ぎる… (;´Д`)





1/3をニコイチにしたベッドパーツの表地を縫合しているところ。





裏でタッカーを打って生地を張って…





リアの凸凹に合わせて作ったベッドパーツ。

前のベッドは、ここに隙間がありました。
冬はこの隙間から冷気がヒューヒュー通過して、泣けるほど寒いし、
隙間によくメガネや服が落ちて探すハメになり、面倒でした。





ベッドパーツはご覧の通りジャストフィットで、
もうメガネも服も隙間に落ちない…はず。





同じようにタッカーで表地を止めたベッドを並べます。
これで新しいベッドスペースの完成です。

以前のベッドはヒザの高さでしたが、
新しいベッドは腰の高さになりました。
位置が高くなった分、天井が低くなってしまいましたが、
ベッド下に豊富なスペースが出来ました。





ベッドを並べると、新旧の表地の色の違いが分かります。
矢印で示した濃い橙色の部分が、今回新たに夫が作った部分です。
この上にラグや布団を敷いて寝ます。


続く。


関連記事

幼稚園バスでキャンピングカーを作る その40

2013年11月18日 06:06



一部残していたベッドを、車内から全て撤去しました。




で、さっそく何か作り始めましたよ。
これは何ですか?





ベッドの脚だそうです。

端の壁に接する部分は、壁のラインに合わせてカットされ、
カーペットの端切れが貼られています。





載せる予定のベンチソファのピッチに合わせて、
車内に脚と梁を設置。





また何か作り始めましたよ。
これは何ですか?





一番後ろの壁部分は、非常ドアや灯火類があるため凸凹で、
ソファベンチがフィットしません。
その隙間を埋めるベッドパーツだそうです。

リアの形状を模って作成したベースに、
ウレタンチップを貼り付けていきます。





このウレタンチップは、
幼稚園バスの園児シートの中に入っていたモノです。

これがどうなるかは、続く。


関連記事

頑張れサラリーマン8

2013年11月14日 14:58

ケータイを復活させたら、真っ先にやらねばならぬ事があります。
それは、私がスマホに切り替えた後に配信された「頑張れサラリーマン8」のDLです。

「頑張れサラリーマン」とは、
ソニーエリクソンのケータイにのみ対応しているマニアックなキセカエです。
この2年の間に、ソニエリも無くなっちゃったし、EZwebも先細りだけど、
まだおっさんが今でも配信されてて良かった!
やぁ!2年ぶりだねおっさん!
今さら感ハンパないね!
ごめんねスマホに浮気してて (;´∀`)

ちなみに、過去の頑サラの記事はこちら


別居なのか単身赴任なのか理由は不明ですが、妻子がありながら一人暮らし。
職場が関東から関西へ、喫茶店のマスターに転職したかと思ったら、失業して警備員へ。
そして無人島ホームレス生活…波乱万丈な人生を歩むおっさん。
哀れなおっさんに幸せを!…と願い続けた頑サラファンの思いが、
8作目にして、やっとソニエリに届きました。

頑サラ8では、ついにおっさんが、
別居していた奥さんと娘と一緒に暮らすようになりました。
やっと…やっと…幸せなおっさんの生活が見られるようになりました ( ;∀;)

今回も、待ち受けとメニューでの2画面同時進行。
平日は、おっさんは会社に勤め、奥さんは買い物&家事。娘は学校。
帰宅後おっさんは娘と遊び、会食し、晩酌し、親子3人で就寝。
仕事では、相変わらずのダメ社員ぶりで、よく隣の人にフォローしてもらってます。
土曜は家でゴロゴロ、日曜は家族で買い物。
いつ見ても奥さんはキレイです。
おっさん、幸せ太りなのか、またメタボ腹になってきました。




代々、おっさんに付き添ってきた白ネズミは、
8で晴れてペットとなっていました。
しかしドバトは登場しません…無人島生活中に、おっさんに食われてしまった??

頑サラ8は、ごくごく普通の、
ありきたりな家庭生活を垣間見るだけのキセカエです。
歴代の頑サラを知らない人には、これのなにが面白いの?と突っ込まれるでしょう。

しかしこの、「ごく普通の家庭」までの道のりが、なんと長く、険しかったことか!
私も、おっさんを見守り続けたその他のソニエリストも、
この結末には感無量です ( ;∀;) イイハナシダナー





夫婦で娘の授業参観の風景。
おっさんにこんな日が来るなんて 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

しかし…おっさん!後ろ後ろ!
娘の絵が、おっさんの秘密を暴露!
娘は時に、正直で残酷です。

おっさん、奥さん、娘の3人に加え、
会社の人々、学校内の人々、商店街の人々、ショッピングモールの人々と、
今回は登場人物が多くなって、見ごたえがあります。

個人的に、娘の隣の席の坊主君が好きです。
上の授業参観では、先生に当てられないよう、身をかがめていますw
普段も、イタズラ、居眠り、カンニングなどをして、
バケツを持って立たされているナイスキャラで、見てて笑えますw ( ´,_ゝ`)プッ

すっかり大団円に納まってしまったおっさんに替わり、頑張れボウズくん!

…と、久しぶりのおっさん観察の日々でしたが、
スマホが帰ってきたので、ケータイからスマホに戻ります。
日付や時間を変えて、クリスマスや正月のおっさんの様子をチェックしましたが、
幸せそうでなによりです。

彷徨い続けたおっさんの着地点、かくと見届けたり!
さらばおっさん!




関連記事

ケータイ復活

2013年11月13日 09:46

ケータイ&EZwebカテゴリで2年ぶりの記事です。

2年使い続けたスマホ、レグホンis11tの調子が悪くなりました。
充電出来ないという症状です。
ケーブルかコネクタが原因かと思いましたが、
本体内部の充電回路の故障らしく、メーカー修理となりました。

修理の間、auショップで代替機を借りずに、
前に使っていたケータイを復活させました。
3GスマホとケータイはSIMが共通で、
SIMを差し替えるだけで即使えるので便利です。





ケータイは問題なく使えるのですが、
ケータイの充電器が瀕死の状態です。
割れたコネクタはテープで巻いて応急処置してあり、
ケーブルは断線し、縒り線2~3本でかろうじて通電している状態。

結局この後、完全に断線してしまい、役に立たなくなったので、
壊れた充電器を長男にあげました。
AC100V → USBの変換ケーブルに改造して使うそうです。

セリアで、USB → au端子の変換ケーブルを買ってきて充電しています。
セリアのUSB変換系の品揃えはマジで神!

修理に出したレグホンは、10日で返ってきました。
au安心サポートの範囲内の故障だったので無料でした。
これであと2年は、レグホンで頑張るぞー!
4G機には当分買い換えないぞー! ヽ(´Д`;)ノ

せっかく戻ってきたものの、完全に初期化してしまっており、
また最初から設定したり、アプリをDLしたりカスタマイズするのが面倒で、
しばらく放置。
ケータイのままでも、生活には全く困りません。

このままスマホを放置して、しばらくケータイで過ごそうと思っていましたが、
Razikoを聴いたり録ったり出来ない辛さに耐えかねて、
1日がかりで、また1からスマホをセットアップしました _ノフ○ グッタリ


関連記事

コールマンの2wayライト

2013年11月11日 05:33



ランタン話が続いたので、もうひとつランタン話。

前々記事で、ライトの調子が悪いと書いたライトは、これです。

コールマンの、もう15年くらい前の製品です。
まだLEDライトが普及していない頃のモノで、光源は豆球です。

コールマンのガソリンランタンを模したデザインで、
ホヤを伸ばすと直置きランタン、縮めれば懐中電灯になる2way式です。
今では珍しくない2way式ですが、当時はとても目新しく、
そのギミックに惚れて買いました。

単3電池4本仕様で1日持つかどうかという高燃費ぶりですが、
室内でも使えて、色味も良く、
そこらのLEDライトよりは情緒があって気に入っていて、使い続けています。

どうも最近、接触が悪くて、
キャンプ場でいざ使おうとしても点灯しなくて焦る事が多々あります。
そろそろ潮時かな…と諦めて、
ルミエールランタン購入という流れになりました。





私がいくらチェックしても不調の原因が分からなかったのに、
次男に渡したら、テスターで調べてサクッと直してくれました。
えっ… (;´゚д゚`)





と言うことで、2wayライトが復活しました。
諦めないで良かった! (;´∀`)

どちらにせよ室内用の明かりは必要なので、
この2wayライトを室内&懐中電灯として使い続けます。

これからもルミエールランタンと2wayライトの2つ使いで、
ソロキャンプの暗闇の恐怖に立ち向かいます (´∀`||;)


関連記事

ルミエールランタン & ガスカートリッジ保温カバー

2013年11月10日 07:32



前記事で、寒さでキャンガス缶からガスが出ず往生した事を書きました。
そこで、缶の保温対策を考えてみました。

要らない古服を改造してカバーを自作しようと思って、家の中を探しますが、
こういう時に限ってボロが見つからず。
仕方なくダイソーで、フリース地の湯たんぽカバーを買ってきました。





これが改造後。
え?何が変わったって?

ファスナーを切り落とし、端をまつり、折り返してヒモを通すループを縫い、
ヒモを通して巾着に改造したのですよ。
ミシンを使うまでもない改造なので、手縫いでチクチクとね。





ガス缶を入れてみれば、ピッタリ。
ついでに切り落としたファスナーに付いてたボンボンを、ヒモに移植。

生地が伸びるので、プチプチなんかを缶に巻いて巾着に入れる余裕もあります。
そうすれば、一層保温性が上がると思います。
ちなみに↑の写真では、缶に片ダンボールを巻いて入れています。





湯たんぽ型の丸い底がちょうどマチになり、缶底のヘコみにもフィット。





代わってこちら、ルミエールランタンのグローブです。
手垢やススやホコリが付いて、一晩でかなり汚れます。
外側は綺麗に拭けても、中の汚れが巧く拭けなくて歯がゆいです (´・ω・`)





ケースのデザインは秀逸です。
ちょっとくらいの振動じゃグローブが割れません。
それでも、ケースごと落としたらさすがに割れるでしょうなぁ…。




保温カバー付きルミエールランタン。
あらやだファンシーww (n‘∀‘)η

手作りしなくても、ネオプレーン製のガス缶カバーが売られています。
でも、1500円くらいするのよね。
材料費100円で、オンリーワンなアイテムを作るのもオツなものですよ。


関連記事

コールマン ルミエールランタン & ヒーターアタッチメント

2013年11月09日 09:27

今までキャンプで使ってきたライトの調子が悪いので、
これを機に買い換えようと、いろいろ考えました。

LEDライトは室内でも安全だけど、暗いし、情緒が無い。
実用的なのはガスランタンだけど、マントルの扱いが面倒。
ガソリンランタンは明るそうだけど、バイクで運ぶにはデカ過ぎ。
…どれも一長一短です。





そんな中、↑コレを買ってみました。
もうデザインに萌え萌え (*´∀`*)

こんなガラスのグローブ、バイクじゃ絶対割れるだろ!と最初は悩みましたが、
頑丈なグローブケースが付いているし、割ってもスペアが販売されているので、まぁいいか。
マントルが要らないのと、デザインが決め手です。
今までキャンガス缶に縁がなかった(避けてきた)のですが、
ついにキャンガスアイテムが増えてしまった… _| ̄|○ il||li





先日の戸隠キャンプで使ってみました。
雰囲気はバツグン!

ただ、蹴って倒して割っちゃいそうだし、
うかつにグローブに触ると汚れるし、
扱いに気を使います。

一番困るのが着火の時。
着火に手間取っていると、グローブ内にガスが溜まって、
着火時にボワッ!と火柱が上がって怖いんだよ!
その恐怖たるや、ピーク1の着火の怖さの比じゃないよ!
これは、ただ私の着火が下手なだけだろうから、
そのうち慣れて、巧く着火できるようになればいいのですが…。





難点は、ガスなので寒いと全然使えない事。
0度近くの明け方にはガス缶が冷え切っちゃってなかなか着火せず、
なんとか着火できても、これで最大出力…。
そう言えば、寒い時期はガス缶は暖めないとダメでしたね。
冬は専らガソリンストーブなので、冬のガス缶の扱いを忘れてました。

ガソリンストーブの横に置いて、缶を暖めながら使いました。

冬は低温用パワーカートリッジを使えばいいのでしょうが、
そんな高いカートリッジを使ったら負けな気分。





もうひとつ新規導入したのが、
↑の、ピーク1用ヒーターアタッチメント。
買ったものの使う機会がなく、1年以上眠っていたものです。

これを熱することで赤外線で暖房効果がある、とのことですが…。





効果は、無いよりマシって程度。
乗せても、寒いもんは寒い!
カイロを体に貼ったほうがマシ!





アタッチメントの上で調理や湯沸しが出来るのが救いです。
でも、バベルの塔のようにそびえる不安定な姿は、
横倒しになって惨事になるフラグがビンビンです (;´Д`)





冬のキャンプでは、寒さに強いガソリンストーブが大活躍です。
一泊で本体タンクのガソリンを使い切ることはめったにないのですが、
今回はピーク1で暖をとったり、鍋を煮たりして、
使い過ぎて朝にはガソリンが足りませんでした。

霜が降りたり、水が凍ったりするほど寒い日にキャンプする機会は殆ど無いので、
今回以上に困る機会は、この先もそれほど無いでしょう。

11月は完全に予定が詰まっているので、キャンプには行けません。
12月に行ければ、1回行こうと思っています。
それまでにルミエールランタンのガス缶の保温方法は、一考の余地ありです。


続く。


関連記事

ハムスター2匹目

2013年11月08日 10:53



4年前にハムスターの記事を書いて以来、
再び我が家にハムスターがやって来ました。

10月初旬、他所で増えたジャンガリアンを次男が1匹だけいただきました。
貰った時はまだ幼くて、チョコチョコしてて可愛さMAX! (*´∀`*)





チョコチョコ動いたかと思ったら、突然バタリと寝ます。
寝顔に萌え~ (*´ω`*)





飼い始めて1ヶ月経過。
倍くらいの大きさに成長しました。
ジャンガリアンなので、大きくなってもゴルフボールサイズです。





先代ハムも好きでしたが、このハムもやっぱり米が大好き!
実家から貰ってきた藁を刻んで入れてやると、
真っ先に稲穂探しを始め、見つけるや夢中で食べます。





先代と同じく、ツボ型の鳥の巣を入れてあげたら、
気に入ってすっかり引きこもりになってしまい、日中は出て来てくれません。
藁を巣に詰め込んで入口にフタをし、視線をシャットアウトするほどのニートぶり (;´Д`)
これから冬になるので、巣で寒さを凌いでくれればいいのですが、
可愛い寝姿が見られなくなってしまいました。

日中は巣の中で寝ていて、存在を忘れるほど静かですが、
明け方、私が仕事から帰ってくると、ハムが滑車に乗って孤独にランニングしています。
誰もいない真っ暗なリビングで、
コロコロコロコロ…と言う滑車の音が響いていると、軽くホラーです。
今はもう慣れましたが…。


関連記事


最近の記事