ガンダムF91 ガンタンクR-44

2017年08月03日 17:38



ロトを作ったからにゃ、コイツも作らねば!
今回のガンプラは、F91のガンタンクR-44です。
サイズやコンセプトや変形ギミックがロトとほぼ同じで、
ロトの後継機と言われています。

F91は、ガンダム時系列から言うと、
UCより数十年後の世界になります。
ファンの間では比較的人気がある作品ですが、
何回観てもストーリーが心に残らないし、
安彦良和キャラは好きなのですが、肝心のMSがダサいし、
私にとっては、イマイチな作品です。

このガンタンクも、こんなの作品に登場したっけ?
そういや冒頭でシーブック達がコレに乗って逃げてたっけ?
という程度の記憶しかありません。
このキットは、パッケージがだまし絵みたいで、
ナンジャコリャ?と気になって入手したままストックされていました。
ロトのキットが発売された時、
そういやコレに似たガンプラ持ってたなぁ、ああR-44か、
と思い出して、引っ張り出してきました。





R-44の完成。
F91のMSを作るのは、これが最初で最後かも。

1/100スケールですが、手のひらサイズのミニメカです。
20年以上前の古いキットですが、4色の色プラ、ボンド不要。
アルミシールに加え、水転写デカールまで付いてるよ!

詳細は追記にて。





色プラの再現度が良く、塗装する必要はほぼありませんが、
腕の青い部分だけシールなのが残念。
なのでこの部分だけ、シールでなくカラーを塗りました。
混ぜる白が無かったのでブルー100%で塗ったため、
本体色より黒っぽくなってしまいましたが、
細かいことはいいんだよ (;´∀`)
他にも細部をチョコチョコと塗装し、墨入れをしただけです。





クローラーが、ポリキャップランナー製軟質素材というこだわり。
立ち姿もロトと違い、とても安定しています。




頭デッカチで寸詰まりな体形ですが、
なかなか個性的でキャラが輝いています。
パッケージデザインがブサイクだったので期待していませんでしたが、
意外とカッコイイ!

カッコ良く見えるのは、デカールのおかげもあります。
設定に無いマークがムダにちりばめられ、
なんかスゴイ!…という気分になります。
あと、赤青白という、ガンダム界の無敵カラーリングですしね。





タンク形態に変形!
あらやだカッコイイわぁ! (n‘∀‘)η







変形ギミックは、ロトと全く同じ。
頭部を引っ込め、お座りして背中のクローラーを出しただけです。
でもカッコ良くみえるのは、
やっぱりデカールとカラーリングのおかげでしょうな。







では、ロトとR-44との2ショット。
ロトは1/144、R-44は1/100サイズですが、
ほとんど大きさに変わりはありません。





頭がデカイけど、よく見るとハンサム。
腕の濃いブルーと相まって、ちょっとバイファム風。

ロトは変形させてるとポロポロ分解しちゃって、
キットとしての出来はイマイチですが、
R-44は嵌りもしっかりしていて、
変形させても飾ってもストレスがありません。

ロトと比較するために、ネタとして作ったR-44でしたが、
結果大逆転、ロトよりR-44に惚れてしまいました。
これはやっぱり、デカールとカラーリングの…以下略。


関連記事


最近の記事