懐ゲー ~バトルロボット列伝の巻

2010年07月06日 05:00

ちょっと前に、子供達がスーパーファミコンをやっている、と書きました。
その続き。

子供達がスーファミをやっているのを見たら、私もやりたくなってきました。
で、押入れからひっぱり出してきたゲームは、「バトルロボット列伝」。
買ったものの一度もプレイせずに押入れのコヤシと化していた、未開封新品のゲームでございます。
私は、買うだけ買って遊んでいない、コヤシゲームをけっこう持っているのです…。

バトルロボット列伝をプレイしようとしたら、
今までロボットに全く興味を持たなかった子供達が、興味を示しました。
で、ゲームを子供達に奪われました…。



バトルロボット列伝は、'95年発売のSLG。
スパロボの兄弟のようなゲームです。
異世界の星に転送?された、地球のリアルロボのヒーロー達が、
異世界のバトルの渦に巻き込まれていく、みたいなストーリー。

そんなストーリーなんて全く理解しないまま、
子供達はストーリーを進めていきます。
このゲームに登場する作品は、
逆襲のシャア、ザブングル、エルガイム、ダンバイン、Zガンダム、ダイターン3、ザンボット3。
もちろん、登場するロボットもキャラも、子供達には全くの初見です。
だから、ショウとトッド、アムロとシャア、ダバとギャブレーといった因縁同士が、
なにか言い合っていても、子供達にとっては「?????」。

登場人物やロボットや人物関係が分かっている私は、それを横目にニヤニヤ。
子供達は、私がアニマックスでザブングルを見ていたのを知っているので、
ザブングルとジロンだけ、「あ!これは見た事ある!」と喜んでいました。

命中率や地形、順番も考えて攻撃できるようになり、
私がサポートするまでもなく、子供達だけでサクサクと進められるようになりました。
…ちぇっ、私がやろうと思っていたゲームなのに。

じゃあ、私はドラクエでもやるとするか。
って事で、私はドラクエⅠを始めました。
プレイする私の横に、タイマーを用意する子供達。
えっ?かーちゃんも60分しかやっちゃいけないの? (;´Д`)

子供達に、「RPGとはこうやってプレイするんだ!」…ってのを教える為に、
ロトのかーちゃんは旅立ちました。
ガライの墓に特攻をかけたらフルボッコにされ、さっそくゲームオーバーですよ…。

おぉかーちゃんよ!死んでしまうとはなさけない!
と、お決まりのセリフで子供達に笑われました。
関連記事


最近の記事