明治・探検隊Ⅴ~創世記外伝 答え合わせ

2010年08月02日 12:14

明治探検隊の解答が、明治村HP上に発表されました。
自分の謎解きっぷりは、追記に書きました。
自分の推理が答えとかなり違っていて、偶然発見できただけだったと思い知らされてヘコむわ…。




その4で書いた、失くしたアイテムとは、ロゼッタストーンでした。
幸い、失くす前に一箇所、ロゼッタストーンを使う場所を見つけていたので、
後日、その場所へ行って、鉛筆でこすって拓本を取って、ロゼッタストーンを自作しました。

…まさか、その拓本を取った石板が、実は最終キーワードだったとは。
最終キーワードの拓本をとるなんて、人の少ない平日だから出来た荒技です。

ただ、せっかくアイテムを自作したのに、他に使う機会がありませんでした。










(正解)は、推理した場所が合っていた。
(偶然正解)は、推理は違っていたけど偶然場所が合っていた。
(間違い)は、推理も場所も違っていた。
…と言う意味です。


<マスターコースRED>
4問とも、問題が示す場所は簡単に分かりました。
ただ、問題の上で鍵を使う、という発想が出来なくて、手がかり参でギブ。
夫に、図面上でも鍵を使ってみろ、とヒントをもらって、やっと解けました。
手がかり四でも、図面上で鍵を使うギミックがあったんですね。
「両国にとって重要な遺産」→ポーツマス条約のテーブルとすぐに連想したので、
鍵を使う事なく、帝国ホテルに直行しました。(正解)


<マスターコースBLACK>
手がかり壱
金沢監獄と灯台のことだとはすぐ分かりましたが(正解)、単純に監獄と灯台の間だと思ってました。
で、二つの間にあったのが、指標でなくいきなり手がかり。
あれ?ま、いいか。
まさか、土の下を拾え、なんて指標があったなんて、全く気付きませんでした。
もし指標を発見していても、解読出来なかったでしょう。

手がかり弐
明治村で兄弟を連想させると言ったら、西郷隆盛の弟・従道。
て事で、西郷従道邸付近(間違い)を探したら、見つけたのは指標四。
あれ?またしても違うモノが…ま、いいか。
結局、兄弟の解釈が全然違っていて、兄弟 = 同じ設計士による2つの建物という意味でした。
まぁ、指標が見つかっても、数字=アルファベットの変換は出来なかったでしょうがね。

手がかり参
これはすぐ分かりました。(正解)

手がかり四
「外に咲く桜」…明治村で、桜をあしらった建物は学習院長官舎しか知りません。(正解)
問題は「内に咲く菊」…菊を掲げた建物はいっぱいありますが、
内なる菊→鉄道局新橋工場の中に納まった御料車両と連想。(間違い)
で、学習院長官舎と新橋工場の間(新橋工場の裏)を探したら…いきなり最終キーワード発見。
殆ど謎解きをしないうちに最終キーワードを見つけてしまったので、
やる気をなくして、壱と弐の解読をしないまま終わってしまいました。


<アドバンスコース>
鍵の座標
三重県庁舎の時計展示だとすぐに気付きました。(正解)

うつろう座標
人知れずうつろう(拘置)、開で始まる(出所)→金沢監獄と連想。(間違い)
金沢監獄に行ったらありました…契約の台座でなく、いきなり太陽の台座が…。

暁の座標
「甘く苦しい行働」→「甘く苦い(にがい)」で、コーヒーだと連想し、ハワイ移民集会所(偶然正解)へ直行。
移民の人が作っていたのはコーヒーでなくサトウキビだったと、解答を見るまで気付きませんでした。
最初、寅~申の刻→日の出から日没まで→日時計と連想して、
品川燈台の日時計周辺を探し回ってました。

生命の座標
大地の印 = 品川燈台とは簡単に連想。(正解)
古より恐れられた神の力→疫病→北里研究所(間違い)だと連想しました。
で、その中間にある四角いランドマーク→レンガ迷路と予想。(偶然正解)
契約の台座にセットして、針が指した芝川又右衛門邸へ探しに行ったら…
またしても発見、手がかりでなく、いきなり最終キーワード。
最終キーワードの近くで手がかりも見つけたけど、2つの距離が近すぎるよ…。

結局、太陽と星の台座の謎解きをしないままクリア。
絶対、自力で座標は導き出せなかったでしょう。
答えを見てもチンプンカンプン…。


<伝説の探険家コース>

ストーリーのベースが明治維新なのはすぐに分かりました。
でも、このストーリーそのものは、謎解きには全然関係ありませんでした。
問題の図面上で剣が示す手がかりも、「○章●節」としか書いてなくて参考にならないので、
剣が指す文章は無視しました。

最終キーワードの石板は、けっこう目立つ場所に設置されていて、
実はアドバンスをプレイしている時に、すでにもう見つけていました。
だから、伝説を始めたとき、真っ先に見に来たのですが、
まさかこれが最終キーワードだと思わないから、
ニジュウセイキノソウセイ?これが一体どんな手がかり?状態。
その後、色々な手がかりを集めていき、問題裏のアルファベットを地図として解読していくと、
どうも、あのニジュウセイキノソウセイの石板を指しているようで、
あぁ、アレは手がかりではなく、最終キーワードそのものなのか!と、やっと気付きました。

問題で分からなかったのは、全て建物内の展示をヒントとしている問題や手がかりでした。
「四十の課題を六日でこなす」
「隠れゼウスの14とまり」
「英雄の目」
「ほうおうが守る」
この辺りは、建物内の展示を見ないと分かりません。
問題に、「建物内部には手がかりは無い」とあったので、それを、
「建物内部の展示には手がかりに役立つヒントも無いだろう」と勝手に解釈し、
どんなに詰まっても、内部展示は参考にしませんでした。

BLACKの「内の花」も、アドバンスの「時の間」も、太陽と星の台座の解読も、
内装や内部展示を参考にしなければ解けない謎だし、
これからは、内部展示も参考にしなければな、と反省。

初めての難関コースチャレンジで、ここまで解読出来れば、我ながらよくやったと思います。
来年はもっとスムーズ&スマートにクリアできそう。
…って、来年もやるつもりか!?
関連記事


最近の記事