正月スキー1日目  白馬八方尾根スキー場

2010年01月10日 20:33

A 八方 New Year!
あまりの寒さに、一晩中、家族で掛け布団の奪い合い。
ぐっすり眠れなかったよ…。



昨夜から12時間で、これだけ積もりました。
雪は全く衰える事なく、まだまだ、どんどん降り続いています。
初日の出どころでない…。

 

第三Pの盛りコレ。
ちょ、将軍様、盛りすぎ盛りすぎ! (;´∀`)



朝食を食べ、着替えて、板にワックスを塗って、
8時半に名木山ゲレンデへ。
八方尾根は、今年からイコッパICチケットが導入され、ちょっとややこしくなりました。

イコッパICカードは2年有効で、保証金500円。
来場のたびにカードデータを書き換えるだけでOK。
家族みんな、事前にClub Happoに登録してあるので、
イコッパ発券と同時に、ケータイからマイカード登録をします。
Club Happoに会員登録して、最初にマイカード登録してしまえば、
書き換えのたびにポイントが自動に貯まっていきます。



リーゼンクワッドで兎平に上がりますが、猛吹雪…。
風が冷たくて、頬に当たる雪が痛くて、くじけそう…。

コースは、ピステンをかけた後に降った雪が、30cmくらい積もっています。
パウダーといえどもこの量では、重くて滑りにくいです。
スプレーを上げて滑るどころか、もう天気そのものが、スプレー状態の吹雪。



どんだけ風が強いかというと、こんな感じで、樹氷が真横に成長中。





極寒の悪天候なんだけど、樹氷が綺麗。
木という木が、全て凍てついています。

リーゼンのコース脇で樹氷の写真を撮っていたら、
深雪にハマって身動きが取れなくなりました。
ストックがどこまでもささる、底なしの深雪。
必死にもがいて雪の上に這い出し、ゴロゴロ横に転がって脱出しました。
リーゼンのコース脇でこの深さ、前代未聞の大雪だ…。



寒さと雪にくじけて、リフトに乗るのが嫌になり、
リーゼンからゴンドラに移動します。
すごい深雪の国一リフト沿いの壁に、果敢に挑む息子達。
おいおいキミタチ、この急斜面をそんな涼しい顔で降りてもらっちゃ、
ちょっと悔しいんですけど…。



昼食も、駐車場のキャンパーに戻って自炊。
午後も相変わらず吹雪で、視界が悪いです。
なにより、あまりの寒さに、心が折れまくり… (´;ω;`)



17時、スキー場終了時刻。
白馬の夜景をめがけて、リーゼンから名木山へと滑り降ります。
寒くて、休憩場所に避難して休んでばかりで、
ちっとも滑った気がしない一日でした。



駐車場に戻ってきて、夕食もやっぱり自炊。
夕食後、歩いて第二郷の湯に行き、一日吹雪の中で凍えた体を温めます。
たまらん!極楽! (*´∀`)

また家族で布団争奪合戦にならないよう、掛け布団を追加して就寝。

続く。
関連記事


最近の記事