勇者のくせになまいきだ。そして携帯へ… その1

2009年05月20日 18:14

前回の株式会社悪の秘密結社に引き続き、
またしても、ヒーローやっつけゲームをDLしました。
勇者のくせになまいきだ。」という、まんまなタイトルの、
元はPSPのゲームらしいです。

プレイヤーは、魔王が崇める破壊神となり、
つるはしでダンジョンを掘って形成し、
その中で様々なモンスターを発生、育成し、
ダンジョンに攻め込んできた勇者を、魔王を匿いながら迎え撃ち、
コテンパンにするという内容です。

好きなようにダンジョンを掘って、好きなモンスターを発生・育成させるという点は、
アクションパズルというより、シミュレーションゲームっぽいです。

ファミコン時代のようなドット絵&ピコピコサウンドで、
とっても懐かしいテイスト。
魔王がハイテンションでバカっぽくてイイ!
全体的にノリがバカっぽくてイイ!
バカっぽいのに、ゲームシステムはマジメで巧妙で斬新。
このギャップがたまらない!

ゲーム画面が横向きなので、ケータイを横にしてプレイする珍しいゲーム。
ただ、プレミアキューブのように横にも開くタイプは、
持ち具合が小さなDSのようで、かえってやり易いです。

進行はステージクリア制。
ダンジョン構築やモンスターの育成を学ぶトレーニングステージが8面、
勇者を倒すチャレンジステージが28面、
おまけ1+α面。
勇者は、一人だったりパーティーだったり、
剣士だったり魔法使いだったり、足が速かったり、装甲が硬かったり、
制限時間が異様に短かったり、
特定のモンスターしかダメージを与えられなかったりと、
ステージによって特徴も様々。
魔王の助言を考慮して、そのステージの勇者に合ったダンジョンを構築していきます。

慣れれば意外と簡単。
適当に掘って、適当にトカゲやデーもんを作っておけば、
わー!勇者が来たー!きゃーきゃー!…あれ勇者死んだ?
って感じであっさりクリア。
ただ、勇者の侵攻を上手く阻止できないと、
匿った魔王が勇者に捕らえられ、引きずり回しの刑にされた挙句、
ダンジョンの外に連れ去られてクリア失敗に。
でも、どのステージもだいたいは一発でクリアできてるし、
失敗しても、1~2回リトライすればコツがわかってクリア。
クリアに失敗すると、
魔王がそのステージの難易度を下げてくれるという選択肢もあるけど、
今の所、一回も魔王の力を借りていません。

ステージ毎に、クリアの質でS~Dのランクが付くんだけど、
大した事してないのに、ほとんどSランク。
…破壊神の中の人がこんなドンくさい私でもSが出せるなんて、
最近の勇者は、ちょいとばかしユトリ過ぎではないか?

今、チャレンジ22面までクリア済み。
あと5面とおまけしか残ってないんですが…。
ここらで、ガツンと難しいステージをヨロシク頼みますよ!
関連記事


最近の記事