古い日記

2017年07月25日 16:40

子供部屋の押入れに詰め込んだ私物の撤退を迫られ、
少しづつ私物の移動を開始しております。
新しい移動先のスペースを空けているうちに断捨離の神が憑依し、
物を捨てる事に何の抵抗もなくなり、
雑誌や服やビデオテープなどを、もの凄い勢いで捨てています。
その中で、捨てよう捨てようと思い続けつつも、
今まで捨てられなかった物を、ついに捨てました。
それは、独身時代の日記です。





私は子供の頃から、絵や文章を書くのが好きで、
日記や絵画、読書感想文、レポートの類は喜んで提出していました。
高校生~二十歳くらいまでは同人サークルに参加して、
イラストや文章を書いていました。

二十歳で転職を試みたものの就職難でなかなか決まらず、
姉の住居に居候しながらハローワークに通っていました。
筆を持つ機会が減り、このままでは腕が鈍る一方だと不安になり、
始めたのが日記です。
その後、転職先が決まり、
名古屋で独り暮らしをしながら勤め、結婚するまでの期間、
21~25歳までの4年半、ずっと日記を書き続けました。





読んでみようとパラパラしてみましたが、
細かい字でビッシリ書いてあって、読む気になれない (;´Д`)





日記のネタの半分以上は、競馬とパチンコです…
私の黒歴史です… _| ̄|○ il||li

春と秋のG1シーズンになると、
予想、実況、反省の繰り返し。
新聞の出走枠の切り抜きまで貼ってある事も。
他にも、パチンコ店のあの台でどれだけ回っただの、
今日はいくらつぎ込んだだの、
過去に戻って当時の私の胸ぐら掴んで殴ってやりたいほど、
ギャンブルに湯水のように金を使っている記録ばかりです。

毎週のようにウインズへ行ったり、
平日の名古屋競馬場のガラガラなスタンドで一人ポツンと予想したり、
好きな馬や騎手を追いかけて新潟や小倉まで遠征したり、
徹夜で競馬ゲームをプレイしたり…
黒歴史ではあるけれど、それも今の私を形成した大切な思い出です。





ライスシャワー懐かしいな。
好きな馬の死に、泣きながら日記を書いた覚えがあります。
涙でノートがカピカピになっています。

競馬パチンコの記事以外にも、
職場の事、嫌いな人の悪口、好きな人への想い、
旅行やツーリングの事、見た夢の事など、
飽きもせず毎日、黙々と独り言を書き続けていて、
独り暮らしでよほど寂しかったんだなぁ…と、しんみりしました。

結婚が決まり、職場を退職した日で日記は終わっていました。
恥ずかしかったのか、彼(夫)の事はあまり書いておらず、
〇月△日に結婚式が決定、という程度に書いてありました。





時々、漫画で日記を描いています。
当時ガンビーが好きだったので、
自分の事をガンビーで描いています。
やっぱり馬ネタが多いですね…。

昔はあんなに絵を描くのが好きで、漫画家に憧れたのに、
しばらく描かないうちに今では全く絵が描けないし、
描きたいとも思いません。
ゲームも、結婚してやらなくなったら全く興味がなくなってしまいました。
こういう大人になってしまうのが嫌だったのです。
だから、せめて文章を書く楽しさだけは風化させたくない、
そういう気持ちで始めたのがHPであり、ブログです。
同様に、結婚を機に競馬とパチンコに全く興味がなくなり、
ビタ一文もギャンブルをやらなくなりました。

4年半の思い出が詰まった日記はかくして、
あっさりと処分されました。
夫や子供たちに読まれる前に処分できて良かった~
鉛筆からキーボードに替わってしまいましたが、
HPもブログも、細々と続けていきたいと思います。


関連記事


最近の記事