HGAB版トッド・ライネック

2017年03月01日 17:45



なんだかプラモデルブログになりつつありますが、
気にせずダンバイン祭り第3弾!
今回は、押入れで熟成させた昔の積みプラではなく、
HGAB版のライネックです。

ライネックは物語終盤に登場する敵ロボです。
ショットの幼馴染が搭乗したり、
リムルが脱出に使ったりした機体ですが、
様々な機体を乗り継いできた百戦錬磨のトッドが、
最後に搭乗した機体でもありました。
バーン様と同じく、何度倒されてもメゲずに復活してショウに戦いを挑むトッド。
最後にはハイパー化してショウを圧倒するも、結局倒されてしまいました。

で、このキットはトッド・ライネックと謳っていますが、
私には、普通のライネックとトッドライネックの違いが分かりません…。
ダンバインやビルバインのようなオモチャ感が皆無で、
伊達にHGを名乗ってないぜ!と言わんばかりの高級感が、
パッケージから漂ってきます。
値段もハイパー化し、ダンバインやビルバインの3倍以上の高級品だよ!





組み立てはもちろんボンド要らず。
色分けもされており、ほとんど塗装しなくて済みます。
先日のダンバインやビルバインのような苦労もする事なく、
数時間でさくっと完成!

デカいーー!
先に作ったダンバインやビルバインと同じ1/72スケールのはずですが、
大きさは、ダンバインの倍くらいあります。
トッドライネック=ハイパーサイズって事?
それともHGAB版のオーラバトラーシリーズはみんなこのサイズなのかしら?

でもって、自立しないーー(;´Д`)
完成したものの、全く自立しません…。
先日、足首のつけ間違えでダンバインが自立しなかったばかりなので、
またしても組み間違えたか!?と、必死に説明書を見直してしまいました。
ネットで調べてみたら、どうも自立できないのがデフォのようです。
自立しないので、壁にもたせかけたり、転がしたりして写真を撮りましたよ。



続きに興味のある人だけ追記をどうぞ。




[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事