my garden 12/2

2011年12月02日 14:42



12月にもなると、ベランダの植物はなにも咲きません。
色鮮やかなのは、メキシカンセージのガクだけです。
数年前にオツトメ品で50円くらいで買った、
たった一鉢のひょろひょろのメキシカンセージでしたが、
年々株が大きくなって、
毎年秋~冬には人の背ほどに巨大化して、自己主張しています。

ところで、いつもは草ボウボウなベランダガーデニングですが、
今は雑草は殆ど生えていません。

しかもまだこの時期は、野良アサガオが色んなモノに巻きついて、
来年も悪さをしてやろうと種を撒き散らしている頃なのですが、
そんな凶暴なアサガオも、今は全然生えていません。

その理由は…




…長男です。

最近ガーデニングに目覚めた長男が、
ほったらかしにしている私に取って代わって、
ベランダガーデニングの世話を始めたのです。

私が野良アサガオを目の仇にしているのを見て、
伸びまくったアサガオを取り除き、芽が出た傍から引っこ抜いてくれています。

いや、大量発生するのが嫌なだけで、アサガオそのものが嫌いなワケじゃないんだよ。
彩りとして1本や2本くらい生やしておいてくれていいんだよ (;´Д`)

あと、草という草を綺麗に引っこ抜いてくれるので、
土が見えてスカスカしています。

ついでにグランドカバーにしていたアジュガやオレガノまで綺麗にむしってくれちゃって、
不毛の大地グハ━━━(´∀`;)━━━!!!!

…長男よ、綺麗にしてくれるのはうれしいが、やり過ぎは及ばざるが如し。
表土が見えるほど雑草を排除してしまったガーデニングは、美しくないぞ。
ニラだって、カタバミだって、ノボロギクだって、
みんなみんな生きているんだ友達なんだ~♪
雑草はグランドカバーと思い、
メインの草花以上に自己主張するヤツだけ排除すれば良し。
雑草と共存してこそのガーデニング!!

…ってか、花と雑草の違いが分かるようになってから抜いてね。
このままじゃ、春になって出てきた宿根草の新芽も全部むしられてしまう (´;ω;`)




勝手に植え替えしたり、
古い土をふるって腐葉土やボカシを混ぜて再生しています。

日に日にガーデニング熱が上がり、図書館にせっせと通っては、
ガーデニングの本を借りてきて勉強している長男。
野菜の育て方とか土作りの本まで借りてきて勉強しています。

たまにお義父さんに付いて行っては、畑仕事を手伝っています。
岐阜の実家では、すでに農作要員として重宝がられており、
田植えや稲刈りだけでなく、芋や豆の植え付けや収穫にも呼ばれています。

なんだなんだ?将来農業でもやる気かね (;´Д`)
まぁ、頑張って日本の農業を背負って立ってくれ。
農家になれば、キミが大好きなコンバインやトラクターに乗り放題だぞ。

あと、ガーデニングするのは自由だが、ちゃんと後片付けしてくれ、頼むから。

今までは、雑草ボウボウのベランダを見るのが憂鬱だったけど、
今は、長男が鉢や土をとっ散らかしたままの状態を見るのが憂鬱だわ (;´Д`)


関連記事


最近の記事