彷徨えるRaziko

2014年06月28日 06:00

この前、Razikoの強制アップデートが来たのですが、
GooglePlayがエラーになり、どうしても起動しませんでした。
Razikoのためにスマホを維持していると言っても過言ではないほどのRaziko依存症の私、
どうしてもGooglePlayに目覚めてもらわなければならず、泣く泣くスマホを初期化しました。

いつもGooglePlayを利用した後は、少しでも空きメモリーを稼ぐために、
強制インストールされるGooglePlay開発者サービスを速攻でアンインスコし、
GooglePlayのデータも全て削除していたので、
それが原因で正常に作動しなかったようです。

電話帳はノートン先生のバックアップを復帰させるだけだし、
買った有料アプリもGooglePlayのキャッシュから無料で再DL出来たので、
初期化→復帰は簡単だったのですが、
ノートン先生だけ、改めて3065円/年の月謝をとられちゃいました。
まだ有効期限が半年残ってたのに… (´;ω;`)

これを機に、GooglePlayも開発者サービスも、むやみに消さないようにしました。
あと、初期化→復帰が楽になるように、アプリを全部バックアップ取っておきました。

それにしても、GooglePlayも開発者サービスも、なぜあんなに激重なのさ。
こちとら、ただでさえ古い機種でメモリーがカツカツなのに、
この2つのアプリがキャッシュやアップデートをどんどん貯め込んでデータを膨らませ、
すぐスマホを不安定にしてしまいます。
バックグランドでスパイ活動してそうだし…。
ただアプリを配布&管理するだけの事で、
なぜ2つも重いアプリを常駐させる必要があるんだよ、どっちかに集約しろよ! ヽ(`Д´#)ノ

ご存知の通り、4月からradiko.jpで全国チューニングが出来る有料サービスが始まりましたが、
その代わり、radiko.jpに寄生しているRazikoが一歩退いて、
全国チューニングが出来なくなりました。




しかしRaziko現行バージョン(1.1.0212)から、エリアを記憶してくれる機能が付いたので、
位置情報ONで地元エリア、位置情報OFFでキャッシュエリアが受信できるようになりました。
しかもRaziko拡張では、2つのエリアをまたいで予約録音できる神っぷり!

実は位置情報OFF状態の時のエリアは、裏技を駆使して好きなエリアを選べるので(詳細は内緒)、
私は位置情報をON/OFFして、地元(愛知)と指定(主に大阪)を切り替えています。
全国の放送が聴ければ一番嬉しいのですが、
とにかく愛知と大阪さえ受信できれば、万々歳です。

そりゃ、ちゃんとまともに受信できるんなら、radikoプレミアムを契約してもいいよ。
でも、起動に位置情報を請求し、エリアを拾うのに3分くらいかかり、
そのクセ全然受信出来ずすぐフリーズするダメダメアプリだもん。
それに、聴きたい番組が全部夜の為、仕事で聴くことが出来ない私には、
どうしてもRaziko拡張の録音機能が必須なのです。

radiko.jpとの兼ね合いで、4月以降、何度も仕様変更し続けているRaziko。
使いにくくなってしまいましたが、削除せず、更新し続けてくれているだけでも感謝です。
なんとか裏技が塞がれる事なく、このまま存続してくれる事を切に願います (m´・ω・`)m

頑張れRaziko!




関連記事

ミドリガメ 2匹目

2014年06月27日 06:49



お義父さんが、近くの川でミドリガメの子供を拾ってきました。
今年の春に孵ったばかりという感じの、4cmくらいしかない子ガメです。
こりゃたしかにカワイイ!
思わず拾っちゃいたくなるほどカワイイ!
…だけど、
じーちゃん、気安く拾ってきちゃダメェェェェ! ヽ(;´Д`)ノ

義父が、姪や甥を喜ばせてあげようと拾ってきたのですが、
まだ幼い姪や甥は、親からカメを飼う許可が下りませんでした。
といって、この子をまた川に放棄するわけにもいかず、
結局、長男が引き取り、自分のミドリガメと一緒に面倒を見ることになりました。

まさかのカメ2匹飼いに突入です (;´д`)





もうね、1匹も2匹も、大して手間は変わりません。
こうなったら、一緒に大きくなりなさい。

去年からいるカメは、冬を越して春になったとたん、急に大きくなりました。
子ガメも、この1ヶ月のうちにちょっと大きくなりました。
今のところ、とても仲良く共存しています。

いつも大ガメの背中に子ガメが必死にしがみついていて、その姿が笑えます。
子ガメが自分の口より大きなエサに一生懸命かぶりついている姿にも笑ってしまいます。
大ガメも相変わらずとぼけた仕草でカワイイし、
つい時を忘れて、ユル~い2匹を眺めてしまいます (*´∀`)


関連記事

幼稚園バスでキャンピングカーを作る その44

2014年06月26日 06:30



ローザの屋根に、ルーフキャリアが付きました。

いただきもののキャリアで、
元はサーフだかランクルだかに付いていたものだそうです。





普通サイズの車なら縦に付けるラックを、
ローザの幅に合わせて、横向きに取り付けました。





専用固定金具など無いので、固定金具を自作。
なにかエクステリア建材を加工して、レールに噛ませて固定しています。
今度は、リアにハシゴを付けるそうです。





先日完成したテーブルですが、
脚板が思ったより幅広で、足の出し入れがし難いと書きました。
あれから、夫が少し脚板の幅を削りました。
パッと見、大して変わっていませんが、段が付いて五角形だった板が、
三角形になっていました。
脚の固定具はまだ付いていませんでした。

続く。


関連記事

郡上八幡 オートレストラン24

2014年06月23日 08:48



今やすっかり絶滅危惧スポットとなってしまった、オートスナック。
(オートレストラン、コインスナック、ドライブインなどなど名称は色々)
特に愛知岐阜はもう全滅寸前です。
昔は国道沿いにいっぱいあって、楽しかったのになぁ。
コンビニや道の駅はたしかに便利だけど、画一的でつまらないのよ。

私の散歩範囲で、昔から今でも残っているオートスナックは、
郡上八幡のR156沿いの箇所と、R19内津峠の多治見側の箇所、
R23長島PAの箇所ぐらいでしょうか。
でも長島と内津は、現代のニーズに合わせた普通のドライブインへと進化してしまい、
レトロなオートスナックとは言えない状態です。

というわけで、愛知岐阜辺りで現存する唯一なのでは?と私が勝手に思っている、
R156のレトロオートスナック・オートレストラン24の紹介です。

建物には24と掲げられていますが、24時間営業ではありません。
私が郡上を通過する時は、大概早朝か夜なので、
いつも時間外で閉まっていて、なかなか寄れませんでした。

先日小松に行った帰り、
やっとオープンしているオートレストラン24に寄る事が出来ました。





中には、お約束のレトロな自販機が並んでいます。
しかし、全て休業中。
レストランと名乗っていますが、店の外のジュース自販機以外食べ物はありません。

店の大半を占めるのは、パチンコ&スロット。
雰囲気的に、レトロなハネモノを置いて欲しいところですが、
残念ながら、電飾のケバい最新の台がズラッと設置され、ピカピカと光り輝いています。
台は全て10円で遊べます。
一台だけハネモノがあったので、30円だけ打ってみました。

UFOキャッチャーの景品もイマドキのモノでしたし、
あとは上海があったくらいで、めぼしいレトロゲームはありませんでした。
と思ったら、店の隅に…




ナムコのノックダウン!!
化石筐体キターーー!! ヽ(゚∀゚ )ノ

Wikiで調べたら、これは'81年登場の初代モデルです。
グローブのボロ具合が、年季を物語っていてイイですねぇ!
当時は他にも、マイクタイソンのヤツとか、力士の腕相撲のとかあったよねぇ。

殴ってみたら、56kgでした。
Wikiによると、かなりヘタレなパンチだったようです… (;´Д`)
今度寄った時は、大嫌いなヤツの顔でも思いながら殴ってやりたいと思います。

マジックミラーが無ければ、もっと写真を撮ったり遊んだりしたかったのですが、
変なヤツに思われると困るので、さらっと遊んだだけで店を出ました。
また遊びに行きますので、このスタイルのまま末永く営業し続けてくれることを願います。


関連記事

小松ツーリング

2014年06月17日 06:22

今まで土日月が休みだったのですが、4月から日曜日が出勤に変わり、
泊まりでツーリングに行きにくくなりました。
行くとしたら、日~月曜になります。
先日行った阿南も、日月ツーリングです。

日月ツーリングの場合、
日曜日は仕事(土曜から日曜にかけて)が終わった後に仮眠せず出発して、
眠さに耐えられなくなる前に現地に到着しなければなりません。
月曜日は出勤(月曜から火曜にかけて)に響かないよう早い時間に帰ってこなければならず、
なかなか遠くへ行けません。

まぁ本当にロングツーリングに行きたくなったら休みを取ればいいし、
当分は日月で近場ツーリングを楽しもうと思います。





と言うことで、
梅雨の晴れ間の日月に、石川の小松までキャンプツーリングに行ってきました。
梅雨の晴れ間も何も、愛知は入梅してもほとんど雨が降っておらず、
全然梅雨の気配を感じません。
まずは、九頭竜から六呂師高原を抜けて…





北陸随一の苔寺、平泉寺白山神社へ。
一面の美しい緑にハァハァ (*´∀`*)





白山ろく経由で小松へ行き、
小松空港近くのふれあい健康広場にチェックイン。
ところが、これが火器の使用一切禁止のキャンプ場でビックリ。
焚き火台どころか、ガスストーブもルミエールランタンも使えず… (;´Д`)





翌日、小松航空プラザで飛行機の展示を見て、





こまつの杜でコマツの世界最大級のダンプを見て、
あとは行きと同じルートで寄り道せず帰ってきました。
2日で550km、日月ツーリングではこれが限界 (´・ω・`)

詳細ツーレポはそのうちHPにUPします。
とりあえずダイジェストなツーレポでした。


関連記事

探検!鳩吹山 その2

2014年06月12日 07:45



西山に向かって歩いている…はず。
右の緑が鳩吹山、木々の隙間から木曽川と坂祝辺りの町並みが広がります。





んんん?
森の中の道を下り始めたら、道の様子が変わりました。
泥で歩きにくくなり、何度も滑ります。
沢が横切っていて、軽装なシューズじゃハマりそうな箇所も。





…池に出ました。
池なんて、コース図にあったっけ?



blog14232.jpg

道が無く、池のふちギリギリの岩を乗り越えていきます。
この辺りで、道を間違えたかな?と気付きます。
日傘をさしてキャッキャ言いながら散歩している軽装のオバちゃん達が、
こんな道を登って来たとは思えません…。

でも、岩の向こうにクッキリと踏み跡があるので、
どこかに通じているんだろうと進んでみます。



blog14233.jpg

池の正体は、人工的な堰堤でした。
池から流れ出る沢沿いに下ると、滝に出ました。
なかなか立派な滝ですが、ヤブ蚊の猛攻を受け、
とても立ち止まっていられず逃げました。



blog14234.jpg

砂防ダムの左岸から、林道に抜けました。
その出口には、立入禁止の看板が…。
これはバリエーションルートか?
なぜここに出た???



blog14235.jpg

林道に出たものの、右に行けばいいのか左に行けばいいのかも分かりません。
右に歩いていく人がいたので、私も右に行ってみると、
そこに、西山登山口が現れました。

・・・西山や北廻りルートと全然方向が違う所に下りちゃったじゃん!



blog14236.jpg

また登り返すのも面倒なので、今度は林道を左に歩いていきます。
たぶんR41の方向はこっちでしょう。

林道を進んでゲートを抜けると、寺と墓地に出ました。
グーグルマップで現在地を確認しながら、
更に歩いてR41に出て、カタクリ群生地の駐車場に戻ってきました。

カタクリ~山頂 45分、
山頂~砂防ダム 40分、
砂防ダム~カタクリ 1時間、
時間も運動量もちょうど良い散歩になりました。



blog14239.jpg

その後、バイクで道の駅日本昭和村に移動し、里山の湯をお借りしてサッパリ。
しかし露天風呂には毛虫がいっぱい浮いていて気持ち悪いです。
内湯のベンチで休んでいたら、モモ裏をハリ蟻に刺されて痛い!
虫の季節は、内湯ですら気が抜けません…。

風呂から上がったら空腹に襲われ、道の駅のベンチでおにぎりを食べました。
本当は山で食べたかったのに、あまりに早く下りてきてしまったので食べ損ねていました。



blog14237.jpg

まだ時間が余ってるし、メッシュジャケットを抜ける走行風が気持ち良いので、
そのままR41を流し、道の駅白川まで散歩。
ハム串を食べて帰りました。



blog14238.jpg

なぜ道を間違えたのか腑に落ちませんでしたが、
帰宅してデジカメで撮った画像を見返して納得。

道標の、「西山休憩舎 北廻りルート→」の案内を、
「←西山休憩舎 北廻りルート→」と見間違えたのです。
で、写真奥の森の中に入ってしまったのです。
…しかも、ちゃんと立入禁止の看板が立っているのに、それに気付いてないし。

調べてみたら、鳩吹山には他にもバリエーションルートがあるようで、
林道を歩いている時、砂防ダム以外に2箇所入り口を見かけました。

周遊できるコンパクトなルート、
適度な難易度、
眼下に広がる景色、
周辺のピークを結んでプチ縦走気分、
駅から歩いてアクセス出来る、
登山口に温泉がある、
多彩なバリエーション(非推奨)

…と、トレッキングの良い所を濃縮した、魅力的な山でした。
平日なのにたくさんの人が歩いている理由が分かりました。

残念ながら今回は西山もササユリも見逃してしまいましたが、
次は是非、虫が少ない季節に…と、
ハリ蟻に刺されてパンパンに腫れて痛いモモ裏をさすりながら、
鳩吹山再訪を誓うのでした。


関連記事

探検!鳩吹山 その1

2014年06月11日 07:11

今年の夏こそはテント担いで登山に行くぞ!…とは思っているものの、
連日の暑さで、すでにクーラー浴グータラモードに突入してしまい、
とてもテン泊山行に耐えられる身とは思えません。

すっかりタルんでしまった身と心に渇を入れるべく、
梅雨の晴れ間の平日に、近場でトレーニングをする事に。
行き先は、可児の鳩吹山。
R41を通っていると登山口の看板が出ていて、前から気になっていた場所です。





なにせ、急に思い立ったものだから、
コースを何も下調べせず、いきなり可児までやって来ました。

登山口の看板が出ている湯の華アイランドの辺りをウロウロしますが、
どこが登山口なのか分かりません。
あるのは、カタクリ群生地への案内だけ。

悩んでいたら、カタクリ群生地へ向かう道を、登山の格好をした人が歩いて行きました。
…もしかして、カタクリ群生地に登山口があるのか?





カタクリ群生地まで来たらありました、登山口。
その名もズバリ、カタクリコース。

ここで看板を見て初めて、この山のコースとコースタイムを知ります。
ふむふむ、山頂までだいたい1時間か。
それより、思ったよりルートがたくさんあるなぁ。

いつもなら、ここでコース図の写真を撮り、時々画像でルートを確認しながら歩くのですが、
低山だから迷いようがないだろうとナメて、コース図の写真を撮らずに歩き始めました。
これで、後でちょっと困るハメに。





体に負荷をかけるために、4kgほどのザックを担いでスタート。
さっそく歩き始めますが、いきなり直登でキツいです。
それより、毛虫が大量発生していて気持ち悪いです。
上からポトポト落ちてくるし、足元にもたくさん這っています。
ビッシリ敷き詰められた毛虫のウンコを踏みしめて進みます。





20分ほどで、小天神休憩舎に到着。
ここはスルーして、どんどん登ります。





いやぁ、蒸し暑いなぁ!
デブには堪える暑さです。
体中から冷却クーラントがダダ漏れで、早くもタオルがビッショリです。

平日だから誰もいないだろうと思ったら、
夏の表銀座かと見紛うほど人が多く、ビックリです。
しかも、ベラベラギャハハとおしゃべりしながら、
散歩感覚で歩くおばちゃん団体が多いです。
それだけしゃべりながら登って、よく息が上がらないなぁ、と感心します。





大天神休憩舎を通過し、出発から45分ほどで頂上に到着。
キツい登りでしたが、さすがにちょっと歩き足りないなぁ。

他の登山者の方から、この先でササユリが綺麗に咲いている、との情報を得ました。
西山だの北廻りだのと言ったルート名が出てきましたが、
鳩吹山が初めてで、コースマップも無い私にはチンプンカンプン。





このまま来た道を下るだけでは物足りないので、西山に向かって行きます。
稜線沿いの気分の良い道で、プチ縦走気分が味わえます。
全然道が分からないけど、たぶん、行けば分かるさ。

その2に続く。


関連記事

幼稚園バスでキャンピングカーを作る その43

2014年06月09日 06:55



その23で夫が突貫で仮設してくれたテーブルですが、
なかなか新しいテーブルを作ってくれないまま、
結局3シーズン使いました。
ボロい、という以外は、使い勝手が良かったテーブルです。





で、やっと新しいテーブルを作ってくれました。

3列シートの展開に支障が無いように、テーブルは取り外しが出来ないと困るので、
取り外して折り畳んで収納出来るテーブルになっています。





テーブルを設置した姿。
さすがに仮設テーブルと違い、グッと見栄えが良くなりました。

でも天板がメラミンで食器が滑るので、
液体をこぼして、シートや床のカーペットに直撃して汚れる惨事が、早くも目に浮かびます…。





テーブルの固定は、窓の桟に引っ掛けてあるだけです。






脚板は、今のところ固定していませんが、勝手に倒れないよう固定フックを付ける予定。
どう固定するかは考え中だそうです。

それより、安定性を出すために脚板を幅広くしたので、
テーブルの下に脚を入れにくくなりました。
ツルツル天板や脚板の不便さには、慣れが必要です。





余談ですが、前回作ったベッドの脚は、
固定でなく、分解出来る仕様でした。





このように、ベッドをバラして片付けて、広い荷物スペースに出来ます。
我が家では需要がないギミックですが、
夫が大人数で乗り合って釣りに行く時、ここにクーラーボックスが山積みになるそうです。

また夫が何か作ったらUPします。



関連記事


最近の記事