my garden 6/18

2009年06月18日 18:21

梅雨になったというのに、今年も雨が少ないですね。
梅雨の時くらい水遣りをサボりたいから、定期的に雨が降って欲しいです。

…と書き出したら、外はいきなりゲリラ豪雨になりました。



これは、我が家のベランダにある巨大なプランター。
正体はナニかと言うと、
ビルの屋上とかに付いている採光ドームをひっくり返してプランターにしたモノなのです。

FRP製の採光ドームの頂点部分に、ドリルで排水穴を幾つか開け、ひっくり返して、
民家の梁を井形に組んだ土台に乗せて、土を入れてあります。
梁もドームも廃材のリユースで、夫が作ってくれました。
材料費制作費0円、夫の優しさプライスレス(*´∀`*)
ちょうど一坪ほどの大きさで、まさに坪庭です。
ただ、梁の土台が痛んできたので、そろそろ土台が潰れる可能性も…。

坪庭は、寄せ植えの生き残りを移植したり、
宿根草やこぼれ種がそこかしこで勝手に芽生えたり、
レイアウトもへったくれもなく、好き勝手にナニかが育っているという勝手状態。

今年、この坪庭の真ん中に、ヤマモミジを植えました。
このヤマモミジは数年前、実家の裏山で腐葉土を集めて持って来た時、
一緒に混じっていた幼苗でした。
可哀想なのでプランターに植えておいたら、みるみる成長。
10cmくらいだった木が、今では2m超にまで育ってしまいました。
プランターでは収まりきれなくなったので、坪庭に移植。



ヤマモミジの若葉が今年も出揃いました。
このヤマモミジは、毎年晩秋になると綺麗な紅葉を楽しませてくれます。



この季節はサントリナ・ローズマリーが大繁茂。
ローズマリーの葉を細くしたような葉のサントリナで、
ハーブのような爽やかな芳香がします。
黄色いポンポンした花が咲くのですが、
か弱いくせにモッサモサに茂るので、自分の重さで倒れてしまいます。



今はバラの季節でもあります。
我が家でもミニバラが少し咲いています。
でも、地植えならまだしも、バラをプランターで栽培するのは、
ズボラな性格では難しいですね…。
ウドンコ病、アブラムシ、ハダニetc…油断すると、すぐにバラが不健康になってしまいます。
バラとはそんなに気難しいものなのか、ただ私が下手なだけなのか、土が悪いのか…。
とにかく、ミニバラでまともにバラ作りが出来るようにならないと、
高価な大輪バラには手が出せません。



只今、エピデンドラムが満開。
気苦労の絶えないバラと違い、これはどんな放置プレイをしても毎年咲くランです。
しかも次々と花芽があがって、3ヶ月くらい咲き続けます。
室内越冬と春秋の成長期の水遣りさえすれば、肥料も殆ど要りません。
てか、あまり肥料をやると高芽が出るので、春秋に各1~2回程度の施肥で充分。
キンギアナムとこのエピデンドラムは、キング・オブ・ほったらかしランです。
関連記事


最近の記事