春一番まかり通る 白馬八方尾根スキー場

2009年02月16日 14:33

土曜日は、祝!「銀色のシーズン」TV放送。
ついでに日曜日はスキー子供の日。
今週は1泊2日で、銀色のシーズンの舞台である八方尾根スキー場へGO!

ただ、冬将軍が、長い事行方不明でございます。
どこで油売ってんだよ将軍様!ヽ(`Д´)ノ
エロイムエッサイム、我は求め訴えたり~!
出でよ冬将軍!

…冬将軍でなく春一番が召喚されました(´;ω;`)

金曜日夜に愛知出発。
夜中に八方第三Pに到着した時には、
すでに春一番の生温い強風と大雨が白馬を襲っていました。

夜が明けても、外は相変わらずのドシャ降りです…。
一日だけならビショ濡れ覚悟で滑るのですが、
今回は二日滑るから、ウェアを安易に濡らすわけにもいきません。
車内で朝食を作って食べながら、雨が小降りになるのを待ちます。



9時まで粘りましたが、いっこうに雨は止まず…。
痺れを切らして、準備して9時半に車から出ました。
でもリフトでお尻を濡らしたくないから、
名木山でなく、シャトルバスに乗ってゴンドラに向かいます。
ゴンドラの中から見たゲレンデの姿に唖然。
ここまで雪が無くなっていたとは…。



地面が見えてきているリーゼン。
雪はたっぷり雨を吸っていて、全く板が走りません。
名木山まで下りると、雪不足は更に酷くなります。
いやぁ、銀色どころか、早くも土色のシーズンですなぁ…(;´Д`)



リーゼンどころか、兎平さえこの禿げっぷり。
まいったねこりゃ(´・ω・`)
しかも兎平は人が多すぎて、とても滑る気になれません。



ゲレンデには虹が出ていました。
天気は、太陽カンカン照りなのに、雨シトシト…。
小降りになったかと思えば強く降ったり、突風が吹いたり、まさに春の嵐。

気温は15℃、暑い!とにかく暑い!
雨で濡れても風と太陽がすぐ乾かしてくれるのですが、
汗ダラダラで、ウェアの中がサウナ状態です。

午前中は子供達とパノラマを滑り、
正午に第三Pに戻って、車内で昼食を食べます。
13時、名木山のスキースクールへ行き、
子供達を半日だけレッスンしていただきます。



スクールに子供達を預けている間に、名木山トリプルに長蛇の列が…。
強風で上部ゲレンデのリフトが運休してしまい、
リフトが動いているのは名木山と白樺だけのようです。
雨と気温で雪溶かしまくりな上に、更に強風でリフトまで止めるし、
いらん事すんなよ春一番…。

上部のリフトが運転再開になるまで名木山第2ペアで我慢。
再開と同時にリーゼンクワッドに行ったら、嫌になるくらい長蛇の列。
それならばと、白樺へ降りてゴンドラの様子を見に行きますが…。



( ゚д゚)…。
ゴンドラは、もっと酷い混雑でした…。
どんなに雪不足でも、人出はしっかりハイシーズン。
兎平に上がらず、キッズスクール終了まで、空いているセントラルを滑ります。
15時半に子供達と合流してから、リーゼンクワッドで兎平に上がりますが…。



( ゚д゚)…。
なにこの人口密度。
パス!リーゼンはパス!



夕暮れの黒菱から望む、雲海に浮かぶ白馬三山。
あんなにシャバ雪だったのに、日陰の黒菱はもうカリカリに凍っていました。
109で休憩している間にリフト終了時間となり、
リーゼンから名木山に降りて、第三Pに帰ってきました。

さっそく車内で夕食を作って食べます。
今日は朝、昼、晩、全て自炊です。
家族4人が一日外食×2日だと出費がエライ事になるので、
今回は出来る限り自炊です。
しかしこの陽気で、釣り用ハードクーラーボックスでも保冷力がガタ落ち…。

夕食後はみみずくの湯へ行って、重雪でガクガクになった足の疲労を癒します。
入浴後、再び第三Pに戻り、20時には疲れて就寝。

つづく
関連記事


最近の記事