おニューの畳

2017年06月26日 17:40



我が家の和室は、長男がオギャーと生まれた時から今年まで、
18年ずーっと長男次男の勉強部屋として使われてきました。
(寝室は別の部屋。)
今年になって、もう共同は嫌だ、個々の部屋が欲しいと訴えられ、
ついに和室から子供達が退く事になりました。

18年間、勉強机やフローリングカーペット、タンスなどが鎮座し、
全く畳を干す事も出来なかったダーティな空間。
子供達の荷物を全て個々の部屋に撤退させ、
ついに畳が露わになりました。





畳屋さんに古い畳を引き取ってもらい、採寸してもらいます。
新しい畳が出来上がるまでの1週間、掃除をして床を影干し。
梅雨なのに晴天続きで助かりました。





1週間後、ピッカピカのニュー畳が敷かれ、
和室が生まれ変わりました。
以前は本畳だったので、擦れて痛みが酷かったのですが、
今回は人工畳表なので丈夫です。

子供達に与えた部屋の押入れは、
私の玩具や漫画がビッシリ蓄積された「魔窟」と化しております。
今、その押入れを明け渡せと言われており、困っています。
あの物量をどこに引っ越せと (;´Д`)

これを機に、漫画やフィギュアを少し手放そうと考えております。
もう老いていく一方だし、いつまでも持っていても仕方ないしね…。





ちなみに、↑の建具とその上の写真の障子は、夫の制作です。
夫の職種がバレますね。


関連記事


最近の記事