有馬記念

2009年12月28日 06:21

いやぁ、まさかまさかの末脚。
まさかまさかの末脚。
…佐藤さん聞いてます?

最後尾から、まさかまさかの大まくり。
GPを勝ちきれなかった父と、良血GP馬の母父の確執を一身に背負って、
まさかまさかのGP2連勝。
…佐藤さん聞いてます?

池添騎手の男泣きに、
イケゾエコールに、
いやぁ、感動したなぁ。
…佐藤さん聞いてます?

このJRAのCMシリーズも、今回で終わり…のはず。
(12/30追記、終わるどころか来年も続投、しかも光浦が増えた。)

私がかつて、しこたまお金を突っ込んだ思い出の馬、ステイゴールド。
そりゃもう、色々な馬を愛して、それぞれに財産を貢いだけど、
この馬を最後に、もう競馬から足を洗おう…という気にさせてくれた、
私が最後に愛した馬。

そのステイゴールドの仔、ドリームジャーニーが、
宝塚記念に続いて、有馬記念も優勝しました。
…お笑いの二世が、とんだ一流俳優に化けたモンだわ。
父ちゃんのSS家の血が控えめで、母方のメジロ家の良血を邪魔してないのかもね。
でも、父ちゃんに似て小さい馬だね。

因縁のスペシャルウィークの仔を負かす、ってところが更にドラマ。
ただ、スペシャルウィーク自身もGPには縁が無かったから、いつかは仔が勝つといいね。
ブエナビスタも頑張れ。

SS産駒って、強いものの気難しいっていうイメージしかなかったけど、
SS三世ともなると、あの気性も薄くなるもんでしょうかね?
でもあの気難しい所が、いかにもアメリカンで面白い血だったので、
薄れるのはちょっと寂しい気も。

有馬を観ると、あぁ今年も終わりだなぁ、としみじみします。
で、正月には「金杯~!」とか古典的なダジャレを言いながらお神酒を飲むんですよ…。
関連記事


最近の記事