ちょい乗り恵那

2010年12月02日 15:25

前記事の岐阜の実家へ行く時、恵那の某公園に寄っていきました。
子供達が公園の遊具で遊んでいる間、私は車の中で寝ていたのですが、
ほどなく長男が、まるで有刺鉄線リングで試合後の大仁田厚かってくらいに、
顔面や服を血まみれにして帰ってきました。
なんでも、滑り台に頭をぶつけて切ったとの事。

出血量がハンパなく、急いで公園の管理人さん方に助けていただき、
長男の顔の血を洗って、キズ口を見てもらいました。
キズ口は大した事なかったのですが、頭を強打しているので、
念のために、近くの恵那病院に行って診てもらいました。

恵那病院でも、大した事ないという診断で、額にガーゼを貼ってもらっただけですが、
こういう時に限って子供達の保険証を持ってきてなくて、
治療費を実費払いしました。

そんな経緯があって、月曜日に恵那病院まで治療費の払い戻しに行ってきました。
バッテリーの保守も兼ねて、バイクで行ったのですが、
寒いわ寒いわ、寒いわー!




▲恵那病院での払い戻しが早く終わったので、
ちょっと恵那峡にでも寄っていこうと思い立ちました。
途中のベーカリーでパンを買って…




▲恵那峡に到着。
ここで、日向ぼっこをしながら、パンを食べました。




▲平日なので人もほとんどいません。
人がいないほうが安らぎます。




▲恵那峡は紅葉が有名ですが、紅葉シーズンはもう終わりです。

またブルブル震えながら、帰りました。
行って帰るのに、コンビニやスーパーなどで5回もトイレを借りました。
トイレを貸していただいたお礼に、そこで缶コーヒーやお茶を買っては飲むので、
またトイレに行きたくなっての悪循環でした。


関連記事


最近の記事