リトルワールド 肉食いだおれ編

2009年11月18日 17:38



リトルワールドにて今秋開催中の「世界の肉料理」。
各国エリアにて、その国の名物肉料理が販売されています。
用意されている肉料理は、全部で18種。
満腹中枢とお金の許す限り、世界の肉を味わうぞー!



まず1品目。
沖縄の塩漬け肉スーチカーと、おなじみミミガー。
ついでにサーターアンダギー。



2品目。
バリの焼き鳥、サテアヤム。
ピーナッツ粒の入った甘いタレで、五平餅みたいな味。



3品目。
アメリカ代表スモークターキーレッグ。
美味しいんだけどスジが多い。
4品目。
ドイツ代表、カレー風味ケチャップがかかったソーセージ・カリーヴルスト。
いくら肉好きでも、ひたすら肉だけっていうのは辛いね。
サラダやご飯が欲しくなってきました。



口直しの番外。
アルザスの郷土料理タルトフランベを肴にグラスワイン。
1杯600円のワイン、たった一口程度しか入ってない (´;ω;`)
タルトフランベは玉ねぎたっぷりで、玉ねぎ好きにはたまらない!



仕切り直して、5品目。
イタリア代表の鶏肉トマト煮込み、ポッロ アッラ カチャトーラ。
今まで屋台メニューにカブりついてばかりでしたが、
これは店内で、ちゃんとナイフ&フォークでいただくメニューです。
この一品は、一人で食べるには量が多いです。
すごく美味しいんだけど、味が濃くて、ご飯かパンが欲しくなります。
ついでにトマトソースパスタとジェラートも食べました。



ボリューム満点の鶏肉トマト煮で、一気にお腹が膨れました。
6品目、アフリカ代表、ワニ肉串焼きとダチョウ肉串焼き。
ワニだけ注文して食べました。
鶏肉っぽい、普通の肉でした。
ワニ肉を食べると、ワニを食べた証明書がもらえます。



最終ラウンド、韓国のプルコギ丼。
甘いすきやき風味の肉の下にキムチが隠れています。
なにより、ご飯付きなのが最高!
この日は、未知の肉料理を体験するとともに、ご飯のありがたみも再認識しました。
個人的に、食べた肉料理の中でこれが一番美味しかったです。
でももうお腹一杯でキツい…。

全部で18種ある世界の肉料理のうち、7種を食べてノックアウト。
食べ過ぎて、帰宅しても夕食が食べられませんでした。
もちろん、今までのメニューは全部一人で食べたんじゃないよ。
それぞれ家族4人で少しづつ分けて食べました。
それでも、一日で完全制覇は無理でした。

どれも美味しかったですが、
特に、プルコギ丼と鶏肉トマト煮込みが美味しかったです。

次は、リトルワールド場内の紅葉を紹介します。
関連記事


最近の記事