ガンダムUC ロト・ツインセット

2017年07月28日 15:35



さぁて、行き場のなくなった積みプラを、
どんどん崩していくとしますか。
今回はガンダムUCより、ロトです。
エコーズのダグザ中佐とコンロイ少佐が乗っていた機体です。
戦闘用MSと言うより、特殊任務用の作業ロボットという感じですね。

デザインがそれなりにカッコイイし、
ダグザさんとコンロイさんは良い人だったし、
タンクに変形するしってことで、
そんな合わせ技で興味が湧いて入手したまま、ほったらかしだったものです。





商品名はロト・ツインセットです。
ロトは小型MSなので、1/144サイズに換算すると、
とても小さなキットになってしまいます。
その分、同機2体セットで嵩増しした珍しい商品です。
ノンスケールで大きなサイズにしてくれればいいのにと思うのですが、
1/144でジオラマを組みたい人には、
このサイズでないと困るでしょうし、しょうがないですね。

小さいので、老眼には組みにくい組みにくい…
やっと1機完成しても、まだ丸っと1機分ランナーが残っててトホホ~





関節部の軟質ランナーにより、ポリキャップなしでジョイント。
このプチサイズや軟質感に、
昔のボトムズガムやダグラムガムを思い出しちゃったじゃないか。


詳細は追記にて。




2つも要らないのに、同じキットが2つ。
最初に作った左側だけ墨入れしましたが、
右の2体目は、面倒くさくて素組みしただけ。
並べて比べても、墨入れと素組みの違いがほとんど無いんですがね。





なんとか自立はしますが、頼りない足裏と大きなバックパックのため、
くしゃみしただけで倒れるほどアンバランス。
一応、アクションベース接続用のパーツが付属していますが、
そこまでしてアクションを決めるほどの可動域もありません。





色々付属武器が付いています。
まずは、メガ・マシンキャノン。
なんだこの美しくない大きさは…。





こっちの方がかっこいい、ロング・キャノン。
ちなみにロトには指が無く、
腕はミサイルポッドになっています。
マクロスのデストロイドみたいでイイですねぇ!





タンク形態@素組みロト。
肩に投光器とマシンキャノンを乗せたバージョン。
変形と言っても、頭を引っ込めてお座りし、
背中のクローラーを接地させただけです。

だいたい、タンクに変形するロボットで、
未だかつて複雑な変形をするヤツは見たことがありません。
飛行形態に可変するのは機動力が上がって意味ありそうだけど、
そもそもロボットがタンクに変形しても、メリット感じないもんね。





夏風邪を引いてボーッとしながら作ったので、
2機目はホントなげやりな出来です。
ナンナー跡とかバリバリですが、どうでもいいや。
サブアームなんかも付属していますが割愛。

タンクとしては綺麗にまとまったデザインでカッコイイと思います。





最後に、同じ1/144スケールのユニコーンと並んで。
ロトの身長は、ユニコーンの腰の高さしかありません。


関連記事


最近の記事