'16-17シーズン4日目 ヘブンスそのはらSNOW WORLD

2017年03月04日 19:36

なんと正月スキー以来、2か月ぶりのスキーです。
この2か月間、右ヒザのリハビリに通院するも、
そんなに簡単に治るものでもなく、経過は芳しくありません。
この状態で、はたして春スキーができるだろうか?
回復具合を確認するために、
3/2にヘブンスまで試し滑りに行ってきました。





9時頃にヘブンスそのはらに到着。
中津川までは雨でしたが、
恵那山トンネルを抜けたら雪になりました。
ゴンドラでゲレンデまで上がったら、
まさかの新雪10~20cmオーバー。
しかもまだまだ雪が降り続いています。

朝一はパフンパフンで最高に気持ちイイ新雪ランが楽しめましたが、
降っている雪がベチョベチョの為、
水分で見る見る激重に。





パノラマコブの正式名称は、
みんなで作るコブ、略して「みんコブ」なのだそうです。
私が行ける範囲のスキー場の中で一番ユルいコブで、
リハビリに最適です。
朝一は新雪に埋もれていたので、
一本デラかけした後、恐る恐る滑走開始。
深くないのでドンツキもほとんど無く、
ヒザの痛みもなく滑れます。
楽しい~!





去年は雪不足の為、
一度もオープンする事がなかった林道コース。
今年は不定期ながら、オープンしているようです。
この日はサイスウィングへのアプローチまで開通。

林道も新雪が積もっていましたが、
水分が多く、板が全然走りません。
サウスウィングまで行くのに半分以上スケーティングしなければ進まず、
恐ろしく疲れました…。





サウスウィングは、朝一はヒザ丈のフカフカ新雪で、
浮遊感があって楽しかったのですが、
降りしきるベチャ雪でどんどん重くなり、
午後にはラッセルでないと下りれないほどに。
林道でスケーティングし、サウスをラッセルで下りてくるという、
ヒザには拷問のようなコンディション。





半分雨のような雪なので、
ウェアの中まであっという間にビショ濡れ。
ゴーグルも曇って見えず、とても滑りにくいです。
メゲて、11時半には昼食に。
ソースカツ丼が美味い!





食事休憩で気が抜けたせいか、
右ヒザが痛くて動かなくなりました。
コブは抜重運動なので、思うほどヒザに負担がないのですが、
リフトの昇降と、スケーティングと、
荒れてボコボコになった整地でふんばるのがとにかく辛いです。

食事後、2~3本滑っただけで、
痛くてセンターハウスで養生。
その後に数本滑ってギブアップ。
まだ14時ですが、全身ズブ濡れで冷たいし、
ヒザも限界なので、早いけど退散するとしますか。





帰るとしても、ラッセルしないと進まず、
第4リフトまで行くのも一苦労でした。
一日中、本当に良く降りました。
たとえベチャ雪でも、3月にこれだけの新雪は天からの恵みです。





ゴンドラからの風景。
こんな雪景色、めったに見られません。

今日は新しい板のデビューでもありました。
フリースタイルモデルなので、むちゃくちゃ軽くて足に優しい~!
コブでも柔らかくてよくしなり、非常に滑りやすかったです。
逆に言えば、コシが無いので、
大回りやアイシーなバーンでは脚が疲れます。
センターのくびれも少ないので、
オンピステモデルのような切れるターンも苦手です。
でもいいんです、コブが楽しければ!





スキーを早く切り上げてきたのは、
帰り道の路面が心配だったのもあります。
ゲレンデではあんなにゴン降りだったのに、
麓の駐車場はミゾレ程度。
中央道に冬タイヤ規制や速度規制もありませんでした。

中津川ICで中央道を降り、
実家に寄ってR41経由で帰り、18時には帰宅できました。

半日滑っただけで、再び右ヒザがパンパンに腫れてしまい、
歩くのもままならなくなりました。
次回のリハビリで、この状態をどう言い訳しようか…。

結論。
これから春コブが楽しい季節ですが、
残念ながら、私の今シーズンは終わったね…(´;ω;`)


関連記事


最近の記事