奥只見ツーリング & 大地の芸術祭

2009年08月24日 14:47

行ってきましたツーリングに。
ドシャ降りの中を…。

夜中に出発し、朝には450km先の新潟・奥只見の入り口に到着。
奥只見湖沿いの樹海ラインを走破。



樹海ラインで、新潟から福島県入り。
朝は雨、午前は曇りでしたが、お昼頃になってやっと晴天になりました。
バックにそびえるは、尾瀬のシンボル、燧ヶ岳。



時間が足りなくて尾瀬沼散策は叶いませんでしたが、
代わりに御池田代の湿原を歩いて、高山植物を堪能。



只見でキャンプ泊。
まだ8月なのに、夜は10度ちょっとまで気温が下がり、涼しくて(寒くて)快眠!



翌日、魚沼を抜けて十日町へ。
さすが米どころ、国道沿いにこんな稲アートがあったり。

十日町では、三年に一度開催されるアートの一大祭典、
越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭2009」を観覧。
十日町市と津南町を舞台に、総数370点のアートが楽しめます。





とても370作品全てなんて見られないので、
松代エリアの屋外アートを中心に、30点ほど観覧。
いやぁ、面白かった!
いつか見残しを見に行くぞー!



松之山温泉の近くにある、美人林の幻想なブナ林。
奥只見や尾瀬の野趣溢れる力強い森も素晴らしかったけど、
美人林の整然とした森も素晴らしかったです。

スタートこそ雨に降られたものの、両日とも素晴らしい晴天と風景に恵まれ、
先日のツーリング未遂を補って余りある、楽しいツーリングとなりました。

高速のETC千円乗り放題を駆使して、この二日間に走った距離、1200km!
このコースは先日のツーリング未遂の時、
二泊三日で巡る予定だったコースですが、二日で走りきりました。
尾瀬沼散策が出来なかったのが残念。
関連記事


最近の記事