深夜の缶コーヒーツーリング

2010年09月21日 15:46

三連休なので、仕事も休みを入れてツーリングにでも、と計画していたのですが、
…暑いよ!なんでこう毎日毎日暑いのよ!
もう汗をかきかき、のぼせながら走るのはウンザリなので、
ツーリングに行くのをやめ、のんびりクーラー浴に変更しました。

祝日、am2時半頃に目が覚めたら、
暑くて寝苦しくて、なんか寝付けなくなりました。
ちょっとバイクで走って、星空を見がてら缶コーヒーでも飲みに行くか。



なんとなく走って、美濃まで来ました。
暗闇で光っていた、「うだつの上がる町並み」の看板に惹かれて、
古い町並みが残る通りに寄ってみました。
漆喰の白壁と格子、そして防火壁の「うだつ」がある町並みが、
繁栄当時のままの姿で残されています。

うるさいバイクを離れた場所に停めて、歩いて通りを散策しますが、
足音やシャッター音すらも気が引けるほど、町並みは静まり返っています。

カメラは持ってきたものの、三脚は持ってこなかったので、
良い夜景なのに、綺麗な写真が撮れませんでした。

 

夜中でも煌々と灯り、町並みを演出している灯篭。
美濃和紙で作られた灯篭が、各戸で灯されています。



秋にちなんだ絵が多かったので、季節ごとにデザインが変わるのでしょうか?
この美しい灯篭を見て歩くだけでも楽しめます。



am4時。
うだつの上がる町並みの近くにある道の駅、美濃にわか茶屋で休憩。
寒い!さっっっぶい!
道路の温度計は、18℃を表示していました。
半袖Tシャツにパーカーをはおっただけの格好では、さすがに冷えます。
この寒さを求めて来たのです。
もう暑いのはヤダ!
草木が糖分を蓄える甘い匂い、放射冷却の寒さ、虫の音を、五感で味わいます。
秋LOVE!

さすが連休、車中泊の人が多いなぁ。
ラジオを聴きながら缶コーヒーでブレイク。
出発した頃は雲もなく、星がまたたいていて、
今夜は綺麗な星空が見られそうだと思っていたのですが、
美濃まで来たら、空は厚い雲に覆われており、雨の匂いもプンプン。

1時間もラジオを聴いていたら、空が白み始めました。
さて、凍えるほど涼んだし、帰ろうか。



帰路、木曽川に架かる橋にて夜明け。
厚い雲の隙間から、朝日が輝きました。
もし橋の上から写真が撮れていたら、朝日が川に写ってすごく綺麗な風景だったでしょう。

6時半頃に帰宅。
90kmほどのプチツーリングでした。


関連記事


最近の記事