プロモンテ VL14

2016年05月31日 04:48



5年前に買って以来、出し渋っていたプロモンテの山岳テント・VL14。
去年秋の火打山登山の時、久々に使いましたが、
思っていたより室内は狭くなく、快適だったので、
先日の能登ツーリングの時に、キャンプツーリングにもデビューさせました。





パッと見、今まで使っていたキャンプマン(現サウスフィールド)の赤いテントと見間違います。
赤いテントが好きなんですよ…ギロロが好きなので (*´ω`*)





最初は、なんだこのスライスしたカマボコのような狭い室内は!?とビックリしましたが、
天井が高いので、慣れると全然苦になりません。
普段シートバッグはバイクに付けっぱなしですが、
雨でバッグを外してテント内に入れたら、多少は圧迫感があるでしょう。

まだL型ドアのセパレートファスナーに慣れなくて、というか使いにくくて、
そこだけは、D型ドアだったサウスフィールドに軍配が上がります。
生地がペラッペラなおかげで、非常にコンパクトになるのが利点ですが、
せめてバスタブ部分の生地だけでも、もうちょっと厚くしてほしかったです。
次回から百円ショップのグランドシートを併用しようと思いますが、
そんな程度の養生で、穴開きが防げる気がしません。

今回は、ツーリングメインで、キャンプはただ寝るだけ、と割り切っていたので、
テントのコンパクト化だけでなく、
その他装備も必要最低限しか持っていきませんでした。
テントがコンパクトになっただけで、積載量に余裕が生まれ、
身も心も軽快になりました。
登山装備ばりの軽量化がこれからクセになりそうです。

ただ、VL14で快適にキャンプツーリングが出来るのは今の時期だけ。
ベンチレーターが、山岳テント特有の吹き流しタイプなので、
いくらドアをメッシュにしたところで、暑い季節に耐えられると思えません。


関連記事

今春スタートのアニメ

2016年05月30日 23:57

最近アニメに疎く、気が向いたらCSのアニメチャンネルで再放送を観る程度ですが、
今春スタートしたアニメは珍しく3本、リアルタイムで観ています。
まぁガンダムとマクロスというビッグネームだからチェックしてるだけですがね。
それぞれ2ヶ月観た感想です。

■ガンダムユニコーン RE:0096
新規アニメでもないのに、もうストーリー完全に分かってるのに、
それでも毎週ワクワクして観てしまいます。
やっぱり絵が綺麗なのはイイネ!
低予算の深夜アニメとはクオリティが違うのだよ!
ミネバ様とマリーダの可愛さと、グリグリ動き回るMSを全力で堪能 (*´∀`*)
デカくて躊躇していたクシャトリヤのガンプラに手を出しちゃいそうでガクブル。

■マクロスデルタ
ついにマクロスまでアイドルユニット化してしまいました…。
第一話で、もう観る気が失せました。
期待していたバルキリーも大してカッコ良くないし。
歌姫ありきのマクロスだからと我慢して見続けていますが、
もうね…いくら流行りだからって、女が群れて歌う&戦うアニメだらけでウンザリ。
リアルでもアニメでも、女が4人以上群れると、とたんに煩くて鬱陶しいです。
声優が、配役になりきってリアルの世界でも歌って踊る風潮も嫌い。
私は昔から、声優は裏方に徹して表に出てくるなと思う性格なのです。

■ばくおん!!
上で、女が群れてうるさいアニメが嫌いと言っておきながら、
ばくおんやけいおんやガルパンみたいな女子高生の部活動アニメには、
不思議と嫌悪感が湧かないです(ただしラブライブ除く。)
原作も好きですからね、そりゃ観ますよ。
来夢先輩が大好きなので、
OPの先輩&ZX12Rの爆走シーンだけでも幸せな気分です。
ビックリするくらいのペースで原作を消費してるんだけど、
1クールしかやらないのコレ?
たぶんスタッフが来夢先輩と言うキャラを理解してないらしく、
原作での来夢先輩の大切なしぐさをアニメでは端折ってて、
そのせいで彼女の魅力が半減で残念。
先輩がたづ子から在籍証明をもらうシーンなんて、
原作でも意味が深いシーンなのに、
アニメでは中途半端に端折って差し込むもんだから、
なぜセンパイがソレを欲しかったのか初見の人には意味不明。
EDでもラーメン好きに描写されている聖ちゃんにとって、
北海道でラーメンを食べるシーンは大事なのに、それも丸っと端折られズコー。
逆に、神がカタナに乗って降臨とか、押し掛け番長とか、
そういうバイクオタにしかウケない小ネタこそカットすればいいのに、律儀に描くなよ。
原作では千雨が登場して以来、千雨のツッコミ目線にシフトしつつありますが、
アニメの千雨ちゃんは、やっぱりスタッフが彼女の魅力を理解してなさそうで、
なんだか薄暗いキャラで終わりそう…。
恩沙ちゃんと凛ちゃんは、エロシーン満載で煮るなり焼くなり好きにどうぞ。


関連記事

名古屋ハワイフェスティバル2016

2016年05月29日 23:00



今年も、栄で3日間開催されたハワイフェスティバルに行ってきました。
去年同様、都合がつかず、日曜午後からしか楽しめませんでした。
会場は、どこもかしこも大混雑でマイッタ!





テレビ塔の下のステージでは、有名なウクレレプレイヤーがズラリ!
…といってもウクレリストにしか知られていない人達なので紹介は割愛。

この人達の18時からのステージを楽しみに観に来たのですが、
仕事明けで眠さも限界&今夜も仕事だったので、18時を待たずに帰りました。
午後からどんどん曇ってきて強風が吹き荒れ、
ゲリラ豪雨でも来そうな変な天気でしたが、涼しくて快適でした。
帰ってきたら、堰をきったようにどしゃ降りになりました。
帰らずステージを待っていたら、ズブ濡れになるところでした。
でも観たかったなぁー。




ハワイアンを聴きつつフラを観たい放題!
無性にハワイアンビールが飲みたい!
…でも、翌日健康診断を控えていたので、ビールは規制中。
極太フランクが横たわるホットドッグだけは我慢できず、つい…。
あぁ、中性脂肪を補給してしまった…。


関連記事

能登半島ツーリング

2016年05月21日 14:55



新年度~GW明けというのは、1年で一番せわしなく、
環境も変わって心労が溜まる、一番嫌いな季節です。
そんな嫌な季節を、今年も無事に乗り切りました。

今週は次男が修学旅行で留守、
長男が中間試験で弁当要らずという絶好のチャンスだったので、
主婦業をサボらせていただき、ツーリングに行ってきました。

行き先は、能登半島です。
HPで初めてツーレポを書いた記念すべき場所を、12年ぶりに訪れました。





前回と同じく反時計回りで、ほぼ同じスポットを巡りました。
前回は強行日帰りでしたが、今回はキャンプしました。





田植え直後の白米千枚田。
これが今回の目的地でした。
水面が空の青を映し込む、この時期だけの風景をずっと見に来たいと思っていたのです。

…本当は、同様の理由で丸山千枚田を見に行く予定だったのですが、
紀伊半島を巡るには、今回は時間が足らずムリと判断し、
当日、急きょ行き先を変更して、代打の白米千枚田というわけです。
能登でも時間が足らず辛かったですがね…。





当日、急に行き先変更をしたものだから、
予習がままならず、今回は行きたい所が巧く回れませんでした。
でも、前から行きたかった白米千枚田と永井豪記念館を巡れたのでヨシ!

ツーレポ詳細は、近々HPにUPします。





もちろん、なぎさドライブウェイも!

先日リアタイヤを交換してもらい、
皮むき&ヒゲ剃りを兼ねた今回の旅でした。
10年ぶり(!)にチェーンの張り調整もしたので、
ギアチェンジもスムーズになって燃費も向上 (;´∀`)

ただ、アルティシアの調子が悪く、
フカすとエンストするトラブルをかかえてのヒヤヒヤツーリングでした。

どうもキャブのゴミ詰まりが原因ぽいです。
キャブ清掃が必要とのことで、そのうち夫が診てくれるそうです。
いつもいつも面倒をおかけしてすみません (m´・ω・`)m


関連記事

ガンダム鉄血のオルフェンズ グレイズ改&流星号

2016年05月19日 05:00




いやーオルフェンズ面白いねー!
本放送はとっくに終了していますが、私はアニマックス組ですので、
クライマックスはまだまだ先ですよ。
ネタバレが嫌だから、公式HPも観れやしない。
第二期が始まる秋までには追い付くよ!

で、今回は、メインのバルバトスには目もくれず、
サブメカのグレイズ改と、そのリメイク機・流星号です。
毎度のことですが、オルフェンズ談義に興味のある人だけ、
追記をご覧ください (;´∀`)


[ 続きを読む ]
関連記事

フロロLowG弦&ペグ交換

2016年05月18日 10:31



以前、FS-1にLowG弦を張りました。
その時張った弦は、Famousの巻弦だったのですが、
テンションが弱くてボヨンボヨンという音でイマイチだったのと、
巻弦ならではのキュッキュというフィンガーノイズが、ギターみたいで嫌でした。

そこで、フロロカーボン製のLowG弦に替えてみました。
使用したのは、普通のフロロLowG弦より硬い、WorthのHD弦です。

Famousの巻弦は細く、ブリッジの加工をしなくても張れましたが、
フロロLowG弦は0.91mmもあるので、溝にかかりません。
なのでブリッジの溝を、0.91mm弦が引掛けられる幅までヤスリで広げました。
これでもう、工夫しないとHiG弦が張れない身体に…。

WorthのLowG-HD弦は硬いので、ソプラノでもテンションが稼げて、
ウクレレらしい綺麗な音色で鳴り、満足です。
ただ、巻弦よりはマシですが、やっぱり音は弱いです。
LowG弦の5F以上の音程が不安定で、ハイコードの和音が微妙ですが、
ソロ弾きで4弦5F以上を単音で頻用しない限り、
アバウトな音感の私には、今のところ許容範囲です。





私のFS-1はフリクションペグなので、
テンションが弱いLowG弦の微妙なチューニングが難しくて面倒くさいです。
そこで夫にお願いして、チューニングが簡単なギアペグに交換してもらうことにしました。





左が、取り外したペグ。
右が、新たに取り付けるFamousのF-1というギアペグです。
たぶん、FS-1G(FS-1のギアペグモデル)に標準装備のペグと同品でしょう。





穴を広げてもらい、ギアペグに換装!
FS-1からFS-1Gへと進化しましたw

おかげで、4弦に限らず、すべての弦の細かいチューニングがとても楽になりました ヽ(*´∀`)ノ


関連記事

アルティシアのリアタイヤ交換

2016年05月16日 19:20



はて、前回アルティシアのタイヤを交換したのはいつだったでしょうか。
調べたら、2008年9月にフロントタイヤを替えて以来です。
リアタイヤは、それよりも以前から替えてない事になります。
いやぁ、ズボラにもほどがあるねぇ。

実は去年の秋に、自力でタイヤ交換が出来ないクセに、
気まぐれでネットでタイヤ前後セットを買ってしまいました。
で、ほったらかしのまま、半年経過…。

やっと夫と長男に交換作業をお願いしました。
私がアルティシアに履かせているのは、ミシュランのシラック。
ややロード寄りのオフロードタイヤです。
アルティシアに乗り始めて以来、ずっとこのタイヤ一択です。

ミドル~ビッグバイクのトルクに耐える硬さがあるモデルのため、
3人がかりでも、ビードを落とすのに一苦労でした。





ホイールの内側が壮絶な錆っぷりでした。
真鍮ブラシで錆を落として、錆止めのグリスを塗り、
新しいタイヤを装着開始したものの、
なかなかビードが上がらずに四苦八苦…。
3時間くらいかかって、やっとリアタイヤを新品に交換できました。





スリップサイン出まくりの状態でしたが、
これでやっと気兼ねなく走れます。
サイズは130/80-17インチ、指定より太めを履いています。

この世にはタイヤチェンジャーという文明の利器があるというのに、
なぜこんな苦労して手作業でタイヤ交換をせにゃならんのだ、と、
身も心もすっかりグッタリ。
これからは、いつも通りバイク用品店でサクッと交換してもらう事にします。

フロントタイヤを交換する前に日没でタイムアップ。
フロントはまた今度交換してもらいます。
さすがにフロントは、リアほど苦労はしないと思いますが…。


関連記事

田植え&ちょい乗り

2016年05月06日 17:25



先日のちょい乗りで不動になったアルティシアのメーターケーブルは、
ご覧の通り途中でプッツリ切れており、
新品ケーブルに交換しました。





5/3に、岐阜の実家の田植えを家族総出で手伝ったのですが、
一日で全部植えられず少し残ってしまったので、
5/5に私だけバイクに乗って再び実家へ行き、手伝ってきました。

残りはほんの少しだけだったので、午前中には田植え終了。
時間が余ったので、いつものr62白川街道でなく、
黒川の農道経由で遠回りしながら帰りました。

30年以上、田植えをしていますが、
ウマビルなんて今まで殆ど見かけませんでした。
しかし今年は、田んぼにウマビルが大量発生してうごめいていました。
そりゃもうグロいのなんの。
それよりも、普段見ないモノがいきなり大量に湧いたりすると、
なにか天変地異を予感して気持ち悪いです…。





通りがかりの坂折の棚田も田植えシーズン。
GWで天気にも恵まれ、
こんなローカル道でも、たくさんのバイクが行き交います。





八百津へ抜けて、いつもの丸山ダムの展望公園へ。
またダム下流側に新しい橋を架けてるなぁ。

デッキに腰かけ、途中のお店で買ったパンとコーヒーの昼食。
山の中を走って寒かったので、日向ぼっこが気持ち良い~。
新緑も綺麗だなぁ。

帰宅したらまだ14時半でした。
まだフラフラできたのですが、渋滞にはまる前に帰ってきました。



関連記事


最近の記事