ハワイアンソング

2015年01月24日 14:45

寒くてコタツムリな毎日ですが、
その分、ウクレレの練習が捗ります。
最近は1日2時間くらい弾いて遊んでいます。

わざわざ楽譜を買わなくても、
今はネットで様々な曲のコード譜が見たい放題です。
いい時代になったものです。

でも、以前書いたとおり、私はヒジを痛めているので、
長時間ウクレレを弾いていると、肘が痛くて辛いです。
市販のウクレレストラップ(ホールに引っ掛けるヤツ)を使ってみたけど、
ボディをホールドしなければならない事は同じで、
解決になりませんでした。





ウクレレの底に、ストラップエンドピンを付けてみました。
これでギターのようなストラップがウクレレにも付けられ、
ウクレレから手を離す事が出来ます。
ネックを握ったりボディを脇にホールドする負担が軽減しました。

私は無知なので、何も考えないでテキトーにピンをねじ込みましたが、
先生いわく、私のウクレレは(フェイマスFS-1)、
たまたま底面に接ぎ木があって分厚くなっているので、
そこにピンをねじ込んでも問題なかったようですが、
サイドが一枚板で出来たような高級ウクレレの場合、
ピンを打つとそこから割れるので止めた方がいいとの事です。
まぁそこまで高級なウクレレなら、最初からストラップピンが付いているでしょうがね。





ウクレレやフラは巷で流行っていますが、
その中に、ハワイアンソングに詳しい人・歌える人は、実は殆どいないそうです。

私が属しているウクレレサークルで習う曲は、ハワイアンソングが主です。
先生が日本のウクレレやフラの世界でけっこう有名な方で、
今はそんな先生から直接ハワイアンソングやウクレレを習える機会に恵まれています。

私も最初のうちは、単調なハワイアンソングに興味がなく、
1年くらいは全く練習をしなかったのですが、
せっかく縁あってハワイアンソングに明るい有名な先生の下で習っているのだから、
習えるうちに1曲でも多くハワイアンソングを覚えてやろうと、
最近練習に目覚めたわけです。
そんな特殊な世界に足を突っ込んでみるのもいいではありませんか。

ハワイアンソングはコードは超簡単なのですが、
歌詞のハワイ語が難しく、まるで般若心経のようです。
そんな歌詞が1曲につき5番くらいまであって、
覚えるのが大変アルよ… (;´Д`)


関連記事

映画#9 電人ザボーガー

2015年01月22日 15:45





電人ザボーガー
2011年/日
[監督]井口昇
[出演]古原靖久/板尾創路



[あらすじ]

悪の組織シグマの総統・悪ノ宮博士は、
人細胞を侵略ロボット兵器の材料にするために、有能な人間を襲い始めた。
かつて悪ノ宮に父親を殺された大門豊は、
ロボットとして生まれ変わった双子の兄・ザボーガーと共に、
悪ノ宮の野望を阻止するために立ち上がる。



[感想]

’70年代にTV放送された特撮ヒーロー作品の映画化。
2部構成になっており、前半は若かりし頃の大門とシグマとの戦い、
後半はその25年後、挫折して正義の心を捨てた壮年の大門が、
再びシグマの野望阻止に立ち上がるストーリーとなっています。

このCG全盛期に、あえて当時のユルい特撮を再現し、
ザボーガー世代が抱える加齢問題や、その世代が好きそうなお色気も盛り込んで、
なんでもアリなVシネです。
TV版を知らない人が見たら、ナンジャコリャ感に失笑してしまいますが、
ザボーガー世代には、その絶妙なオリジナルリスペクトっぷりにニヤニヤが止まりません。
主人公や物語の設定、悪の幹部やメカに至るまで、忠実にTV版を再現した事が、
EDで流れるTV版の映像で分かります。

青年期の大門役の人、ゴーオンレッドだねー!
観てる時は気付かなかったけど、言われてみればそうだ彼だ!
なんか石川遼に似てるよね。
暑苦しい大門をよく再現していて素晴らしかったです。
一方、板尾は大根過ぎて、観てて辛かったです。

ZXRやアネーロといった、一時期のカワサキバイクに付いていたエアダクトが、
よく洗濯ホースだ、ザクパイプだと呼ばれていましたが、
正直、アレは何のために付いているのか長年の謎でした。
この映画を観て、あのカワサキのアレ、
実はザボーガーの腕なのかも知れない…と、ふと思いました。


関連記事

'14-15シーズン6日目 ダイナランド

2015年01月21日 07:03



1/18。
昨日より客が多く、am7時の段階ですでにアルファは大行列です。
駐車場も7時にはパーブの下まで埋まってしまいました。





朝日を浴びながら朝一ダウンヒル。
モッコモコだった昨日の新雪がビシッとパックされて、
今日はピカピカのピステンバーンで、滑りやすくて気分爽快!





高鷲SP側のテクニカルコースにラインコブが1本見えたので、
ちょっと偵察に行ってみます。





テクニカルのコブは掘れすぎてて、私では難しかったので撤退。
でも偶然、綺麗なサンピラーが見られました。
上の写真の真ん中に写っている、光の柱がサンピラーです。
実際はもっと綺麗だったのですが、スマホじゃ巧く撮れませんでした…。





という事で、2日目もダイナのモーグルコブで練習。
昨日より掘れてしまい、下地が出てガリガリ、
昨日より難易度爆上がり… (´;ω;`)





モーグルコースはガンマクワッドのすぐ下なので、
リフト乗車中の人から丸見えです。
コケ姿を晒しまくりで恥ずかしく、モーグル練習なんて止めたい気分。
そんな時、乙女コースの脇にラインが出来ているのを発見しました。





さっそく乙女脇のラインで練習開始。
最初のうちは、まだ掘れたてで滑りやすかったのですが、
みんなこのラインを見つけて流れてきたため、
滑る人が多くなり、あっと言う間に深くなってしまいました。

午後からも、リフト終了までずっとこのラインで練習。
難しいですが、モーグルコースより気を使わなくて楽です。

2日間、慣れないラインコブを練習したので、
モモがありえないほどの筋肉痛になってしまいました。
頑張ってラインコブを練習して、
いつかあのモーグルコースをカッコよく滑れるようになりたいなぁ… (;´Д`)

18時にダイナ発、恒例の東海北陸道の渋滞を耐えて、
20時に帰宅しました。


関連記事

'14-15シーズン5日目 ダイナランド

2015年01月19日 13:45



今週は、久しぶりの奥美濃です。
23時に愛知発、2時にダイナランド着。

am5時に起床。
起きてビックリ、たった3時間で20cmほど積もりました。
サンライズ営業で5時から動き出したアルファクワッドが、
さっそく新雪狙いのボーダーさんを運んでいました。
サンライズを滑るつもりで早起きしましたが、
寒さと積雪に萎えて、車内でダラダラ。





7時くらいからやっと滑り出しましたが、
ダウンヒルは新雪が重くてモッコモコで疲れます。
ベータクワッドが動き出すまで、
から松の緩斜面の新雪を蹴散らして遊びました。





ベータが動き出したので、
初めて、ダイナから高鷲スノーパーク側へと行ってみました。

高鷲SPは10年以上前、オープン初期に一度行った事があるのですが、
どんなスキー場だったかは、全く記憶がありません。

まずは、チャンピオンコースへ行ってみたものの、
新雪モコモコで滑り辛く、コブも無く、面白くありませんでした。
最寄のチャンピオンクワッドは運休中、ゴンドラは鬼のような大混雑…。
SPで滑るのは早々に諦めました。
パノラマ&ダイヤモンドクワッドも混んでいますが、
ちゃんと一人用レーンがあり、
リフト係さんが問答無用でギューギューと押し込んでくれるので、
一人レーンの回転率は素晴らしい!





ダイナ側に戻ってきました。
初めてモーグルコースに行ってみます。
モーグルコースは入口が分かりにくく、
3回もガンマクワッドを乗り直しました。

モーグルコースはダイナのコースマップでは中級に分類されていますが、
どう見ても超エキスパートコースでした…。
斜度は20度しかなく、モーグルコースとしてはたしかに中級レベルですが、
ズルドニストが気安く滑れるレベルではありません。

ただ、新雪のおかげでラインはフカフカ、
ズルドンでもなんとか滑れる難易度だったので、
パーク閉鎖の15時まで、ここで練習しました。
凄い上手なモーグラーだらけで、
その中にヘタレが混じって流れを悪くするのは恐縮してしまいますが、
他にコブが練習できるバーンがありません…。





長男が15歳になったので、車中泊ケーキです。
あと4年で雪マジ19だよ!





ダイナでは2月末まで、土曜日の20時に花火が上がります。
想像以上に大規模な花火で綺麗でした。

モコモコ重雪と不慣れなモーグルのせいで、
早くもビビり筋肉痛でモモがガクガクです。

2日目に続く。


関連記事

ラジカセ萌え その3

2015年01月13日 17:55



久しぶりのオーディオネタです。

夫がSONYのコンポを貰って来てくれました。
くださった方、どうもありがとうございます!

お約束のように駆動部のベルトがダメになっており、
CDもMDもトレイが出てこない状態でした。
夫がバラしてベルトを交換してくれたら、
どちらも動くようになりました。

その2で出てきた、リビングのケンウッドのCD&MDミニコンポは、
現在次男が使用中です。
ミニコンポが抜けてテレビ台の下に空いたスペースに、
新しいSONYのオーディオを無理やり押し込んで納めたものの、
スピーカーのやり場に困りました…。




調べたら、どうやら15年ほど前の製品のようです。
5連CDチェンジャー&5連MDチェンジャー搭載です。
ボタンいっぱい!派手なグライコ!
ガチャガチャイジって遊びます。





時代はMDだぜヒャッハー!
…と当時は思ったのに、MDの時代は本当に一瞬でしたね…。
MDの使い方をろくに覚えないまま、音楽はデータの時代になってしまいました。





で、置き場に困ったスピーカーは、ごらんの配置に…。

家具調のテレビ台は、15年ほど前に夫が作ってくれたものです。
薄型テレビを置く前提で設計してあるテレビ台なのに、
年代物の大きなブラウン管テレビを2台、強引に並べて乗せています。
一台はテレビ視聴用、もう一台はゲーム&VHS用です。
来訪者がもれなくビックリする、この異様な配置と時代錯誤な機器たち…。

いつかは薄いテレビが欲しいのですが、
一向にブラウン管が壊れる気配がありません。
液晶もプラズマも4Kも、我が家に縁のないまま時が経過していきます…。


関連記事

映画#8 ゲド戦記

2015年01月10日 18:32





ゲド戦記
2006年/日
[監督]宮崎吾朗
[出演]岡田准一/菅原文太



[あらすじ]

アースシーの世界では、物事の均衡が崩れはじめていた。
魔法は効力を失い、竜が血迷い、人々の心が闇に支配されていった。
エンラッド国の王子アレンも、闇の心に惑わされ、
我を失って衝動的に父親である国王を殺し、遁走する。
危険なところをハイタカに救われたアレンは、
世界の異変を危惧するかつての大賢人・ハイタカと共に旅し、
その中で、顔にヤケドの跡を持ち、受けた虐待によって心を閉ざす少女テルーと出会う。



[感想]

指輪物語とゲド戦記は、中学時代に夢中になった思い出の作品です。
今でも大事に持っています。

指輪物語→ロード・オブ・ザ・リングの見事な映画化の後だったので、
好きじゃないジブリがゲド戦記を映画化するという話にも期待を寄せたのですが、
観終わった後、映画館から出てきた誰もが…お通夜でした。

よくもまぁこれほど節操なく改ざんしたもんだと苦笑いしてしまいます。
監督の父親・宮崎駿原作の「シュナの旅」が、
物話の半分以上ベースになっており、
その上にゲド1~4巻の美味しいキャラを配置しただけ…。
完全に原作の陵辱です。
そりゃ原作者はもちろん、ファンも怒り心頭よ。

あんなにベラベラとおしゃべりなテルーなんて要らない!
あんなにアホの子なアレンも要らない!
テナーもハイタカも、ザ・ジブリなキャラにされちゃってゲンナリ。

真の名とか、影とか、魔法とか、人間と竜との関係と言った、
アースシーの世界観の説明が一切無いので、
物語を知らない人にはさっぱり分からない話です。
ハイタカなんてオマケ程度の存在感しかないのに、
なんでタイトルがゲド戦記なんだよ、そもそもゲドって誰だよ、
は?ハイタカの真の名がゲド?なんじゃそれ?…と悩まされた事でしょう。
原作ファンにとっては、先に述べたとおり、
これはとてもゲド戦記とは認められない愚作です。

ジブリは、派手にズッコケたこの作品にあんまり触れて欲しくなさそうですが、
ゲドファンはこの原作レイプをいつまでも恨むよ~。
まぁジブリも、いつまでも宮崎駿という「影」にすがるしかなく、
哀れだとは思います。
早く偉大な「影」から自立できるといいですね(棒)

と、なんだかんだ言いましたがこの作品、ポニョよりはマシでしたよ。


関連記事

'14-15シーズン2・3・4日目 白馬八方尾根スキー場

2015年01月07日 08:58



元日、正月スキー2日目。
本日も咲花第8Pがベース。
凄まじい筋肉痛と極寒で、テンションがダダ下がりです…。
寒い中覚悟を決めて兎平に上がったのに、上部は濃いガスで視界が全く利きません。





朝のうちはウサギを諦め、黒菱緩斜面を流します。
積雪は10cmくらいで大した事なく、気持ちよく滑れました。
しかしモーレツに寒くて、心が折れてしまいイエティに避難。
ヌクヌクのイエティでダラダラとサボります。





待てども兎平の視界が一向に回復しないので、11時頃に北尾根に流れます。
北尾根は穏やかな天候で視界も良好、
上部のガスから逃げたコブラーが集結し、
上段から下段までビッシリとコブを育ててくれていました。
ありがたく美しいコブを堪能させていただきます。

午後からも北尾根のコブでわっしょいわっしょい。
雪が激しく降りしきり、気温も寒くて辛いですが、
鼻水をほとばしらせながら、ひたすら北尾根ローテで終えました。
兎平は、14時過ぎに強風でリフト運休になったようです。
ウサギから流れてきた人で、北尾根はとても賑やかでした。

本日の温泉は、岩岳の湯。
茶色くて塩辛い、不思議な温泉です。
ブーツのタンで擦れたスネや、ヒリヒリの赤っ鼻に、
温泉の塩分が沁みまくりで痛いのなんの!





1/2、スキー3日目の朝はさささ寒いーーー!
車内の温度計が-5度を指しています。
換気の為に天井のエアベントを開けたまま寝てしまい、
朝には車内が外気と同じ気温になってしまいました。

昨夜もよく雪が降り、白馬の隣の小谷村では1日で150cmも積もったそうです。
一夜明けたゲレンデは、強風で新雪がギュッと押し固められ、
ピステンバーンのように綺麗にパックされて滑りやすかったです。

ウサギは一晩の大雪ですっかりコブが埋もれてしまいましたが、
たくさんの人が滑って、あっという間にモコモコに。
午後には、すっかりいつものコブ斜面に育ちました。

今日は客入りが多く、ウサギコブが混雑気味で滑りにくかったですが、
一日中ウサギコブを楽しみました。





1/3、スキー4日目。
昨夜の温泉は、第一郷の湯から新しく生まれ変わった八方の湯に入りました。
その後第3Pに戻らず、そのまま八方の湯の前の第2Pで車中泊しました。
雪は一晩中降りしきり、新たにヒザ丈の積雪です。
本当によく降るなぁ、今期の冬将軍様は精力絶倫です。

睡眠中ずっと鼻水が止まらず、一晩でタオルがぐっしょりになるほど鼻水が出ました。
持ってきたパブロンも全部飲んじゃって、もう薬がありません。
筋肉痛が辛かったのは1~2日だけでしたが、
コブの衝撃から頭を支えるため、首の筋はずっと痛いままです。
寝返りもうてないほど痛く、首筋をサロンパス漬けにして耐えます。





4日目も、いつもの第8Pで咲花ベースです。
ローザは結局、4日間チェーンを付けっぱなしでした。

強風の為、上部リフトやゴンドラが運転見合わせ、
名木山と咲花しかリフトが動いていないとの事。
北尾根のコブは新雪に埋もれてしまっています。
コブラーさん達に再びコブをほじくってもらうまで、
咲花の新雪バーンにシュプールをマーキングしまくって遊びます。
咲花の新雪は風でパックされて、ふるぶし丈ほどの深さしかありませんでした。





昨日に続き、ウサギ難民のコブラーさんが大挙して北尾根を攻め、
あっという間にコブを育ててくれました。
今日も北尾根でコブ祭りだわっしょい!

しかしゴンドラと上部ゲレンデリフトが運休状態なので、
北尾根クワッドは大混雑し、15分ほどのリフト待ちが出来ています。
名木山はもっと凄まじく混んでいたとの事。





リフト待ちが嫌で、車内で昼食後、
1時間以上も独りでダラダラ。
足元のガスストーブが暖かくて離れられません。
そこへ、リーゼンクワッドが動き出したとの朗報が。

客が一斉にリーゼンに流れ、北尾根クワッドが一気に空ききました。
正月スキー最終日だし、残りの体力を出し切って頑張ろう!





ラストまで、家族揃って北尾根で撮影会。
今年の正月は積雪量が多くて大変でしたが、最高の雪質でした。

白馬のイオンがザ・ビックに変わっていました。
ザ・ビックで夕食を調達し、食べながら下道を走り、
中津川から中央道に乗って、am1時頃愛知に帰宅。

という事で、今季のスキーシーズンが始まりました。
今年も、雪と行く機会に恵まれますように ヽ(´ー`)ノ


関連記事

'14-15シーズン1日目 白馬八方尾根スキー場

2015年01月05日 16:10

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします ヽ(*´∀`)ノ

正月は、毎年の如く八方尾根で山篭り修行してきました。
年末は、大掃除や正月スキーの準備に追われて風邪を引いてしまい、
パブロンとティッシュが手放せない身に…。

30日昼に愛知を出発。
岐阜の実家に挨拶に寄り、そのままR19で一路白馬へ。

寒気をたっぷりチャージした冬将軍様が、
年末から正月3が日にかけて大暴れする予報です。
さっそく大町を過ぎた辺りから道路はツルツル圧雪状態、
夜に八方第3Pに到着しましたが、この日だけで30cmくらい積もったようで、
駐車もままならないほどモッコモコに荒れています。
こりゃ明日の朝に咲花ゲレンデに行く時、和田野の森が登れないどころか、
スタックして第3Pからも脱出できそうにないので、
事前にローザにチェーンを巻いておきました。

翌31日、大晦日。
一晩中降った雪で、更に道路はモッコモコ状態に。
前日にチェーンを巻いておいたおかげで、
なんとか和田野の森を登って咲花ゲレンデ第8Pに着く事が出来ました。





咲花からゴンドラに移動し、兎平へ上がったものの、
ピステンバーンに新雪がヒザ丈まで積もり、なおも雪はガンガン降りしきり、
雪とガスで視界が殆ど無い状態。
シーズン初日から、いきなり修行コンディションです…。





スカイライン~白樺~セントラルと、積雪の少ないバーンを巡って、まずは足慣らし。
セントラル上部の未圧雪バーンに入り込んだら、雪が腰丈まであって往生しました…。
この数日でどんだけ積もったんだ一体…。





再び兎平に上がったら、
新雪に埋もれたウサギのコブバーンに続々とコブラーが突入し、
コブ掘り大会の真っ最中だったので、さっそく私も参戦します。
雪が重い!ひたすら重い!

午後からもコブ掘り合戦。
正月休みでコブラーはたくさんいるのに、新雪が多すぎて一向にコブが整わず、
16時のリフト終了時になっても、数本のラインコブが出来ただけでした。





初日からヘビーな新雪と格闘しまくったため、
太ももが乳酸漬けプルプルで、まともに歩けません。
風邪でダルく、鼻のかみ過ぎで、鼻がズルムケヒリヒリ。
これは温泉で、じっくりと体を労わらねば。

初日は、はるばる栂池の栂の湯まで遠征しました。
チェーンを巻いているので、圧雪路のクネクネ登り坂もなんとかクリアしました。




栂池から八方第3Pに帰って夕食を食べ、
ワンセグで紅白歌合戦を観て過ごします。

23時、毎年恒例の八方カウントダウンに参加するため、
第3Pからスキースクール前の会場まで散歩。
雪が激しく降りしきる中でイベントが進み、いよいよ年明けのカウントダウンです。




Happo New Year!
今シーズンも、八方で新年を迎える事が出来ました。

…残念ながら、今年は町内会の氏子総代の役なので、
年末年始は近所の神社に詰めなければならず、
八方で年越し出来ない事が早々に確定しています (´;ω;`)

続く。


関連記事


最近の記事