映画#3 さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅

2014年01月28日 15:44






さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅
1981年/日本
[監督]りんたろう
[声の出演]野沢雅子/池田昌子


[あらすじ]

機械化人間の女王プロメシュームを倒し、機械化母星を破壊した鉄郎。
しかし機械化人間の勢力は衰えず、生身の人間は機械化人間に駆逐されようとしていた。
鉄郎は地球に戻り、レジスタンスとなって機械化人間と戦う日々を送る。

数年後、そんな鉄郎の元にメーテルからメッセージが届く。
「鉄郎、999に乗りなさい。」
そして鉄郎ただ独りを乗せ、999号が発車する。


[感想]

映画版銀河鉄道999の2作目。
TV版や映画版が大ヒットし、二匹目のドジョウ的に作られた作品で、
設定やストーリーが後出し感満載なため、
「さよなら」はあまり評価してもらえません。

TV版や映画版で語られずに終わった色々な謎、
プロメシュームの機械化帝国への執着、
プロメシューム母子のいきさつ、
メーテルが若者を導く理由、
なぜ機械化人が人間狩りをするのか、
車掌さんの正体など、
それらがうまい事ストーリーに絡めてまとめられており、
TV版や映画1作目にとって、その集大成として重要な作品です。

「永遠の命」とは何か。
その答えを、ラストにハーロックが教えてくれます。

永遠の命とは、プロメシュームが求めるような不老不死の事ではなく、
精一杯生きた限りある命を、己が生きた証を、絆を、親から子へ、孫へと繋いでいく事。
子孫の中で、遺伝という魂が生き続ける事。
命のリレーこそが、永遠の命だと。

…ネタバレで申し訳ないですが、このような意味の事を言ってくれます。
そのセリフを聞くために観ても損はない名作です。


関連記事

テルマエ・ロマエ

2014年01月21日 05:49



長男が、図書館からテルマエ・ロマエ全6巻を借りてきて読んでいました。
面白い!との事なので、私も読んでみたところ、

…面白いわコレ!! ヽ(゚∀゚)ノ

本屋でよく、「聖☆お兄さん」と並んで売られているのが分かりました。
主人公と日本人とのカルチャーギャップを、マニアックなネタで笑いにする作風がよく似ています。
それにしても、風呂をテーマによくこれだけの作品が出来たもんだと感心しきり。

1~3巻は、タイムスリップした主人公ルシウスが日本の風呂文化に感嘆し、
古代ローマに技術を持ち帰る読み切り話がメイン。
4~6巻は、ストーリー仕立ての恋愛話。
どちらも本当に面白かったです。

それにしても、ハナコのその後が気になる!! (*´Д`)


関連記事

映画#2 泥だらけの純情

2014年01月20日 09:08





泥だらけの純情
1963年/日本
[監督]中平康
[出演]吉永小百合/浜田光夫


[あらすじ]

下町のチンピラ次郎は、成り行きで、
駅で不良にからまれていた女子高生を助ける。
その女子高生・真美は、世間知らずの外交官の令嬢。
助けてもらったお礼に、ヤクザのパシリだった次郎の罪をかばう。
それがきっかけで、想いを募らせるようになる次郎と真美だが、
あまりにも違いすぎる互いの身分差が、2人の愛を引き裂く。


[感想]

いやもう、歯がカユくなるほどの純愛映画。
こういう初々しい恋愛映画は大好きです。

お嬢様のわりに勝気で、惚れた次郎にアタックしてゆく真美。
次郎の趣味を理解しようと、不埒なボクシングを見たり、酒を飲んだり。
なかなか会ってくれない次郎のアパートに押しかけたり。

一方、スケコマシのクセに、不慣れなお嬢様の扱いにドギマギする次郎。
着慣れない背広を新調し、
なんとかお嬢様の身の丈にあった男になろうと奮闘するかわいさ。
お互い、相手に好かれようと努力する姿がくすぐったいです。

しかし所詮、棲む世界が違うチンピラと令嬢。
お互いの環境が、2人の仲を許すはずもなく、
行き詰まった2人がとった行動は…

ラストは悲しくて、つい泣いてしまいました。
2人には、幸せになって欲しかったです。


関連記事

'13-14シーズン5日目 きそふくしまスキー場

2014年01月19日 10:55

土曜日は雪降るなよ!絶対雪降るなよ!と念じながら、
数日前から天気予報と睨めっこ。
なぜなら、自分の運転でスキー場に行く決心をしたからです。
雪道童貞ドライバー&賞味期限の切れた古いスタッドレスの車というコンビなので、
圧雪路やアイスバーンになろうものなら、生きて帰れる自信がありません。

行き先は、木曽の中で最もアプローチが優しい、
R361沿いのきそふくしまスキー場に決定。

私の祈りを察した冬将軍様、木曽に数日の晴天をもたらし、
幸いR19もR361も路面はドライ状態です。





朝4時に子供達を連れて出発、
中津川まで高速、そこからはR19~R361で、6時半にスキー場に到着。
やっぱり木曽は近くて良いなぁ!





きそふくしまはスキー専用ゲレンデです。
ゲレンデ下部はユルユルの初心者ゲレンデ、上部は上級コースばかりで、
客層が巧くセパレートされています。

リフトを3本乗り継ぎ、さっそくゲレンデトップのスカイコースへ。
御岳や乗鞍、木曽駒ケ岳が一望できるビューコースです。

スカイコースからシークレットCダッシュまで一気に駆け下りれば気分爽快!
野沢温泉スキー場のスカイラインコースによく似ています。





スカイコースの滑り出し脇に、ラインコブが設けられています。
午前中は、殆ど吸収動作の要らない浅いコブですが、
それでも練習にはなるので、午前中はこのラインをずっと滑りました。

こんなコブ簡単!とナメてドヤ顔で滑っていたら、派手にコケて、ヒジを痛めました。
恥ずかしい奴… (;´Д`)





シークレットAコースのリフト下にもコブがありますが、
5コブくらい滑ったら終わっちゃうほど短いです。
しかもコブが浅いしブッシュが出ていて、却下。





クワッド乗り場上のコース合流部分。
正面に見えるのはシークレットBとチャレンジ。
見えていませんが、左にA、右にCダッシュがあり、
4本のコースが一同に合流します。





クワッドから見たCダッシュ。
きそふくしま唯一の不整地コブ斜面です。

午前中はスノーマシンの雪がただ積もっただけのモコモコバーンの状態。
ストックを突くとどこまでも沈んでしまうほどフカフカで、滑りにくくて避けていました。

午後からは滑る人が増え、雪が踏み固められて、それなりのコブバーンになりましたが、
雪不足でそこら中からブッシュがのぞいており、ソール削りまくりで涙目。





子供達が下部ゲレンデに行ったきり帰ってこないなぁと思ったら、
午前中ずっとファミリーコースにあるクロスコースで遊んでいたようです。
なんちゃってクロスのわりには大きな起伏で作られており、
大人が滑っても楽しい!





小学生以下が対象のスラローム大会の受付をしていたので、
次男を出場させてみました。

午後から大会開始。
ファミリーゲレンデの、ほのぼのお子ちゃま向け企画で、
出場者もみんな小さい子ばかり。
その中に、ひときわ大きくてオッサンくさい小6が紛れています…。
不公平なほどの体格差で、次男が優勝してしまいました。





昼食を摂ったり大会を観たりしているうちに、
スカイコースのラインコブがずいぶんと掘れて刺激的に育っていました。
よし練習するぞ!と勇んだものの、3本ほど滑ったところでリフト終了…。





最後に、シークレットAで育成中のラインコブ。
午前は誰も滑ってなくて、ただのスラローム状態でしたが、
営業終了時刻には、浅いバンクコブに育っていました。

バンクコブ初心者の練習にうってつけのユルさですが、
こちらも残念ながら、ろくに滑れぬままタイムアウト。

16時半に撤収し、高速に乗らずオールR19でのんびり帰ってきました。
それでも20時帰宅という早さ。


きそふくしまは子供向けで面白くなさそう、と思い込んでいましたが、
行ってみたらけっこうコブのバリエーションがあって楽しめました。
ただ、リフトが遅いのが苦痛。
クワッドだけはやたら速くて感動しますが、
あとのリフトはハエがとまりそうなのんびり運転で、思わず寝落ちしそうです…。

また、きそふくしまに行きたいと思います。
とにもかくにも、私が運転する場合は天候次第です。



関連記事

小さな整備士

2014年01月15日 19:55



最近、長男が車に興味を示し、
車の改造番組を熱心に観たり、街中を走っている車のカスタムを観察したりしています。
どうやら中学の進路相談で、自動車関係の仕事に進みたいと先生に言ったらしいです。

キャラバンのスタッドレスタイヤへの交換も、子供達がやってくれました。
もちろんジャッキポイントや増し締めは夫にチェックしてもらいながらですが。

今や子供達は、重労働なローザのタイヤ交換においても貴重な人員です。
というかローザは、タイヤもナットの締め付けもケタ違いの重さなので、
4人がかりでないと本当に大変…。

バイクもいじってみたい、と言うので、バイクのメンテもさせてみました。
といっても、大してやる事がないなぁ。





ずっと、シフトペダルがエンジンに干渉するほど曲がっていました。
立ちゴケで曲がる度にメガネレンチに通して強引に直してきたので、
もうグニュグニャで金属疲労気味です。
これ以上中途半端に直すと折れるぞ、と夫に言われたので、
手っ取り早く新品のペダルを発注し、交換する作業を与えました。

写真上が新品のペダル、下がグニャッと曲がったペダルです。





…が、わざわざ新品に交換しなくても、こんなの叩けば直る、と言われ、
ペダルを金槌で叩いて整形してくれました。





勝手に直されちゃった… (;´∀`)
まぁ、新しいペダルはスペアに温存しとくわ。
ありがとうありがとう 。・゚・(ノ∀`)・゚・。





次は、シートに付けるタイプのフックを付けてもらいます。
シートに両面テープでただ貼り付けるだけのフックかと思って買ってきたら、
シートから外れないようにペンチでかしめなければならないようです。

シートを車体に付けたままフックをかしめられると思ったら、
シートを外さないと、巧くペンチでかしめられません。

シートは簡単に外せるかと思ったら、
ETCボックスが邪魔でシートが外れません。

…と言うことで、たかがシートフックを取り付ける為に、
ETCボックスを分解しなければなりませんでした。

めんどくさー!と言いながらも、ETCボックスを分解してくれる長男。
私だったら、とっくにこのフックの取り付けを諦めてたよ…。





長男の地道な努力により、無事シートが取り外せ、
フックをガッチリかしめることが出来ました。
サイドバッグのせいで既存のフックが使いにくく、積載が難儀だったのですが、
荷掛けフックが増え、助かりました。

あと、シートが反って、タンクとシートの間に微妙な隙間があったのですが、
シートを取り外したついでに、
反った部分をドライヤーで暖めて直してくれました。
ありがとうありがとう 。・゚・(ノ∀`)・゚・。





買ったものの、取り付けるのが面倒で放置していたバイク用時計を、
次男がミラーからステーを伸ばして、取り付けてくれました。
ありがとうありがとう 。・゚・(ノ∀`)・゚・。





子供達にやらせてばかりでは申し訳ないので、
私もひと仕事。
ネジ穴が割れてパカパカしていたシュラウドを、
ただ針金で引っ張って固定しただけ (;´Д`)




整備してくれたお礼に、子供達にマックのセットを奢りました。
安いものです。

ツーリングに行こうと思えばいくらでも行けるのですが、
寒くてメゲまくり。
せめて、汚れたバイクを洗車したいのですが、
寒くてメゲまくり。

初乗りはいつになることやら…。


関連記事

お子チャリをリメイク

2014年01月13日 09:46



以前のママチャリリメイクに引き続き、
長男がこんなチャリンコもリメイクしました。

これは長男が小学校卒業まで乗っていた子供向け自転車です。
中学生になると同時にママチャリに買い換えましたが、
未だこの自転車が気に入っている様子。

しかしすでに170cm近い身長の長男、
こんな小さな自転車に乗れば、まさにボリジョイサーカスの熊の曲芸状態です。

このお子ちゃまチャリ = お子チャリを、
今乗っても恥ずかしくないような格好に改造したいとのこと。
またまたボヤッキーなことを言い出しましたよ… (;´Д`)

まずは、子供っぽいプラスチック製の小さなカゴを外し…





サドル延長ポストを使って座面をアップし、
ハンドルもカマキリに変更。
ハンドルが高くなった分、変速ギアワイヤーやブレーキワイヤーも延長。
意外と大工事です。
すべて長男が自力で改造しましたが、一応、保安部品は夫の監修が入りました。





ということで完成。
…改造してもボリジョイの熊っぽさは抜けていませんが、
折りたたみ自転車のようなポジションになりました。
これなら、中学生が乗り回してもあんまり恥ずかしくありません…いや、やっぱ恥ずかしいかな。
長男もさすがにこれを普段使いはしておらず、
家の前でウィリーやジャックナイフなどを練習して遊ぶのに使っています。

乗らせてもらったら、これが凄い快適でビックリ!
私もちょい乗りに貸してもらいたいくらいです。


関連記事

映画#1 第9地区

2014年01月12日 07:06





第9地区 (DISTRICT 9)
2009年/米・南ア・ニュージーランド
[監督]ニール・ブロムカンプ
[出演]シャルト・コプリー/デビッド・ジェームズ


[あらすじ]

南アフリカ・ヨハネルブルグ市街の上空に突如出現した、巨大な宇宙船。
宇宙船に乗船していたエイリアン達は、難民キャンプ「第9地区」に隔離され、
そのままヨハネスブルグに住み着いた。

20年の時が過ぎ、第9地区のエイリアン達を別の場所へと強制退去させようと、
軍事会社MNUが動き出す。
その際、エイリアンの謎の液体を浴びてしまったMNU社員・ヴィカスは、
エイリアンの細胞に侵され、エイリアン化していく。


[感想]

低コスト映画ながら世界中でスマッシュヒットし、話題になったB級映画。
実際、気持ち悪いけど面白くて、もう3回くらい観てしまいました。
分かりやすい話でテンポも良く、サクッと気軽に観られる映画です。

この作品では人類VSエイリアンでしたが、
そのまま、民族紛争や民族差別への風刺ですね。
異星人にしろ、異国人にしろ、民族の遺伝子や風習が違うんだから、
そりが合わないのは当たり前。

いがみ合っていた人間とエイリアンが仲良くなってハッピーエンド、
…なんていう偽善的なストーリーにせず、
結局、異文化同士は分かり合えないんだよ!的な終わり方がイイ。


関連記事

積み映画崩し

2014年01月11日 10:44

我が家にもHDDが導入され、めっきりVHSビデオデッキの使用率が下がりました。
しかし昔撮ったビデオテープを見るために、まだ現役です。

通常のテレビとは別に、
VHS再生&旧式ゲーム機専用のブラウン管テレビがあるのですが、
使い続けて15年、さすがにテレビの調子が悪くなってきました。
同じくらいの年式のビデオデッキの挙動も怪しいです。
これはそろそろ寿命というサインか…。

しかし、私の魔窟には、撮り溜めた映画のビデオテープの山が50本くらい眠っています。
テープ1本に映画3本、150本ほどの映画の山です。
これを早く観てしまわないと、その前にビデオデッキが壊れてしまう!

…という焦りから、急きょ溜まった映画を観て消化することにしました。
1週間に1本観れば、3年くらいで消化できる予定です。
それまでビデオデッキが持ちこたえられるか!?

以前はHPに映画コーナーを設けておりましたが、
映画ごときにHPを更新するのが面倒なので、
これからはブログで映画鑑賞日記をつけていきます。

さぁて、貯めに貯めた積み映画、どこまで崩せるか (;・∀・)



関連記事


最近の記事