'11正月スキー3日目 ~白馬八方尾根スキー場

2011年01月09日 05:00

blog11013.jpg

▲正月スキー最終日。
昨シーズンから持ち越していたClub Happoのポイントが10P貯まりました。
10P貯まると、1日リフト券に交換できます。
今日は、そのポイントをリフト券に交換して滑らせていただきます。


blog11014.jpg

▲ちょっと早起きして、シャトルバスに乗ってゴンドラからアクセスしてみました。
たまにはゴンドラにも乗らないとね、ゴンドラの存在を忘れそう。


blog11015.jpg

▲前日も前々日も、雲に隠れて見えなかった北アルプス。
最終日になって、ようやく見えました。
まずは、グラートクワッドからの五竜岳。

リーゼングラートは国定公園なので、
高山植物を荒らさない為に、一定以上の積雪がないとオープンしません。
なので毎年遅れてオープンするのですが、
今シーズンは、グラートが早々にオープンしました。
正月にグラートが滑れるなんて、久しぶりな気が。


blog11012.jpg

▲毎年毎年ワンパターンに貼り付けてる、おなじみ白馬三山。




▲妙高方面も絶景かな。




▲今日も、兎平や黒菱あたりを滑って楽しみます。
冬将軍とのガチ勝負を覚悟していたのに、初日にちょっと吹雪いただけで、
3日間とも拍子抜けなほどに穏やかな天気。




▲スカイライン。
名木山はもう土が見え始めてしまいましたが、
ウサギや黒菱やスカイラインは、まだまだ雪が豊富です。




▲北尾根。
急斜コブが多く、八方の裏番長コース。
この時期はまだコブが柔らかくて、ヘタレにも優しい仕様。
でも、もう石や枝がかなり出てきており、風前の灯。
冬将軍様、ドカンと一降りお願いしますよ…。




▲北尾根から見た、天狗の大下り~唐松岳。




▲午後からは、自由行動。
私は、兎平ペアを使って、ウサギを短くローテーション。
もう、アルペンクワッドに乗ってウサギをフルで滑る体力がない…。

午後のウサギは、ガスガスで視界不良。
ほどよい荒れ具合が楽しいのですが、いかんせん人が多くて疲れます。
ウサギや黒菱で流して、終了。

3日間無理せずに滑っていたし、雪質も良かったので、
全然筋肉痛になりませんでした。
風邪は、滑るのに夢中になってるうちに治っちゃいました。
年末にケガした右手のひらも、最初のうちはストックを握るのも痛かったけど、
いつの間にか、ケガしたのも忘れるほどに回復しちゃいました。
ただ、鼻のかみ過ぎで、鼻が擦りむけてヒリヒリ。


関連記事


最近の記事