極寒でガリガリ ダイナランド

2009年01月28日 09:29

1/25は、またしても寒波が来日。
また冬将軍様とガチですか…(´・ω・`)

今週は、おんたけ2240に行こうと思っていたのですが、
ウェザーニュースのスキー場天気予報を見たら…
おんたけの予想最低気温、-20℃(;´Д`)
さすがおんたけ、なにその死ねそうな気温!

という事で、寒波に耐えられそうなダイナランドに、行き先変更。
23時に愛知出発、のんびり下道を走って、1時半頃にダイナP到着。

サンライズ営業日なので、睡眠もほどほどに4時起床。
朝食を食べて5時にゲレンデへ。
今日も雪、雪、雪・・・、そして、なにより極寒!(;´Д`)
気温計を見たら-10℃でした。



深夜の内に積雪が5~10cmあったようですが、
その下のベースは、いつものダイナクオリティなガリガリバーン。
ダイナは南東向きで雪が溶け易いので、
ピステンのパックがそのままアイスバーンになるのですが、
それにビビった人達によるボーゲンや木の葉滑りで、
更にピッカピカに磨き上がるのです。

手が冷たくて冷たくて、ちぎれそうに痛いです。
ロイシュのモコモコグローブ着けてる親が耐えられないっていうんだから、
ペラペラ安物グローブの子供達には、たまったもんじゃないでしょう。
1~2回ダウンヒルを滑ったら、センターハウスに避難して、
その度にトイレの洗面所の温水で指を温めるの繰り返し。

夜が明けてベータライナーが動き出したら、ベータ側に移動。
スカイラインAの下部は、いつもはコブ未満の不整地状態なのですが、
どうもピステンが入ったようで、完全なるフラットバーンになっていました。
よくダイナに来ていますが、Aがフラットなのは初めてだったので、
面白くて、午前中はずっとAを滑って遊びました。





こんな寒い日は、辺り一面、美しい樹氷の景色です。
午前に一旦雪が止んで晴れ間がのぞいたら、
白銀の樹氷と青い空のコントラストに感動!
でも、太陽に照らされて、30分もしないうちに木についた霜は溶けてしまいました。
晴れて少しだけ気温もあがりましたが、
アイスバーンが緩むほど暖かくはなってくれませんでした。

10時半に昼食を摂り、午後からもずっとベータ側で遊びます。
チャンピオンのコブは、それほど掘れてなく、雪質も柔らかめ。
スカイラインA&Bは、ガリガリに一層磨きがかかって、
アイスバーンのいい練習になります。
15時くらいから、再び雪が降りはじめ、気温もぐっと下がってきました。
16時半までベータ、残り30分はパラダイスを滑って、17時終了。

2時間しか寝てない体で、
この寒さと雪の中、子供達の相手をしながら12時間という長丁場を滑るのは、
体はシンドいですが、苦ではありません。
この後、混雑する高速&R156を3時間かけて帰るのは苦ですが…。
12時間って言ったら、1日で2日分滑れるってことだもんね~。
ビバ!ダイナ!

余談だけど、ダイナに来ると必ずリクエストでかかる曲。
DJ OZUMAのアゲアゲ。
MINMIのシャナナ。
湘南乃風の純恋歌。
もう旬を過ぎた曲ばかりなのに、
しかも、どれも全然ウィンタースポーツのイメージもないのに。
昨シーズンかかりまくりだったこれらは、今シーズンもなぜか必ず流れてます。
関連記事


最近の記事