MAXチャレンジャーにチャレンジ!

2008年06月04日 19:23




買っちゃった!マックスチャレンジャー!
普通の一輪車も乗れないクセに!

マックスチャレンジャーとは、一輪車に補助輪、ハンドルとブレーキ、サスが付いた
、不思議な乗り物です。
ホッピングするために、リムに3つのサスとディスクブレーキも付いています。




これ、スキーのオフトレ用に、前から欲しかったんだよね。
これでホッピング出来たら、コブの練習にもなると思うんだ~。
それに珍しい乗り物だし、乗りこなせたらカッコいいじゃん。
…乗りこなせたら、ね。

しつこいようですが、私は一輪車には全く乗れません。
補助輪が付いているので乗れるのかな?と思いきや、
補助輪を接地させようとすると、写真のようにかなりウィリーな状態になってしまいます。
(一輪車でウィリーってのもおかしな表現だけど。)
補助輪は、ただの後ろへの転倒防止程度のもので、
走行をアシストするものではありません。

こうなったら、地道に一輪車に乗る練習をするしかないのですが、
普通の一輪車とも、またちょっと乗り方が違います。
一輪車は、頭から接地点まで一本で、腹筋でバランスをとる乗り方になりますが、
MAXチャレンジャーはハンドルがあるので、
接地点、ハンドル、胸辺りを繋ぐ三角の重心を考えないと乗れません。
その重心がなかなかつかめず、後ろに振り落とされたり、前に吹っ飛んだり。

一輪車なので当たり前ですが、ピスト自転車みたいに常にペダルが回り続けます。
普通の自転車の感覚でいると、ペダルをスネにぶつけたり、
足を止めた途端にタイヤが止まってつんのめってしまいます。
いつまで経っても、この特性になかなか馴染めません。

練習すること30分。
たまにまぐれで重心をとらえて1~2漕ぎほど走れる程度にはなりました。
ただ、足がうまいタイミングでペダルに乗せられないです…。
練習中、スネをペダルにガンガンとぶつけるので、スネが真っ黒に内出血してしまったので、
今日の練習はここまで。

最初の一歩を漕ぎ出す時に、
意識的にハンドルを前に倒して体を前に移動するといいみたいです。
そうすると、走り出したマックスチャレンジャーに重心がすくいあげられるような形で乗っていきます。
関連記事


最近の記事