ピーク1

2009年05月26日 11:05

土~日曜はキャンプツーリングに行く予定でした。
木曜には荷作りして、何時でも出発OK!
…が、金曜、いろいろ用事があって、雨の中を自転車で走り回っていたら、
酷い頭痛になってズッキズキ。

しかも、ベランダで草取りをしたら、
虫か草の汁にでも触れたのか、両腕がカブレてボッコボコ。
痒くて痒くて、とてもじっとバイクのハンドルなんて握ってられない!

キャンプに行く気をなくして、家でゴロゴロに変更。
せっかく天気が良かったのに…(´;ω;`)
若い頃は、体調が悪くても、雨が降っても、喜んでツーリングに行ったものですが、
もうね、そんな情熱はどこへやら。

土曜の夜から、夫と子供達は、木曽川へシジミとエビを獲りに出かけました。
私は独りポツンと、カブレをかきむしりつつ留守番。



日曜。
暇なので、ポンピングしても内圧があがらずしばらく放置していた、
ガソリンストーブ・ピーク1の修理でもする事に。
ノブをバラしてポンプカップを交換。
ルブリカントオイルを塗って組んで、ポンピングしてみます。
スコスコスコスコ。
シュボー!!
おー直った。

ついでにお湯を沸かしてコーヒーを淹れました。
リビングがガソリンくさ~(;´Д`)
でもこの臭い、キャンプしてる妄想に誘ってくれて好きです。



タンクに貼ってあったラベルが剥がれちゃって、ノッペラボウの我がピーク1。
ラベルの糊が残っててネチャネチャしていたので、
それ以来、コールマンのレザーファントカバーを被せてます。
けっこうカッコ良くて気に入ってます。

最近めっきり出番が少なくなったピーク1ですが、
晩秋~初冬のキャンプでは、このストーブに限ります。
寒空に、シボーッ!と響く燃焼音と、慣れ親しんだガソリンの臭いが、
身も心も温かくしてくれるのです。
逆に、ダルい夏のキャンプでは、ポンピングするのが億劫なので、出番は皆無。



夕方、夫と子供達が、エビとシジミをいっぱい獲って帰ってきました。
ありがたくシジミ汁とエビの唐揚にして頂戴しました。
関連記事


最近の記事