プール

2008年06月24日 23:53

小学生の子供達は、先週からプールの授業が始まりました。
小3の長男は、今年からノルマが課せられます。
夏休みまでに25m泳げないと、夏休みに補習に出なければいけません。
…そんなぁ、まだやっと顔に水がつけられるレベルなのに…。

この時期になると、毎年水泳教室に入れる事を考えるのですが、
周りに子供を通わせている知り合いがあまりにも多いので、気がすすみません。
学校でさえ差がついているのに、プール教室でまで差を見せつけられたら、可哀想な気がして。

よっしゃ、こうなったらお母さんが特訓してやる!と、
市営の温水プールに連れて行きました。
しかしこのプールは、流水プールやスライダー、造波プールなどがある、
完全なるレジャープールです。
子供達は遊びたくて、泳ぐ練習に身が入りません。

水中で目を開ける、呼吸方、バタ足など、ノルマを決めて、
ひとつ出来る毎に30分遊んで良いという約束で練習。
私が教えられるのはこのレベルが限界です。
私自身、小学校から高校まで、全くプールのない環境で育ったので、
人から泳ぎ方を教えてもらった経験がなく、どうやって教えたらいいのか全く分かりません。

長男はなかなか呼吸法が覚えられず、何度も鼻から水を吸ってしまい泣いていましたが、
プールで遊びたいがために頑張って、なんとか息継ぎしながらジタバタできるようになりました。
もうそれだけ出来れば満足です。親が疲れ果てました…。

その後、学校のプールで15m泳げるようになったよ!と、
長男が嬉しそうに報告してくれました。
たぶん、泳ぐより溺れてるってレベルでしょうが、
息継ぎと手足の連動さえ覚えてしまえば、残り10mも越えられるでしょう。
もし25m泳げるようになったら、いっぱいプールに連れてってあげると約束したら、
俄然やる気になってました。
子供は、おだてて、ご褒美で釣るに限ります。
関連記事


最近の記事