豪雪にもほどがある  野沢温泉スキー場2日目

2010年01月22日 16:23



道の駅「花の駅千曲川」にて車中泊し、翌朝6時半起床。
さ、さっぶー!!
八方も寒かったけど、そんなの目じゃない寒さ!
車中泊装備を、もうちょっと真剣に考え直さないとヤバいわ。

道の駅では、厚い雲の中から朝日がチラ見え。
き、今日こそ寒波スキーともオサラバか!?



一日の晴天を願って、今日も野沢温泉スキー場へ。
しかしスキー場に来てみれば、やっぱりブリザードブリザード♪

今日も極寒の上ノ平ゲレンデに上がり、
昨日行けなかったパラダイスゲレンデ~チャレンジコースへと移動。



パラダイスゲレンデは、上ノ平と同じく、
ユルユル緩斜面の広いファミリー向けバーン。
しかしその先には、上級者ウケする、クセの強い中上級者コースが並んでいます。

そそりたつ写真のカベは、チャレンジコース。
これでも中級でユルい部類です。
実はこのカベの上には、野沢で一番の名物急斜面、チャレンジ39°のカベがあります。
しかし雪崩の危険があって立ち入り禁止でした。
39°のカベ、体験したかった!



チャレンジのカベを迂回する、初級者用の林道コース。
行きたいと言う子供達に付き合って、一本滑ってみました。
ユル~い林道を、ひたすら数キロ下ります。
ダルいですが、静かな森の雪景色が良いです。



チャレンジから下りてきた麓の、伊勢宮ゲレンデ。
ゲレンデですが、生活道路でもあります。
野沢ではキャタピラ仕様の乗用車が、そこら中で普通に走っています。



チャレンジコースから見た、迂回の林道コース。
今日も朝からずっと雪が降っているのですが、
さらに強烈に吹雪いてきました。

毎日毎日、雪雪雪。



いくら連日の雪で慣れたといっても、つ、辛い!
マスカットサイズのボタ雪が、容赦なく体当たりしてきます。
リフト上ではみんな、首をすくめ、体を丸めて、降り積もる雪に耐えます。



今日も上ノ平からスカイライン経由で、第二駐車場に戻って昼食。
雪が真横に降りしきります。



車内で昼食をとり、夫は帰路に備えて昼寝。
その間、子供達と3人で、第二駐車場の最寄の柄沢ゲレンデで遊びます。
柄沢は、漕がないと停まってしまうほどのユルユル初級コースです。



柄沢には、ウェーブがあります。
全速で滑ってもマクレる心配のない、ユルユルのウェーブで、子供でも安心。
子供達は大喜びで、ひたすらウェーブをローテーション。

その後、目覚めた夫は、次男と別ゲレンデに移動。
私と長男は、大雪にメゲて移動する気になれず、柄沢でダラダラ。

16時半、結局一日中大雪のまま終了。
車内で軽く夕食を食べてから、愛知に帰ります。
帰り道は綺麗に除雪されていたので、
道の駅千曲川で、2日間つけたままだったチェーンを外しますが、
その先のR117がテレテレに凍っていて恐怖でした。

豊田飯山ICから高速に乗って、23時頃に帰宅。

広くて、とても2日では遊び切れなかった野沢温泉スキー場。
とうちゃん、また連れてって下さい。
関連記事


最近の記事