ガンダムAGE ガンダムAGE-2ノーマル

2016年10月26日 10:39



今回のガンプラは、ガンダムAGE-2です。
アスノ家3代にわたるガンダムの開発や親子の確執がテーマの作品に出てくる、
2代目、アセムの少年期の機体です。

国民的英雄である父親フリットに対する劣等感で、
卑屈な性格だったアセム君。
お父ちゃんにサポートしてもらいながらも、
彼もまた英雄パイロットに。
しかし成長して結婚し息子誕生後すぐに、戦闘に巻き込まれ行方不明に。
その息子キオがこれまた優秀で、
卑屈なアセムとは似つかぬ明るくて優しいキャラに成長。

実は生きていたアセムが、正体を隠して宇宙海賊として現れるのですが、
フリット爺ちゃん「あれ、たぶんお前のお父さんだぞ。」
キオ「うん、そんな気がした。」
みたいな、とってもあっさりした会話をしてて、
長い間行方不明だったアセムが生きていたというのに、
父親と息子のこの反応の薄さにビックリ!
そして、海賊という身分になっても気にもとめてもらえない、
…嗚呼、なんてぞんざいな存在なんだアセム (´;ω;`)
優秀な父親と子供に嫉妬する、
まるでYAWARA!の猪熊小次郎みたいなキャラだった記憶があります。





おっと、話が長くなりましたが本題。
キャラとしては存在が薄かったアセム君ですが、
乗っていたAGE-2は、個人的に一番カッコ良かったですよ。
というか、AGEの中では、
カッコいいと思った機体はこれしか無いんですよ…。

興味のある人だけ追記をどうぞ。




[ 続きを読む ]
関連記事

10月の出来事まとめて

2016年10月24日 18:30

キンモクセイがプンプン香って、全力で秋をアピールしてくる今日この頃。
絶好のツーリングシーズンです。
私の一番大好きな季節です。
なのに、2週間前にケガした右ヒザが相変わらず痛くて、
どこにも出かけられません (´;ω;`)

腫れはずいぶん治まったのですが、
曲げるのも伸ばすのも痛く、寝るのも辛い毎日です。
あと1週間くらいで、バイクに乗れるまで回復してくれないかなぁ。




昨日の夕陽が不気味な感じだったので、思わず写真を撮りました。





数日前、エアポートウォークで買い物をしていて、
ふと窓の外を見たら、小牧空港の滑走路にMRJがいました。





急に気温が下がりましたね。
時々記事にしているウチの姐さん(半野良の老猫)ですが、
普段は太ももの上に乗せても、嫌がってすぐに逃げてしまうのですが、
最近は暖かい太ももの上でおとなしく座って暖をとるようになりました。
でも絶対こっちを向いてくれない、相変わらずのヤサグレ姐さんです。





ありし日のハムスターの寝顔です。
急激な冷え込みが体に堪えたのか、
前日まで元気いっぱいに滑車を回していたハムスターが、
突然死んでしまいました。
3年以上生きたので、大往生だったと思います。
一緒に夏を乗り切った仲だったのに、残念です。


関連記事

唐松岳~五竜岳縦走

2016年10月13日 19:25



10/10~11に、北アルプスへテントを担いで登ってきました。
降雪や山小屋の営業終了とか考えると、
行くなら今週がもうギリギリでした。
行先は、数年前から何度も計画しては中止を繰り返してきた、
念願の唐松~五竜です。

まずは八方尾根からスタートし、八方池。
強風で波立ってしまい、逆さ白馬三山は見られず。





唐松頂上山荘から唐松岳へ。
無事登頂!





次は、唐松岳から五竜岳へと稜線を進みます。
2つの山の間には、牛首という難所があります。
断崖絶壁の鎖場が連続し、
テン泊装備を担いだ状態ではキビシー!

延々と続く険しいアップダウンの連続、
しかもガスに巻かれ、どこを歩いているのかも分からず、
行き交う人もおらず、孤独と時間との戦い、
泣きたいほど辛かった稜線歩きでした。





なんとか日没までに五竜山荘に到着し、テント泊。
後ろに続くのは、五竜岳への稜線です。





翌朝、雲海に見事なご来光!
でも超~寒い!!
テントも霜だらけでした。





朝一で五竜岳に登頂。
牛首ほどではないですが、鎖場や三点支持箇所が連続する難所です。





五竜岳登頂後、下山開始。
これは五竜山荘裏の小山から見た五竜岳。
威風堂々としてカッコイイ!





下山は遠見尾根ですが、
地図で見る以上にアップダウンのキツイハードルートで、
この尾根をナメていました。

下山開始早々に右ヒザを捻挫してしまい、
足を引きずりながら懸命に下りました。





アルプス平まで下りてきたら、紅葉が見頃でした。
なんとか無事生還できて良かったです。
テン泊フル装備&私のショボイ体力で1泊2日は
ちょっと無理があった計画でした。

以上、とり急ぎダイジェストのレポートでした!
ここに載せきれない絶景の数々や、
山行の詳細は、HPへどうぞ。

実は、下山後エスカルプラザに、
カメラ入りのサコッシュを置いたまま帰ってしまい、
翌日電話して、エスカルプラザさんに発送してもらいました。
おかげで、そのデータで記事を書いています。
エスカルプラザさん、どうもありがとうございました!!

ただ今、捻挫した右ヒザがパンパンに腫れて、
全く曲げ伸ばしが出来ない状態です。
2~3日で歩けるようにならないと仕事が困るなぁ。

白馬から帰ってきた2日後の今日、
北アルプスでは初冠雪だったそうです。
ギリギリセーフ! (;・∀・)


関連記事

納古山散策 中級コース編

2016年10月12日 06:19





10/07に、2年ぶりに七宗の納古山に行ってきました。
今回は、中級コースから登ってみました。
ちなみに前回初級コースを登った時の記事はこちら↓
納古山散策 木和谷初級コース編 その1





最初のうちは、沢を左右に渡りながら森林地帯を進みます。
初級コースと似ています。





ルート上に巨大な岩壁が立ちはだかります。
これが中級コースの目玉です。
三点支持でよじ登ります。
楽しいなぁ!





岩壁からのパノラマ。







一旦下って、第二の岩壁登りです。
こちらも三点支持でサクッと通過。





1時間ちょっとで納古山山頂に到着。
あれ?ノコリンがモデルチェンジしています。





登頂のご褒美にネクターを飲むのが、
最近のマイブームです。
疲れた体に最高に美味い!




山頂から見た川辺町方面と木曽川。
晴れなのですが霞がかっていて、
御岳も白山も見えませんでした。





頂上直下の、中級と初級の分岐。
今回は写真右から登ってきました。
帰りは初級コースを下る事にし、
写真左の道へ進みました。







深呼吸して、森林の香りを楽しみながら、
初級コースをのんびりと下りました。




初級登山口から林道を下って、
中級登山口に戻ってきました。
全行程3時間もかからない、お手軽なトレッキングです。

実はこの3日後に、
唐松岳~五竜岳を縦走しようと思い立ったので、
急きょ、納古山でウォーミングアップした次第です。
中級の岩壁登りも、
唐松~五竜縦走路にある岩稜通過のイメトレのつもりでした。

…で、唐松~五竜縦走から帰ってきました。
実際の山行は、
納古山でのイメトレなど焼け石に水でしかないハードなものでした。
でも帰ってきたと言うことは、成し遂げたという事ですよ!

詳細は続く!


関連記事

幼稚園バスでキャンピングカーを作る その53

2016年10月07日 05:00



ローザの車検の季節となり、小牧の陸運支局へ行ってきました。
ローザも、今回からロービーム検査の対象です。
今回も、滞りなく合格。
台風予報だったのでキャンセルが相次いだのか、
この日の検査場はガラガラでした。
それにしても、このローザの異質感、浮いてるねぇ (;´∀`)

珍しく、陸運支局に献血カーが来ていたので、
夫と2人で献血に協力しました。

女性はヘモグロビンが12g/dl以上ないと献血できないところを、
私は10gしかなくて、検査で弾かれました。
5月の検診では8gしかなくて医者に怒られ、
この夏は鉄剤とビタミン剤を飲みまくったので、
これでも増えたほうです。
でも、献血できる値までには及びませんでした。
もうちょっと食生活を改めて出直してきます (´・ω・`)ショボーン
夫は、何の問題もなく献血することができました。


関連記事

ちょい乗り揖斐川

2016年10月06日 14:56



10/4に、最近話題の、
揖斐川町にある天空の茶畑を見に行ってきました。

我が家から西濃方面に行くには、
岐阜・一宮の2大混雑地帯を抜けなければならないため、
面倒くさくて足が遠のくエリアなのですが、
稲沢~大垣を抜けていく道を教えてもらったので、
ルート開拓も兼ねてのちょい乗りです。

稲沢で早々に道を間違えて、結局混雑地帯を通るハメになりましたが、
全くR21を使わずに大垣へ行けたので新鮮な気分でした。
何度か走って道を覚えて、
もっとスムーズに西濃入りできるようになりたいです。





揖斐川町の山奥にある、天空の茶畑(上ヶ流茶園)に到着。
なるほど、マチュピチュ感が出てますね。
駐車場から展望場所までは、山道を徒歩で20分くらい登ります。
山道でちょうどテレビのロケをやっていました。





展望台から更に登る事20分、
岐阜市方面の展望が開けた場所にも行ってみました。
これは遠すぎて、池田山からの展望に負けるなぁ。





誰も来ない、静か過ぎる展望場所で、
岐阜市を見下しながら昼食タイム。

ちなみにこの展望場所だけなら、
茶畑の展望台から歩かなくても、
車やオフロードバイクなら林道で登ってこれそうです。
この林道が、紅葉時期になると綺麗な感じ。
今度はバイクで登ってみたいです。





もうちょっと奥地に足を延ばし、大平八滝という場所へ。
名前通り8つの滝があるらしいのですが、
全部を巡るには時間が足りません。
1つ目を見ただけで今回は終了。





このまま山道を進むと坂内に抜けられるようです。
ぼっち満喫周回コースとして楽しめそうですが、
今回は時間が無くて引き返しました。
3週間くらい経って紅葉が綺麗になったら再訪したいです。

この奥に、国見岳スキー場がありました。
こんな壮絶な山道、私の運転技術では絶対行けそうにない…。





今日の目的は、なんと言っても温泉です!
スキーシーズン以来の、念願の温泉です!
かすがモリモリ村という温泉施設で、薬草風呂を堪能しました。
平日の昼間だというのに、
大量のオバチャンがイモ洗い状態でビックリでした。

帰り道、やっぱり道がよく分からず木曽川付近をウロウロ、
稲沢付近の混雑にハマり、クラッチ疲れでヘロヘロ。

以上、170㎞ほどのちょい乗りでした。
そういや、前回乗ってから1ヶ月も経っていないのに、
またしてもバッテリーが弱っており、
出発時にエンジンがかからず、ジャンプで始動しました。
揖斐川の山奥でも、ちょっと写真を撮るために停止したら、
その後に突然エンジンがかからなくなり、
押しがけで始動しました。

いよいよバッテリーの寿命か… (;´Д`)


関連記事

長雨

2016年10月05日 09:48

お久しぶりです。
PCのメンテナンスでしばらく記事が書けませんでした。
もっとも、大して書くような出来事もなかったですがね。

9月の長雨には本当に参りましたね。
連日の台風攻撃にもビックリ!
晴れた日が数えるほどしかありませんでした。
隙あらばツーリングか登山に行こうとしていたのですが、
2日続けて晴れた日が、9月にはついにありませんでした。
10月になったら晴れるかと思いましたが、
未だに雨&台風攻撃が収まりません。
心にもカビが生えそうです。





9月某日、次男の中学生最後の体育祭がありました。
今年も自慢の俊足を存分に発揮していました。
幼稚園から毎年続いていた、子供の運動会の応援は、
これで最後となりました。
寂しいなぁ。
次に運動会を応援する機会が巡ってくるのは…孫か! (゚Д゚;)



関連記事


最近の記事