ちょい乗り近江

2015年06月18日 11:25



今週こそキャンプツーに行くぞ!と計画していたのに、雨予報に変わってしまいました (´;ω;`)
でも6/17だけ天気が持ちそうだったので、ちょい乗りに行ってきました。

5時から長男の弁当を作り、6時に出発…しようとしたら、
先日の恵那の林道でバイクをドロドロに汚したままだった事を思い出し、
早朝6時から急きょバイクを洗車。
家の前を通る通勤の人や、ゴミ捨てのご近所さんにジロジロ見られる… (;´Д`)

予報では、日本海側ほど天気が良さそうです。
ならば敦賀まで海を見に行くぞ!とR22を飛ばし岐阜に行きましたが、
R21のノロノロ通勤ラッシュで、早くもモチベーションダウン…。

気分転換に、米原のR8合流手前で、
中山道柏原宿に寄り道してみました。





そう言えばTVで、どこぞの池のハスが見頃だとやっていたな、
ならば烏森のハスも見頃だろうか、と、急に思い立ちました。
R8を敦賀方面でなく、彦根方面へと進路を変えます。

琵琶湖東岸は、広大な田んぼが広がります。
予想以上の晴れ空なのは嬉しいですが、暑いのは嫌だ…。





琵琶湖を横目に、湖岸道路を南下していきます。





能登川水車の案内看板に釣られて来てみました。
あぁ思い出した、ここは前にも看板に釣られて来てガッカリした場所だ。
二度も引っかかってしまったわ。





引き続き湖岸道路を南下。
…烏森って彦根辺りだった気がしたけど、こんなに遠かったっけ?

ここで初めて、地図を開いて烏森の場所を確認。
全然彦根じゃないじゃん!
彦根の南の近江八幡の更に南の、琵琶湖大橋よりもっと南じゃん!

メゲてここで引き返し、敦賀を目指そうかと思いましたが、
せっかくここまで来たんだ、ハスを観ずに帰れるか!





近江八幡に入り、近江商人の町並みの看板に釣られて、またまた寄り道。
まずは日牟禮八幡宮を参拝させていただきます。





八幡堀を散策しかけたものの、
気分が乗らず、すぐバイクに帰ってきました。
頭がガンガンと痛くて、観光に集中できません。
まだ6月で体が暑さに順応できていないのか、
熱中症になりかけているようです。





他にも、かわらミュージアムとか歴史的建造物とかあって面白そうなエリアでしたが、
今回は出直すことにします。
近江八幡には、またいつか、改めてゆっくり訪れたいです。





頭痛を我慢しながら、やっとこさ烏森までやってきました…が、
ありゃ?ハスが咲いてない!
一輪も咲いてない!
TVでやってたハスとは時期が違うのか~。
そういや、前にここへハスを見に来た時は真夏だったなぁ、忘れてたわ。

ハスの代わりにオオバナミズキンバイが満開でしたが、
この花じゃ、私の絶望感は癒せません。





時間的に、今から敦賀へ向かうのは遅いので、
山越えで帰ることにします。

R8~R1~R421と乗り継いで、東近江を抜けて永源寺へ。
途中の永源寺ダムでダムカードをゲッチュ。





悪名高き酷道R421で員弁に抜けるぞ~!
大型車避けコンクリートゲートのある石槫峠を通ってみたいぞ~!
…あれ?大型車通行不可の国道のはずなのに、大型トラックやダンプがバンバン通ってるぞ。
…あれ?峠に立派なトンネルが開通してるぞ。

R421は、峠にトンネルが開通し、道路拡張も進んで、
普通の快適国道に生まれ変わってしまいました。
一度行ってみたかった石槫峠は旧道となり、
ゲートで封鎖されていて通れませんでした (´;ω;`)
でも凄くムーディーな峠越え国道で、また走りたいです。

R421で員弁へ抜け、多度~愛西を抜けて帰りました。
ちなみに、立田のハス田でも、まだハスは全く咲いていませんでした。

今回は、260kmほどのちょい遠乗りでした。
頭が痛くて、とにかく帰ることしか考えられなかったので、
食事もコーヒー休憩も無い、味気ないツーリングになってしまいました。
帰宅後、頭痛薬を飲んで寝ました。
こうも暑いと、バイクに乗る気も萎えてきます。

次にキャンプツーに行ける機会は7月初旬です。
今度こそ行きたいです神様~ (;´Д`)


関連記事

ちょい乗り白川

2015年06月14日 09:02



6/12金曜日、
朝のうちはどしゃ降りだったのですが、10時には雨が上がりました。
遅い出発ですが、R41方面へと散歩に行きました。





雨上がりの鮮やかな新緑に包まれて快走。
飛水峡は岩ツツジの季節です。







色々な草木の香りに混じって、時々漂ってくる朴の若葉の甘い香り。
無性に朴葉餅が食べたくなりました。
早速、道の駅白川まで、朴葉餅を調達に向かいます。





道の駅で朴葉餅を購入したら、白川口まで少しR41を戻ります。





ついでに寄り道、白川に残る旧白川橋。
土木遺産に認定されています。
旧白川橋は、現在は自転車・歩行者のみ通行出来ます。




白川から黒川へと向かっていたら、
大きな黒い虫が首にヒットしたと同時に痛みが走りました。
路肩に停まってミラーで確認したら、首に針が刺さっています。
蜂が首に当たって、針だけ残ったようです。

ミラーを見ながら指で針を絞りだし、また走りだしましたが、
どんどん痛くなってきて、走行風が当たるだけでピリピリしました。
子供の頃から何度も蜂に刺されてますが、一度も大事になったことはないので、
今回も大丈夫だとは思いますが…





r70~r72を抜けて、遠ヶ根峠から林道経由で中野方へ。
雨上がりのミスティな風景が素敵でしたが、
ぬかるんだ路面でリアはズルズル。





中野方からすぐ、今日の目的地である坂折の棚田にやって来ました。





田植え直後の、青空が映る棚田の風景が撮りたかったのですが、
晴れ待ちしてもこれで精一杯…。





棚田を見渡せる休憩所で、朴葉餅をいただきます。
おおぉ、岐阜県民の魂を揺さぶるこの芳しい香り!
袋の口を鼻にあてがって、クンカクンカと朴葉の香りを堪能します。
あ、あんぱんキメてるんじゃないからね (;´∀`)





岐阜県民にとっては、柏餅より、朴葉餅がポピュラーです。
朴葉味噌や朴葉寿司も有名ですが、朴葉はやっぱり餅が一番!





この後、八百津に抜けて帰りました。
190kmほどのちょい乗りでした。

この時期の里山散策には、難点があります。
それは、栗の花が臭いんです!マジくっさいんです! (´д`|||)
栗の木を見つける度に息を止めるのですが、
そんなんじゃ息が持たないくらい、この地方はそこらじゅうが栗の木だらけです。
帰り着く頃には、せっかく楽しんだ朴葉の香りも記憶の彼方に追いやられ、
すっかり栗の花の臭いに酔ってクラクラになりました。

蜂に刺された痕は、金曜日のうちはビリビリと痺れる痛みでしたが、
2日経過した今は、アゴから鎖骨にかけてカチコチに腫れています。
痛みや痺れはなくなりましたが、無性にカユくてたまりません。
月曜になっても腫れが引かないようだったら、病院に行こうと思います。


関連記事

ピッコロウクレレ

2015年06月06日 19:57



興味本位で買ってみました。
さて、なんでしょう。
しゃもじじゃないよ (;´∀`)





何を買ったかというと、ピッコロウクレレというものです。
巷には、ベビーウクレレだの、ミニウクレレだの、ポケットウクレレだの、
色々な名称でソプラノより小さいサイズのウクレレが存在しますが、
このピッコロウクレレはその中でも、群を抜いたコンパクトっぷりです。
ウクレレで一番小さいソプラノと並べても、こんなに小さい!そして薄い!

これが他のウクレレと違うのは、
専用弦を用いて、音が1オクターブ高いチューニング設定になっていること。
12フレットでカポして弾いている音と同じです。
だからピンピンと言う、まさにノミが跳ねるようなカン高い音色です。





ボディは、トップがシダー、サイド&バックがマホガニーです。
ナチュラルカラーモデルを選んだら、木目がいかにもな杉板で、
赤福餅の箱のフタを連想します…。

弦は、AquilaのIuke専用ナイルガット弦。
普通の弦より細い作りです。
その中の一番細い1弦が、
なんと、最初のチューニング段階でいきなり切れた! (;´Д`)

いきなり弦交換作業とはトホホ。
調べたらIuke専用弦は1500円もします。
そんな高価な弦、しょっちゅう買いたくないぞ~





そこで以前思いついた、釣糸を代用する裏技の実践です。
夫の釣り道具の中から、5号のハリスを拝借。
この5号では、切れた1弦より細いですが、
フロロ製なので、簡単に切れることはないでしょう。

さっそく1弦に張ってチューニング。
なんの違和感もなく、普通に音が鳴ります。
ふははは!どうだ!切れるモンなら切れてみろ!
ひと巻200mもあるから、交換したい放題だぞ!
いつか全部の弦をハリスに交換してやる!

・・・で、肝心の使用感ですが、
まさに蚊のなくような音色で、大きく鳴らないです。
ボディが小さ過ぎて、どうホールドしていいか戸惑います。
弦の幅もフレット間隔も狭いので、指が窮屈でこんがらがります。
余計な弦に触らないよう運指に気を使い、イライラ棒でもやっているようなハラハラ気分です。
ナットに近い1Fの音が出にくく、1FをセーハするB♭系なんてスカスカした音しか出ません。

とまぁ、このウクレレを弾きこなせるようになるのは至難の技ですが、
メリットは、幅のあるコード(EとかA♭mとか)を押さえるのが楽なこと…くらいかな。
せっかくなので、もうちょっと良い音が鳴らせるよう、しばらく精進してみます。


↓この模範演奏を見れば分かる、その笑っちゃうほどのミニマム感!
そして、玄人でも苦戦する弾きにくさ!






関連記事

ユーザー車検

2015年06月04日 01:41

ユーザー車検の時は、いつも夫にネットで検査場の予約をとってもらっています。
5月中旬にバイクの車検が切れるのは分かっていましたが、
GWとかあって忙しかったので、ちょっと車検を先延ばしにしたら、
都合のつく日に全く車検の予約がとれないまま、バイクの車検が切れてしまいました。
6月に夫が仕事用の軽トラのユーザー車検に行くので、それまで待ち、
軽トラにバイクをピックアップしてもらい、一緒に受けに行くことにしました。





6月に入っても相変わらず予約が取れない状態だったのですが、
6/3は雨予報のためキャンセルが出て、なんとか2台の予約がとれました。
かくしてドナドナスタイルで、2台仲良く小牧の陸運局へ。

自動車税を口座引き落としにしていたので、まだバイクの納税証明が手元に郵送されていません。
その事に気づいたのが、車検前日の夜でした。
もっと早く気付いていれば、事前に市役所へ行って納税証明書を貰っておけたのですが、
この時期に車検を受けるのは初めてなので、迂闊でした。
朝一番に市役所で納税証明をもらうにしても、
はたして予約した軽トラの第1ラウンドに間に合うでしょうか。

車検当日、ATMのオープンと同時に通帳記入して税の引き落としを確認し、
その足で朝一番の市役所に駆け込んで、
通帳を証明に納税証明書を発行してもらい、
ついでに、口座引き落とし停止の手続きもしました。
これからは、振込み用紙の控えがそのまま納税証明になるので、慌てなくて済みます。

市役所で手続きしていたので、陸運局に到着したのは第一ラウンド終了10分前。
受付をギリギリで通過し、無事、軽トラを車検に通すことが出来ました。

バイクは第2ラウンドです。
書類を記入して受付を通し、検査レーンへ。
ライトで1回失格したものの、2回目で合格。
これでやっと、アルティシアに乗れるようになりました。

雨の日の車検は初めてだったので、
検査機の上で滑ってコケたらどうしようとビクビクしましたが、
やってみたら全然普通でした。

24歳になったアルティシア、次の車検めざしてまだまだ大事に乗るぞ!
次回こそは、早々に予約を取って、車検切れになるまでに自走で行くぞ! (;´∀`)

関連記事

ナゴヤハワイフェスティバル2015

2015年06月02日 10:04

5/29・30・31にかけて、名古屋・栄で、
ナゴヤハワイフェスティバルが開催されました。
都合がつかなくて、31日の午後2時間だけしか時間が取れませんでしたが、
私も少しだけハワイの雰囲気を体感してきました。





メイン会場は、オアシス21・もちの木広場・テレビ塔下の3箇所で、
3日間ずっとイベントが行われていました。
その3会場を繋ぐエリア一帯に、ハワイアンな出店が並んでいました。

まずオアシス21会場をのぞいてみました。
すっごい人だかりです・・・。
フラが綺麗でずっと見ていたかったのですが、時間がないので、次の会場へ。





もちの木広場のステージでも、フラが演じられていました。
こちらも、スゴイ人だかりです。
こちらの会場は、この地域のフラチームの発表イベントだったようです。
こちらも素晴らしく、ずっと見ていたかったのですが、時間が足りないよぅ。

それにしても、
私もフラ習いたいなぁ、とか、このハワイアンの曲名なんだろう、弾きたいなぁ、
…なーんて、今まで全く興味のなかったハワイ文化に興味を持つ日がくるとは、
ハワイアンイベントを見に、わざわざ栄まで足を運ぶようになるとは、
自分でもビックリです。
そのうちハワイ旅行へ!…とは、さすがにそこまで思いませんがね。





テレビ塔の真下では、ウクレレやギターによるハワイアン演奏が行われていました。
みんな有名な奏者さんなのでしょうが、
普段聞いている先生のウクレレや歌声が素晴らしいので、
それに比べると見劣りしてしまいます。
改めて先生のスゴさを実感しました。

あとは出店を回って色々と物色し、物欲と格闘し、
なんとか服一着だけに出費を抑え、急いで帰ってきました。
2時間しかなかったので、駆け足でしか見られなかったのが残念でしたが、
来年もぜひ見に行きたいと思います。


関連記事


最近の記事