おそ松さん 春の全国大センバツ上映祭

2017年04月15日 16:55

おそ松さんが映画になって帰ってきた!
…と言っても、TV版を編集しただけの東映まんが祭りレベルですがね。
6人それぞれのエピソードに特化した6パターンの内容を放映するという、
特殊な上映スタイルです。
各松バージョンを全部見たい!が、金が無い! (;´Д`)
情けないですが、六松の中から更に3人をセンバツしました。
以下、観た順番に。

「チョロ松部屋」
公表エピソードは「面接」「ダヨーン族」
その他にも話題に事欠かないチョロ松、
もちろんアレやコレやなエピソードがテンコ盛りでした。
チョロ松の冴えわたるツッコミをたっぷり堪能できます。
でも、大画面でシコ松なんて、公開処刑にもほどがある…。
チョロ松エピで一番大好きな「寝かせて」が観たかったのに、
チョロ松ではなく、一松の方にエントリーしていました。
なんでこれが一松エピなんだよ、一松は屁こいただけじゃんか!

「カラ松部屋」
公表エピソードは「カラ松事変」「逆ナン」
カラ松って、でしゃばらずに脇に回るキャラだから、
目立つわりに、意外とメインのストーリーが無いんだなぁ。
あとカラ松は、チビ太がらみの話が多いので、
「チビ太部屋」と言ってもいいような内容です。
カラ推しさんには少し物足りない内容ですが、
大画面からあふれるカラ松の愛に萌え萌え~ (*´∀`*)

「一松部屋」
公表エピソードは「エスパーニャンコ」「一松事変」
目当てはたった一つ!一松事変!
あの爆笑の修羅場を見たいがために一松部屋をチョイス。
最高に笑えました!
一松の調教プレイが傑作の「風邪ひいた」を期待していたのに、
一松部屋には未エントリーでした、残念。

総評
OPは、兄松では「はなまるぴっぴ」、弟松では「全力バタンキュー」のようです。
六松全共通エピソードとして、「銭湯クイズ」「JRA赤塚カップ」「発表」。
なぜ銭湯クイズなのかは、シークレットエピ絡みだからです。
シークレットは、TV版で放送を見送られたお蔵入りネタを解禁。
あぁ、こりゃたしかにTVでは放送しない方がいいわ…という内容。
6つ子を知り尽くすトト子ちゃん、カワイイよ (*´∀`*)

ぶっちゃけ、映画館に出かけるほどのコアなおそ松さんファンは、
TV版を録画なりDVDなりで全話保存している人がほとんどだと思うので、
そういう人は推し松だけ観れば十分だと思います。
でも、何度も何度も観古したエピソードでも、
大画面で観ると、また格別で新鮮ですよ!



最後にノベルティー。
4/13までは、ポケットティッシュカバー(3種の中からランダム)。
14日以降は、クリアファイル(3種の中からランダム)です。
私がゲットしたのはこの絵柄でした。


関連記事


最近の記事