famous FSM-1

2015年10月28日 18:00



10月は私の誕生月です。
で、自分へのプレゼントと称して、買っちゃったよ新しいウクレレを…。

FS-1からのステップアップで、次のモデルに求めた条件は、
●ギアペグ(フリクションペグは微調整するのが疲れる。)
●弦巻きつけタイプのブリッジ(引っ掛けタイプでブリッジの溝を壊しかけたので。)
●ソロも練習するようになったので、もう少しフレット数が欲しい。
●単板というのを弾いてみたい。

という事で選んだのは、フェイマスのFSM-1です。
単板マホガニーの14fジョイント17fのソプラノです。

実は、FS-1のブリッジから弦の結び玉が外れて溝が壊れそうになった時、
もし溝がダメになったら、FS-1を修理に出している間サークルに行けな
いと焦って、
8月にはもう代替器としてFSM-1を買ってあったのです。

でも、新しいウクレレを家族に見せたら、
ろくに弾けないクセにまた無駄遣いを…と、ゼッタイ冷たい目で見られるので、
今まで隠しており、あまり触っていませんでした。
でももう解禁してやる!ハッピーバースディ私!





FS-1と比べた、FSM-1の感想。
同じソプラノ同士で、全長も同じですが、
フレット数が多い分FSM-1の方が少しネックが長く、ボディは少しだけ小さめ。
FSM-1はテカテカのグロスフィニッシュで、高級感があります。
でも、マットなFS-1に慣れているので、まだ違和感。

オマケでスクラッチガード(ただの透明フィルムシール)をもらったのですが、
貼る前にちょっと弾いただけで、もうストロークの爪痕が付いてしまいました。
ちょっとガッカリしましたが、
この前、東海ラジオ感謝祭でパッパラー河合さんのギタープレイを見た時、
ストロークで穴が空くほど掘れた彼のギターのボディを見て、
こんな小さいキズで悩むなんて、私はなんと愚かな初心者なんだ!
私もボディに穴が空くほど練習してやる!と吹っ切れました。

FSM-1は標準でブラックナイロン弦が張ってあり、
細いフロロ弦に慣れてしまった私には、この弦は太くて弾きにくいです。

FSM-1は、FS-1に比べて野太く、ギターっぽい音色です。
FS-1は頑張って弾き育てた、愛おしい乾いた音色です。
単板だとか合板だとか、私には違いがよく分らん (;´Д`)
どちらも私には良い音だ!

どちらも、これからも弦を換えたり、弾きこんで、
音の変わりを楽しんでいきたいと思います。





ついに私も、ウクレレで川の字。
ソプラノ・コンサート・テナーを並べるのが一般的なウクレレ川の字なのでしょうが、
私はピッコロ・ソプラノ・ソプラノというミニマム川の字です。

家では3台をとっかえひっかえしながら練習しますが、
サークルに持っていくのは、当分はFS-1です。
先生から買ったウクレレだから、先生から習う時はFS-1を使いたいです。





で、今やすっかりハリス弦の実験台となってしまったFS-1 (;´Д`)
相変わらずブリッジ溝に不安はありますが、
いつか溝を広げてLowGモデルにしてもいいかな。

前回、ナイロンの銀鱗ではダメだと断言し、
12号フロロハリスを探しに釣り具屋をのぞいたら、
14号フロロハリスが特価で売っていたので、つい買ってしまいました。

14号(0.62mm)は、どう考えても太いのですが、
1弦と4弦に張ってみました。
…まぁ、太さは実感せず、銀鱗よりは安定して弾けています。
とりあえず、4弦全て再びフロロカーボンになったので満足です。

でも、前記事で述べたように、
2弦3弦サイズのハリスを買うのは割に合わないので、
2弦3弦の交換は市販のウクレレ弦、
すぐ悪くなる1弦4弦だけ、ハリスで賄うようにしようと思います。


関連記事

幼稚園バスでキャンピングカーを作る その49

2015年10月26日 15:45



その42で、廃床材を寄せ集めて、
フローリングの床を敷きました。
中途半端なサイズでしたが、便利で助かっています。
あれから約2年経ち…





廃床材で残りの部分にもフローリング床を張ってくれました。
これで、居住部は完全に土足禁止化となりました。





横目部分が以前からの床。
縦目部分が新規の床。
木目が合ってなくても、気にならない仕上がりです。





ステップ部分のフローリングの端は、
欠けないように養生します。
これは、階段のステップガードの端材です。





端材の継ぎ接ぎですが、目立たず貼れました。





フローリング化に伴い、ステップ横に靴の収納場所も作ってくれました。
冬はブーツ置き場になるので、あくまで仮設です。





合板メーカーの英印字が見えるようにしたのは、
オシャレのつもりだそうです。





助手席の後ろにも、靴置き場を増設です。





改造を始めて苦節ン年、
やっと、キャンピングカーっぽい内装になってきたと思います。


関連記事

夜叉ヶ池散策

2015年10月22日 17:20



福井県と岐阜県の県境の稜線上にある、
夜叉ヶ池まで紅葉狩りに行ってきました。
まずは揖斐川町の坂内までバイクでツーリング、そこから林道に入り、
人里離れた登山口へ。





登山道はまさに紅葉真っ盛り!
夜叉ヶ池直下に急勾配の岩場がある以外は、
それほど起伏も無く、全体的に歩き易い道でした。

妙高の火打山登山から帰ってまだ1週間しか経ってないので、
筋肉がまだ冷え固まっておらず、絶好調で歩けました。





これが、1000m超の稜線鞍部に湧く摩訶不思議な池、夜叉ヶ池です。
竜神に嫁いだ夜叉姫の伝説があり、池のほとりに祠があります。





池周辺の紅葉はピークを過ぎた後でしたが、
綺麗な水面を見られて良かったです。
往復約3時間&往復200kmツーリング付きの、
ほどよいトレッキングでした。

大した登山じゃなかったのですが、
紅葉が綺麗だったので、詳細をHPのほうにそのうちレポしようと思います。
まだ火打山登山のレポに手をつけてない状態なので、
いつになるか分りませんが…。





おまけ。
通りがかりの横山ダムでダムカードげっちゅ。
珍しい中空重力ダムのうちのひとつです。


関連記事

アルティシアのオイル交換

2015年10月20日 09:58

アルティシアに乗り換えて2年半ほど経過しましたでしょうか。
その間、一度もオイル交換をしていません。
それどころか、ガレージに眠っていた間も、その前にも、
オイル交換をした覚えがありません。

オイルの減りが早くてオイルを補充した事はありますが、
オイル交換自体は、もう10年近くやってないんじゃないでしょうか…。
とてもバイクを愛していると思えないこのズボラっぷり。

先日、登山のために妙高までバイクで走った時、
高速走行するなら換えておこうと、前日の夜に急きょオイル交換作業開始。

アルティシアはドライサンプなので、
フレーム内がオイルタンクになります。
腹底のドレンボルトを抜き、
エキパイ付近にあるフレームの横ドレンも緩めないとオイルが下がりません。

横ドレンは、空気さえ吸えばいいので、
最初は緩めるだけでいいのですが、
緩めすぎてボルトがスッポ抜け、
横ドレン穴からドピャー!とオイルが大噴出。
フロントタイヤも道路もオイルまみれの大惨事となりました…。




せっかく洗車してホイールもピカピカに磨いた後なのに、
さっそくオイルまみれにしてしまい涙目。
フロントタイヤと道路を、食器洗剤で一生懸命お掃除しました。

その後、オイルフィルターを交換し、新しいオイルを補充していて、
お約束のようにオイルをあふれさせ、
フレームやエンジン周りもオイルまみれ…。

いやぁ、久しぶりにやった作業なので、要領の悪いこと悪いこと。
古いオイルとフィルターの黒いこと黒いこと。

次回のために、メモっておきます。
横ドレンは緩めすぎに注意!
あれ?今思い出したけど、フレーム内のオイルは、
横ドレンからしか抜けないんだっけ?
とにかくこれからは横着せずに、
オイルバットを2つ用意しておこう。
オイル補充時は、2リットル入れたらエンジンをかけ、
オイルを回してから残り0.5リットルを追加。
洗車やメッキ磨きは、オイル交換し終わってからやろう…。
なにより、もうちょっとマメにオイル交換しよう…。


関連記事

映画#14 TAXI NY

2015年10月18日 19:53





TAXI NY

2004年/米
[監督]ティム・ストーリー
[出演]クイーン・ラティファ/ジミー・ファロン



[あらすじ]

ニューヨークの女性タクシードライバー・ベルは、
銀行強盗犯を追うダメ刑事・ウォッシュバーンを乗せたことで、
連続強盗事件に巻き込まれてしまう。
ベルは、愛車の改造タクシーと、持ち前の超絶ドラテクを駆使して、
ウォッシュバーンと共に強盗犯を追い詰めていく。



[感想]

リュック・ベッソンの「TAXI」のハリウッドリメイク版です。
まず、ウォッシュバーンがトロ過ぎてイラッとします。
車もまともに運転できないようなヤツを刑事にするなよ~。

色々とユルい設定でB級テイスト満載な話でした。
んなバカな!とツッコミながら気楽に楽しめました。
私はオリジナルを観たことがないのでよく分りませんが、
聞くところによると、主人公と犯人達の性別が、
男から女に変更されているんですってね。

ベルの吹き替えがとても良かったのですが、スタッフロールを見逃しました。
Wikiを観ると、森久美子さんだったようですね。
それはもう、ベルにピッタリでした。


関連記事

火打山登山

2015年10月16日 10:15



やっと登山に行くことが出来ました。
今回の行き先は、新潟の火打山です。
もうずっと何年も前から、
火打山と天狗の庭の紅葉を見たいと願い続けていて、
やっと叶える事が出来ました。
しかし毎年の事ですが、この時期は地域や学校の行事が多く、
なかなか行けずモタモタしているうちに、
あっという間に天狗の庭の紅葉は終わってしまいました…。
もうダメだと分っていても、こうなったら強行しちゃうよ!

登山口の笹ヶ峰高原は、ちょうど紅葉の最盛期でとても綺麗でした。
写真の通り、今回はなんとバイクで登山に行きました。
しかも夜中の1時に愛知を出発し、夜通し高速を走り、
朝に妙高に着くやいなや登山開始という、無謀な強行登山です。





高谷池ヒュッテのテン場でキャンプ。
満天の星空の下で寝るのも、テン泊登山の楽しみのひとつ!
気温は-5度で、楽しむ余裕なんてなかったけどね・・・。





2日目、ご来光バッチリ!





これが長年の夢だった、天狗の庭。
後にそびえるのが、火打山です。

2~3週前だったら、
真っ赤に紅葉した火打山が池塘に映る「逆さ火打」が楽しめたでしょうが、
残念ながら、もはやただの枯野でした。
でも、十分綺麗な風景を楽しむことが出来ました。





火打山の山頂はもう雪景色でした。
晴天に恵まれた山頂からは、
北ア・南ア・穂高・八ヶ岳・富士山まで望める、360度の大パノラマでした。
そして、それら2~3000m級峰はもれなく、真っ白に冠雪していました。

火打山は妙高山とセットで2泊3日かけて登る人が多く、
私も一応、2泊3日装備で登りましたが、
色々考えて妙高山を諦め、1泊2日で山を下りました。





中腹より上部は、紅葉が終わって雪山シーズンになってしまいましたが、
登山口からしばらくは、まだ紅葉を楽しみながら登る事ができました。

天狗の庭の紅葉は見られず残念でしたが、
紅葉も雪も楽しめて、これはこれで良い登山でした。

詳しいレポはこちら→火打山トレッキング(HPにジャンプ)


関連記事

ちょい乗り岩村

2015年10月10日 18:12

すっかり秋です。
私の大好きな秋です。
キンモクセイの香りが漂い始めると、じっとしていられません。
行き先も目的も決まりませんが、とにかく走り出そう!





…で、行き先も考えずに走り出すと、
やっぱりここに来てしまう、道の駅おばあちゃん市山岡。
せっかく来たからには、からすみを買っておこう。
それにしてもここは毎度、平日でも激混みだなぁ。

身軽なパーカージャケットで走っていたら寒くて寒くて、
ここでたまらず、アウターを羽織りました。





なんとなく岩村ダムへ行ってみることに。
途中にある不動の滝は、紅葉すると綺麗な場所です。
でも紅葉はまだ1ヶ月くらい先でしょう。





ダムより奥にあった林道を進んでみましたが、
雨で流れまくり掘れまくりの悪路で、
このバイクでは無理そうだったので引き返してきました。
もうタイヤの山が無くてツルツルで、全く路面を噛まないんですよ。
でももうすぐオフシーズンなので、新しいタイヤに換える気になれません。
来年春までなんとかこのボウズタイヤで凌げないかなぁ、と粘っています。





岩村ダムのダムカードもゲット。
雪化粧の写真は珍しいな。
この後、天端の影に腰掛けて、
冷えた体を日光で温めながら、からすみをいただきました。
うーんポカポカ良い気持ち!





後はいつも通り、阿木から恵那に抜けて、r66で帰りました。

キンモクセイの香り、葉が養分を貯める香り、稲刈りの藁の香り。
大好きな秋の香りを満喫できた150kmの散歩でした。


関連記事

映画#13 プリシラ

2015年10月06日 09:50




プリシラ (THE ADVENTURES OF PRISCILLA, QUEEN OF THE DESERT)

1994年/豪
[監督]ステファン・エリオット
[出演]テレンス・スタンプ/ヒューゴ・ウィーヴィング



[あらすじ]

大都会シドニーに暮らす3人のドラーグクイーンが、
ど田舎のホテルのショーに出演するために、
オンボロバス・プリシラ号に乗って、広大な砂漠を旅する。



[感想]

派手な衣装を着て性主張をするオカマ=ドラーグクイーンという言葉を、
この映画とオナペッツから学んだものです。
ロード・オブ・ザ・リングでエルロンド様を見た瞬間、
「あー!プリシラの人だ!」とすぐ分るほど、独特な俳優ヒューゴ・ウィーヴィングさん。
田中要次に似てるよね。

それぞれに心に傷を持ち、差別に苦しみ、
その不安を払拭するように、明るく楽しくふるまう3人のオカマ達の珍道中です。
アルミボディ&カンガルーバーのプリシラ号がカッコいい!
こんなバスキャンパーで大陸横断したら楽しそうです。

典型的なロードムービーで、故障あり、出会いありの展開です。
広大な砂漠や、平々凡々な田舎の町に、
彼女達のド派手で奇抜なファッションがよく映えます。
そりゃ、あんな格好&言動の彼女達を見て、
差別や偏見を持つな、という方が無茶だと思います…。


関連記事


最近の記事