青空の下  白馬八方尾根スキー場2日目

2010年02月16日 14:20

明けて日曜日。
今日もアーリーモーニングが開催予定です。
今度こそ寝坊することなく、am4時に起床。

アーリーモーニングは、Club Happo会員限定で、
朝一番のリーゼンクワッド&リーゼンスラロームを開放してくれるイベントです。
参加するには、6時~6時半の間に名木山トリプル前に集合し、
会員照会&リフト券購入が条件。



6時、名木山トリプルに到着。
続々と参加者が集まり、会員照会場所は長蛇の列に。
全員の照会が終わったところで名木山トリプル→リーゼンクワッドへ。



リーゼンクワッド上で、朝日がさしはじめました。
昨日コケて痛めた首を必死に回して、
バックの朝日の写真を撮ってみました。



リーゼンクワッドを降りてから撮った、コース上からの日の出。
雲海の上に、見事な朝日となりました。



朝日を浴びて、五竜岳もピンクに輝きます。
今日は雲が少なく、北アルプスが綺麗に見られる日になりそうです。



ピンクに輝くまっさらのリーゼンスラロームを、
雪煙を上げながら思いっきり駆け下りる参加者達。
かなりのハードバーンで、参加者みんな飛ばす飛ばす!

ザ・放射冷却。
せっかく早起きして朝一で参加したものの、
キョーレツに寒くて、子供達がメゲてやる気なし。
大人もさすがに挫け気味…。

7時半を回り、名木山が動き出したので、
一般の人もリーゼンに上がってきました。
アルペンクワッドも動き出したので、兎平に上がります。



兎を滑りながら、グラートクワッドが運転開始になるのを待ちます。
グラートクワッドが動いたら、すぐに乗って、
リーゼングラートに上がります。

晴れたグラートは、ホントに日本離れした絶景です。
めったに晴れないのが難点…。



綺麗にピステンがかかったグラートのバーンに、
我先にと自分のトラックを刻みます。
どれどれ、私の描いたラインはどうだ?と、振り返って確認。

blog10125.jpg

リーゼングラートから見た白馬三山。
画像をクリックしていただければ、もうちょっと大きい画像が表示されます。
一定間隔でレンズ汚れがあるのが、パノラマ合成の証… (;´д`)



黒菱に残る、長野五輪のエンブレム。
切れてますが、壁には「ダウンヒルスタート1680m」と英表記されています。
奥には白馬三山。



八方で一番有名な難所、黒菱のコブ。
このコブを滑りきったら、一躍ヒーローです。

え?私? (ヾノ・∀・`) ムリムリ



白馬三山と黒菱のコブ。



黒菱に入れないヘタレでもいいもーん (´・ω・`)
いつもの兎平ペア下で、独りでひっそり練習するからいいもーん (´・ω・`)

子供達もすっかり八方に慣れて、
場所を指定しておけば、子供達だけで勝手に滑ってくれるので、
ずいぶん楽になりました。
好きなバーンで、好きなように練習できます。

逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ
うおおおおー!

チキンなりに精一杯頑張るものの、今日もコブにハジかれて、
昨日と同じく、下のコブめがけて豪快にバックドロップ!

一晩経ってやっと首の痛みがなんとか耐えられるまで回復したのに、
またしても後頭部から落ちて、再び首を激しく痛めてしまいました。
変な転び方ばっかりしてるな…。



五竜の向こうに日が沈んでいきます。
日の出から日没まで、たっぷり遊べました。
今日も名木山でキッチリ5時まで滑って終了。
それにしても、名木山、どんだけ重雪…。

ジャスコで夕食を買って食べ、豊科ICで長野道に乗ります。
梓川SAで仮眠をして、0時に愛知に帰宅。

帰りの道中のラジオで、上村愛子選手の競技結果を知りました。
4位、惜しかった!

帰りは吐き気がするほど首が痛くて、
整形外科行き&ギプスを覚悟していましたが、
1日寝たら、嘘のようにコロッと治りました。
頑丈だけが取り柄だもの…。
関連記事


最近の記事