ソチオリンピック

2014年02月27日 14:45

終わってしまいました、ソチオリンピック。
スキー競技なんて、オリンピックの時くらいしか注目してもらえないからね。
また4年間、話題にもならない日々さ… (´;ω;`)

深夜の競技をHDDに録画し、仕事から帰ってきて早朝に観て興奮し、
その後にニュースやワイドショーで感動を分かち合う、と言う毎日でした。
でも、仕事先で流れているラジオに、先に結果をネタバレされちゃうんだよねー (´・ω・`)ヒドイ

出る杭を打つような、度重なる日本人不利なルール変更にもメゲず、
二位じゃダメなんですか?とほざく奴らの選手強化予算削減にもメゲず、
加熱し過ぎてもはやストーカーの域な、マスコミの報道合戦にもメゲず、
日本人選手がもたらしてくれたメダルの数々、入賞の数々、ドラマの数々。
たくさんの感動をありがとう!
世界よ!日本人の雑草魂ナメんなよ!

それにしても、スロープスタイルのアイテム、マトリョーシカ。
他人とは思えないあの洋梨体系に、親近感を覚えまくり。
痩せよう… (´ε`;)

ちなみに4年後は、
嫌がらせ&ラフプレー&審判買収の常習犯のアノ国が舞台なので、
全く観る気はありません ┐(´д`)┌



関連記事

'13-14シーズン10日目 ヘブンスそのはらSnow World

2014年02月24日 11:13



深夜の仕事が明けた後、ヘブンスの大雪を味わいに園原へ行きました。
ヘブンスに9時半到着、着替えてゴンドラに乗り、10時から滑走。

もうすぐ3月だと言うのに、
極上の雪質!かつてないほど広いコース幅!白銀の世界!最高!





サウスウィングは整地せず、コブ斜面のままほったらかしにしてくれているようなので、
さっそく行ってみます。
うーん、サウス的には一応これでもコブ…

ビビリストが横滑りしたようなガタガタの不規則コブで、深回りタイプ。
ガッカリですが、出されたコブはなんでも美味しくいただくのが心情。
ここぞとばかりに、苦手な深回りの練習をしますが、
ちっとも巧くなれる気がしない… (´;ω;`)

(覚え書き、ストックはコブ頂でなくコブ肩に。)





一方、パノラマのコブはリセットされ、新たなラインが作られていました。
前回と同じ距離ですが、コブが倍以上設置され、キッチキチのピッチです。
ラストにはミクロサイズのポコジャン付きw

最初は、ただ雪山の間をヌルヌルとスラロームするだけのラインで、
斜度がユル過ぎて、後半は蹴りださないと止まっちゃうほどでしたが…





半日滑ったら掘れてきて、
良い具合に加速する面白いモーグルコブに育ちました。

サウスウィングとパノラマを交互に20本づつ滑って終了。
クワッドを40回も黙々と乗り続ける、根暗なヒトリスト… (;´Д`)

仕事明けに仮眠せず行ったのに、一日中滑りまくっても全然疲れず、
一回も休憩しませんでした。
翌日も、全く筋肉痛になりませんでした。
帰りも眠くなく、まだリフト40本行ける!というくらい元気でした。

平日でサウスウィングのリフトが運休だったので、
クワッドから林道経由でサウスに行きましたが、
体力が有り余っていたので、林道を登るのも今回はそれほど苦ではありませんでした。
それほど、雪質が最高でした。


関連記事

'13-14シーズン9日目 白馬八方尾根スキー場

2014年02月20日 06:51



連日、ソチで熱戦が展開中です。
今回も、白馬村出身の選手が数名、ソチオリンピック&パラリンピック代表に選ばれました。
小さな村なのに、世界レベルのアスリートを輩出し続ける白馬おそろしや!

5時に八方第3Pに到着し仮眠。
いつもは6時に起きて咲花の第8Pに移動するのですが、
疲れ果てて眠っている夫を起こすのが申し訳なくて、
今回は第3Pにとどまり、名木山をベースにします。

朝から下界でも猛烈な強風が吹き荒れ、
兎平・黒菱・スカイラインといった上部リフトが運休…。
苦労して八方まで来たのに、報われないーー!! ヽ(`Д´#)ノ





いつもなら、兎平が滑れない時はリーゼンクワッドが激混みになるのですが、
この日は全然混雑がありません。
やっぱり大雪による交通麻痺で、客の入りが少ないようです。
休日のリーゼンクワッドをぼっち乗りできるなんて贅沢な気分。

リーゼンを数本滑ったら、コブを求めて北尾根に移動。
北尾根はスネ丈の新雪でモコモコでしたが、あっという間にコブ斜面に育ちました。
さすが八方のコブ掘り職人は仕事が早い!

北尾根の上・中・下段、新コースを滑り、久々の天然コブを堪能するも束の間、
あっという間にお昼になり、泣く泣く名木山に帰ります。
やっぱり咲花ベースのほうが楽だなぁ。





第3Pに戻って昼食を摂っているうちに、アルペンクワッドが動き出したようです。
喜んで兎平に上れば、わずか1時間ほどで、滑り出し部分にコブが育っていました。
またしても八方のコブ掘り職人の技に感服。

それにしても風が強い!
いつアルペンクワッドが運休するかヒヤヒヤです。





交通状況を気にして客が午後から一気に帰ってしまい、
ゲレンデは閑散としてしまいました。
滑る人が少なく、ウサギのメインのコブ斜面は最後までコブに成りきれませんでした。

5時まで名木山できっちり滑り、終了。
せっかくの八方だったのに、あまりコブが滑れなくて不完全燃焼… (´;ω;`)
でも、久々にリーゼンや名木山を滑って新鮮な気分になりました。





もし帰りの時間になっても中央道やR19が通行止めなら、
安房峠を越えて東海北陸道経由で帰る予定でした。
でもR19が開通したので、R19でのんびり帰ることにします。

混雑する松本のR19を避けて脇道に入り込んだら、相変わらずのボッコボコ悪路。
パリダカを激走するカミオンのようなローザの暴れっぷりで、死ぬかと思いました。

塩尻以南のR19は順調に流れ、1時頃愛知に無事生還。
ガリボコセクションでよく事故らなかったものです。

塩尻~南信州は、今回の大雪で大混乱でしたが、
山梨や埼玉方面はもっと酷い事になっていると、帰ってきてからニュースで知りました。


冬将軍様、おかげで木曽エリアのスキー場が息を吹き返しました。
でも、ドカ雪じゃなく、どうか優しく援護射撃して下さい (´・ω・`)
それと、ストーム攻撃でリフト止めるのヤメテ (´;ω;`)


関連記事

'13-14シーズン8日目 きそふくしまスキー場

2014年02月17日 13:25

金曜日、再び寒波が到来し、愛知でもまた積雪しました。
もっと雪チョーダイと言い続けたら、
冬将軍様が激おこでヒャダルコを連呼してきました。

2/15・16にスキー行くんだ…それを楽しみに、
正月に休んだきり、不休で働き続けた夫。
そんな夫が楽しみにしていた唯一の連休を狙い撃ちにするなんてヒドイ! (`;ω;´)

中央道も長野道も、すでに中津川以北通行止め。
先週の積雪の影響もまだ残り、塩尻松本周辺は交通麻痺気味。
さすがの私も、今週はスキーに行くのは止めようと言いましたが、
スキー禁断症状の夫は白馬行きを諦めません。
愛知でも雪が降りしきる中、スキーに行く準備を進めます。





21時に出発して小牧から中央道に乗り、恵那峡SAにピットインし、0時まで仮眠。
0時になっても、もちろん中央道の通行止めは解除されません。
中津川ICで降り、R19で北上しますが、
木曽福島を過ぎた宮ノ越辺りで車列が動かなくなりました。

時間は3時。
なぜ渋滞しているのか、車列がどれだけ先から続いているのか、全く分かりません。
眠いのですが、いつ車列が動き出すか分からないので、寝るに寝られません。
それよりもトイレ行きたい…。





車列がピクリとも動かず、停滞すること4時間。
いつ渋滞が動き出すかと待ってるうちに、夜が明けました…。

夜が明けて情報収集したところ、
R19は雪崩やスタック祭りで、日出塩~宮ノ越の区間は通行止めになっていると分かりました。
伊那へと抜けるR361権兵衛トンネルも通行止めで、全く塩尻に抜けられない状態だったのです。
交通手段を断たれ、立ち往生してドライバーが寝落ちしたトラックの車列に、
何も知らずに、いつ渋滞が流れるかドキドキしながら寝ずに並んでいた私と夫涙目 (´;ω;`)

トイレの我慢がもう限界!と焦る目に、近くの神社のトイレが飛び込んできました。
しかしR19から神社までの道は大雪に埋もれて、近づくのも至難の業。

とにかくトイレに行きたい!という一心で、
夫と私は腰まである積雪を懸命にラッセルして、神社のトイレに辿り着き、
我慢に我慢をかさねた緊張を開放することができました。
あぁぁ神様トイレをありがとう!





夜明けとともに大雪が降りしきり、みるみる雪が積もりはじめました。
あっと言う間にスネまで積もる勢いで、
このままでは足元が埋もれ、余計に動けなくなります。
この車列から脱出したいのですが、
ローザの巨体がUターンできる場所ではありません。

チェーンを巻き、安全にUターンできる場所まで反対車線をバック走行して、
やっと車列から脱出できたものの、どう頑張っても白馬には行けません。





白馬行きを諦めて、木曽福島まで戻って、きそふくしまスキー場にやって来ました。
9時半過ぎにスキー場に到着したのですが、駐車場はガラガラです。
夫は力尽き、今日は滑らずに車内で寝るとのこと。
私と子供達だけで、ゲレンデに向かいます。





ゲレンデは、半分幅ほど急きょピステンでパックし直たようですが、
未圧雪部では新雪がヒザ丈までガッツリと積もっています。
重い雪で足が疲れましたが、フッカフカの新雪ランが出来ました。
大雪によるゲレンデ整備が遅れ、やっとクワッドが動き出したのは11時前。





13時半、センターハウスにて、
バレンタイン企画で手作り生チョコのプレゼントがありました。
とても濃厚で美味しかったです。





クワッドが動き出してからは、ずっとシークレットBを滑りました。
残念ながら、新雪に埋もれてしまってコブ練は出来ませんでしたが、
不整地の練習とばかりに、モッコモコの重雪斜面をヒィヒィ言いながら滑りました。

雪が重くて疲れるばかりで、正直楽しいとは言えないコンディションでしたが、
スキーが出来ただけでも幸せだ!

この日の木曽エリアのスキー場は、どこも従業員がスキー場まで辿り着けず、
きそふくしま以外のスキー場は全て臨時休業だったようです。
なので昼からは意外なほどお客さんが増えました。

今日はやたら放送で、
「このスキー場はスキーヤーオンリーです。ボードは滑れません!」と訴えてるなぁと思ったら、
やぶはらやチャオやマイアやおんたけに行けないスノボ難民が、
きそふくしまに押し寄せていたようです。

夕方になっても、中央道とR19の通行止めは解除されませんが、
権兵衛トンネルは通行止めが解除され、伊那まで行けるようです。
夫は、権兵衛を抜けてR153で北上し、まだまだ白馬に行く気満々です。

17時、きそふくしまスキー場からR19に出たものの、渋滞でピクリとも動きません。
昨日と同じく律儀に並んで、車列が動くのを待つこと5時間…。

シビレを切らして、通りがかりの地元の人に状況を聞いたところ、
昨夜と同じく、R19開通待ちで寝落ちしたトラックの車列に並んでいるだけだと判明。
宮ノ越の町中の抜け道を聞き渋滞をパスしますが、町中は全然除雪が行き届いておらず、
ボッコボコに踏み固められて、タイヤがとられ全くハンドルが利かない状態。
ロデオのように暴れるローザを必死にコントロールしながら、
R19とR361の分岐まで抜け出した時にはもう22時。





R19からR361へと進み、無事権兵衛峠を越えてR153に出たものの、
その先のR153がスタック祭り開催中で通行止め。
R153からR20へと抜ける峠道へ迂回させられますが、
そこでもトレーラーが立ち往生して、重機による引き揚げ作業で渋滞。
この待ち時間に、2度目のチェーンを巻きます。





やっと開通したものの、またしても前方のトレーラーがスタックして脱出待ち。
その後、乗り捨てられた別のトレーラーが邪魔でそのトレーラーが離合できず立ち往生。
あっちでもこっちでも、渋滞を作ってるのはトレーラーばかり。
もうトレーラーは雪道走るなよ!と怒りがこみ上げてきます。

3時頃、ぐったりしながら塩尻市内に到着し、西友でトイレを借ります。
物流が滞り、惣菜やパンがほとんど売り切れ。
空前のドカ雪が降った塩尻ですが、
市街地は除雪した雪の置き場が無く、そこら中が雪の山だらけでカオスな状態です。

一番カオスだったのは、池田町内のr51でした。
堤防道路は危ない、たぶん市街地のほうが除雪されてると予想してr51を進んだら、
全く除雪されておらず、宮ノ越のガリボコセクションを上回る極悪なガリボコっぷりで、
いつ横転してもおかしくないほど暴れまくるローザ。
たまらず堤防道路に抜けたら、堤防道路ではしきりに除雪車が走り回っていました。
しかしブルが掻いた後もボコボコ路面で、
安曇野エリアの除雪の下手くそぶりを痛感しました。

そんなこんなで八方に到着した時には、朝の5時。
結局、塩尻から白馬までチェーンが外せないほどの圧雪路でした。
木曽福島から白馬まで来るのにかかった時間、なんと12時間!
そこまでして八方に連れて来てくれた夫に感謝!

果たして、夫の執念は報われるのか!?
2日目に続く。





関連記事

初積雪

2014年02月08日 22:36

行方不明だった冬将軍様が、寒気をたっぷりチャージしてご来日。
やっと名古屋でも初積雪です。
ウェルカム将軍様! ヽ(*´∀`)ノ

さっそく雪かきするよ!
午後から雨になって積雪は全部溶ける予報だから、わざわざ雪かきする必要はないのですが、
雪かきがやりたいのよ!
雪かき楽しいじゃん!





足場のような板を自転車で牽引して雪かきを試みる長男。
雪をかいてるんだか、撒き散らしてるんだかビミョーな性能のマシンです。
それよりも、なにその季節外れな麦わら帽子は。
こんな格好ですが、本人は大真面目です。
でも、つい笑ってしまいました。





私が雪かきしている横で、楽しそうに積雪をこねくり回す子供達。
水分のない雪だったなら、もっと雪で遊べたのに、残念。

この後、予報どおり雨となり、積雪はほとんど消えてしまいました。
名古屋の雪は儚いね… (´;ω;`)


関連記事

'13-14シーズン7日目 きそふくしまスキー場

2014年02月03日 11:58

今回も、私と子供達だけでのスキーです。
夫は忙しすぎて、スキーどころではありません。

消費税UP前の駆込み特需で、建設業界は秋から大忙しです。
夫も12月からずっと土日も無休で働き詰めで、休めたのは正月だけです。
とーちゃんお疲れ様…と口では労いつつも、
とーちゃん抜きでスキーを楽しむ薄情な私達 (;´Д`)





3時に出発して、下道でトコトコやって来ました、きそふくしまスキー場。
多治見で7℃、木曽福島に到着しても2℃、
一番冷え込む時間帯にプラス気温という、驚異的な暖かさです。
そして、南木曽辺りから雨が降ってきました。
スキー場では雪だろうと思っていたのに、スキー場に着いても雨のままでした。

小雨なら気にせず滑るのですが、
車の外に出るのを躊躇するほどのどしゃ降りです。
滑る?帰る?どうする?と、車内でダラダラ過ごしていましたが、
10時くらいになってやっと小雨になったので、意を決してゲレンデに出ます。

上部ゲレンデでは明け方まで雪だったようで、5cmほど新雪が積もっていましたが、
ほとんどミゾレのようなシャビシャビの新雪で、
板がとられるわ、つんのめるわで滑りにくい状態。

長男が1本目でさっそく板をとられて転び、左手の親指を捻挫。
痛くてメゲてしまい、それ以来センターハウスに引っ込んでしまいました。
次男も、雨でテンションが上がらず、ろくに滑らなかった様子。

かーちゃんは雨をもろともせず、独りキャッキャと滑って楽しみます。





前回あったスカイコースのコブと、シークレットAのミゾコブは、
均されてしまい、今回はありませんでした。
Cダッシュもクローズされており、今回はコブ無しか…とガッカリしていたら、
シークレットBの脇に2本のラインコブを発見。

深くはないけど、やたらデカいコブで、
ジェットコースターのように右へ左へ振られて楽しい!
しかも高速クワッドだけでコブをローテできて、こりゃイイぞ!

昼食の時間は、子供達だけで車内で勝手に持参した弁当を食べてもらって、
私は食事もせずにコブを楽しみます。

途中、検定でコブが立ち入り禁止になったり、クワッドが停止したりしましたが、
その時はスネーク~テンダークロスを楽しみました。
上部ゲレンデは新雪が雨を吸った分、グズグズで重い雪でしたが、
下部ゲレンデは雨でも雪質が良く、板が走って滑りやすかったです。

結局、一日中小雨が降り続き、全身ビショ濡れになりました。
でも気温が高く、コブで動き回っていたので、寒くはありませんでした。
4時頃になって、やっと雨が上がり日が差しました。
帰り道に実家に寄り、R41経由で帰って20時に帰宅。

木曽はもともとそれほど雪の多い地域ではありませんが、
雨が降ったり、コブ底に石が出てきたり、雪が少なくて地面が見えてきたりと、
2月になったばかりなのに、木曽は早くも春スキーのような状態です。
木曽に近い私の実家でも、
「雪が降らない、今年はまだ一度も雪かきをしていない、異常な暖冬だ。」と言っていました。

日本海側のように、降る所ではたくさん雪が降っているようですが、
少なくとも木曽方面では暖冬です。
名古屋でも、雪がちらついた事はありましたが、今シーズンはまだ一度も積雪がありません。

冬将軍様どこでナニやってんの!
ぜんぜん雪と寒気が足りないよー! ヽ(`Д´#)ノ プンスカ


関連記事

'13-14シーズン6日目 ヘブンスそのはらSnow World

2014年02月01日 08:59

今回は平日ヒトリストです。
子供達を学校に送り出した後に出発し、9時半過ぎにヘブンス到着。
R41が混雑していて、小牧から園原まで目いっぱい高速を使ったのに2時間かかりました。





ヘブンスのHPに、パノラマのコブがなかなか育たないと書いてあったけど、
来てみたらたしかに、ただ雪の山が盛ってある状態から誰も育てていません。

なので今日は、パノラマのコブ育成に専念します。
おばちゃんがコブコブにしてやんよ! ( ・ω・)=つ≡つ バババ





今日は暖かい日となりました。
ただでさえ少ない雪が、どんどんドロドロに緩んでしまい、
1月の雪とはとても思えない、まるで3月のようなクサレ雪状態に…。

しかし正午頃から多少冷えてきて、
ドロドロバーンがそのまま凍ってガリボコになってきました。
クサレ雪でもガリボコ雪でも、それぞれ練習になっていいのですが、
足がモーレツに疲れます。

しかも今日は仕事明け、20分ほど仮眠しただけなので、
リフトで寝落ちしそうなほどヘロヘロです。





経費節約のためゲレ飯は我慢しようと思っていたのですが、
腹の虫がギューギュー鳴るのが止まりません。
ケータイのバイブと間違えて紛らわしいので、急きょゲレ飯チャージ。
次回はウィダーインゼリーかなにかを持ってこよう…。

ソースカツ丼を胃の中でシェイクしながら、
ひたすらコブを掘る!掘る!





私以外にも数名がコブ掘りに参戦して、
なんとかここまで育てました (゚∀゚)ゞオツカレー
まだまだ浅いけど、お子ちゃま達、週末に遊んでね。

日が傾いてきて、ゲレンデから人の気配がどんどん消えていき、
数人しかいなくなりました。
心細くなり、私もゴンドラに乗って麓まで降りてきたのですが、
時計を見たらまだ15時でした。

中央道を走って帰りますが、睡魔に負けて内津峠PAにピットイン。
ETC通勤割引の時間帯になるまで、シュラフに潜り込んで仮眠した後、
高速を降りて帰宅しました。

ヘブンスさん、またコブ掘りに行きますので、温存しておいて下さい。
あと、ラインが短くて物足りないので、
リフトの3番柱辺りまでラインを延長してくれると嬉しいです。

それにしても冬将軍どこ行った!
木曽への弾幕薄いよナニやってんの! ヽ(`Д´#)ノ


関連記事


最近の記事