JR中央本線 旧愛岐トンネル群一般公開

2010年11月30日 05:00

明治村ネタは終わりましたが、紅葉ネタは続きます。 (;´∀`)


JR中央本線の古虎渓駅~定光寺駅間の現・愛岐トンネルの開通により、
S41年より廃線となり、自然の中で朽ちるがままだった、旧トンネル群。
明治時代の重厚なトンネル群は現在、保存活動が盛んになり、
近代化遺産にも登録されました。

愛岐トンネル群保存再生委員会HP

ただし普段は一般公開されておらず、1年に1度、秋に1週間ほど限定公開されます。
今年の一般公開は、11/23~28でした。




▲JR定光寺駅。
普段は人気も少ない無人駅ですが、旧トンネルの一般公開の時だけは大賑わいです。
旧トンネル群へは、定光寺駅の脇を抜けていきます。




▲見学料は100円です。
まずは最初のトンネル、玉野第三トンネル。




▲坑口脇に、当時の犬釘やクサビ等が展示されています。




▲玉野第三の坑内にはカンテラが灯っています。




▲天井は、SLの煙で煤けたまま。




▲逆光で見辛いですが、レンガの橋跡もあります。




▲トンネル間の廃線跡。
当時のままのバラスでしょうか?
人が多くて、ずっとゾロゾロ行列です。




▲次のトンネル、玉野第四トンネル。
もうね、人が多すぎで、ここまで来るだけでもうウンザリ…。






▲1年でたった1週間程度しか開放しない、
しかも紅葉の見頃とあって、
観光客、地元の人、鉄ちゃん、カップル、ファミリー等、入り乱れての大混雑。
車を停める場所を探すのも一苦労だったし、
遠い駐車場に停めた車まで戻るのも大変だったし、
いやはや、土日なんかに来るもんじゃないね… (;´Д`)




▲軌道跡のど真ん中に生えたモミジ。
その成長が、廃線歴を物語ります。




▲コースにはモミジが多く、紅葉がとても綺麗でした。
まだ先があるのですが、人混みが嫌になって、
玉野第四の手前で引き返してしまいました。

次に来る機会があったら、絶対平日に、駐車に困らないバイクで来たいです。


関連記事


最近の記事