DAM vs JOYSOUND

2017年01月20日 05:00

前回の記事の件で、
去年の秋に、初めてJOYSOUNDを利用しました。
スタレビの所属するテイチクの親会社がJOYSOUNDという関係で、
あのような企画もあったりするようです。

普段DAMばっかりな私から見た、JOYSOUNDの感想です。

〇 曲数が多い!
DAMには登録されていないアーティストやマイナーな曲が、
けっこう網羅されていて、
マイナーアーティスト好きにはたまりません!

〇 本人映像、アニメ映像が多い!
PV映像やアニメ映像が豊富に使われていてテンションが上がります。
特にアニソンだと、アニメ映像の編集がうまくて、
つい歌を疎かにして見入ってしまうことも。
それにひきかえDAMは、ショボイ映像の使い回しばっかり…。

× 採点の精度が悪い!
〇 でも、なぜか採点が激甘!



分析採点マスターを使ってみたのですが、
感度が悪く、かなり声を張って歌わないと、
音程バーがうまくワイプしてくれません。
おかげで抑揚どころでなく、2時間で喉が枯れました。
こぶしもしゃくりも、なぜかビブラートとしてカウントされがちです。
ビブラートは「秒」でなく、「回」でカウントしているのですが、
ひと揺らぎを1回と数えてるの??

で、音程も技巧もなかなか判定されない精度なのですが、
なぜか結果は高得点。
どの曲を歌っても、DAMの精密採点DXより、
プラス3~5点くらいの点数になります。
ノンビブで減点されるのは共通 (;´∀`)





私の行くカラオケ店は、採点機能で93点以上出すと、
フライドポテトをサービスしてくれます。
DAMで93点はなかなか出ませんが、
JOYSOUNDなら余裕でもらえます。
数年前は90点でサービスしてくれていたので、
DAMでも毎回ポテトをもらっていました。

でも、ポテトもらえなくていいから、
映像がショボくても、曲数が少なくてもいいから、
歌いなれたDAMの精密採点DXのほうが、私は好きです。

という事で、せっかくうたスキ登録したのに、
JOYSOUNDを利用したのは、
イベント応募のための1回きりです。

ヒトカラで、孤独にゲーム感覚で採点カラオケするのならDAM、
採点や全国バトルせず、
ただみんなでわいわい歌うならJOYSOUNDがオススメです。

これがきっかけで、またDAMで歌うようになりました。
要さんJOYSOUNDさんゴメンネ。
精密採点DXならどんな小さい音も拾ってくれてのどに優しく、
5時間でも平気で歌っていられます。

採点歌いは嫌いだと言っておきながら、
音程バーが便利なので、採点機能は使ってしまいます。
私が所属しているサークルはコーラスなので、
ソロのように気ままに歌うわけにいかず、
リズムと音程の精度を求められるのです。
ボイトレの先生によく、半音の半音ズレてる!とか、
フラットしてる!と怒られるし、
しゃくって音を合わせていくクセを指摘されるので、
音程の精度を上げるコソ錬をしています (´・ω・`)





↑譜割りやブレスの難しい曲で90点取れると、
よっしゃ!と嬉しくなります。
ゆったりした曲ならもっと高得点が取れるのですが、
ノリノリな曲を思いっきり歌って90点そこそこが取れる方が、喜びも倍増です。

あと、数年前は評価が低かった抑揚が、
最近ではなぜか高評価されるようになりました。
私はなにも意識はしていないのですが、
コーラスやボイトレをやるようになって、歌い方が変わったのかな?


関連記事


最近の記事