寒波にもほどがある ~野沢温泉スキー場1日目

2011年01月17日 16:23

なんでも、史上最大級の寒波が到来するそうで。
史上最大の寒波を全身で体感しようと、
は~るばる来たぜ野沢温泉!
冬将軍様よ、いざ勝負! ヽ(・∀・)ノ




▲金曜の夜出発し、仮眠をとりつつ野沢へ向かいます。
道中は、全然降雪も積雪もありませんでした。
6時頃、柄沢の第2Pに到着。
と同時に、雪が激しく降り始めました。
オープンしてまずは、柄沢で数本足慣らしをしつつ、雪質を確認。
それから連絡リフトでゲレンデを移動します。




▲降雪が激しく、リフトに乗ってるだけですぐに雪まみれ。
水分の多い雪で、ウェアに付きやすく、
すぐ溶けてあっという間にウェアがベッチャベチャになって、嫌すぎる…。




▲下部のゲレンデはベチャ雪で嫌なので、
最上部のやまびこゲレンデに移動。
草木も電波塔も凍てつく、極寒のゲレンデです。
降る雪も、サラサラの細雪。




▲樹氷の中を抜ける爽快コース。
しかし、寒すぎる! (((( ;゚Д゚)))
雪が横殴りに降り、視界も悪いです。




▲やまびこフォーがフード付きなのが、せめてもの救い。
しかしもう、フード云々どころでない寒さ!
数本滑ったらあまりの寒さに子供達がメゲてしまい、やまびこを諦めました。




▲車に戻って昼食を食べる為に、スカイラインを滑り降ります。
雪が真横にビュービュー降ってます。
あーもう!寒い!
ちなみにこの写真、奥のほうが高くみえますが、
実際は、手前が急斜で、奥が緩斜。
これは手前から奥へ向かって滑っているところです。
なんか騙し絵みたいな写真です。



▲午後からは、雪も寒さも少し和らぎました。
日影ゲレンデに移動し、日影トリプルで遊びます。

日影トリプルの向かって右は、日影のカベと呼ばれる斜面。
向かって左は、検定コースと呼ばれる不整地斜面。
この日は、どちらもコブ未満のモコモコバーンでした。
どちら側を滑っても、超楽しい! ヽ(゚∀゚)ノ




▲柄沢に帰るために、スカイライン連絡リフトの長蛇の列に並びます。
このリフトに並ぶのも、芋洗い状態のスカイラインを滑るのも、ホント面倒 ('A`)
野沢は良いスキー場なのに、ゲレンデ同士の繋がり方がイマイチなのが残念。

この日の夜は、野沢温泉の村内で、道祖神火祭りが開催されました。
次の記事は、道祖神火祭りの様子です。

続く。


関連記事


最近の記事