和歌山キャノンボール

2011年06月20日 15:00

ウェザーニュースによると、週末は曇りという予報だったので、
それを信じて、キャンプ道具満載でツーリングに出発。

行き先は、なんとなく和歌山へ。
しかし、当日に天気予報を確認しないまま出発したのがマズかった…。

丑三つ時の東名阪~名阪国道を走り、
奈良県の大宇陀まで来たところで、雨が降り出しました。
ここまで来てから降るなよ…もっと早く降りだしてくれたら引き返せたのに (´Д⊂ヽ

走っていれば雨が止むかも、と思って、R24を走って和歌山入り。
止むどころか、どんどん強く降ってきます。

和歌山まで来て、やっとケータイで今日の天気予報を確認。

一日雨予報、明日も一日雨予報… _| ̄|○ il||li




せっかく和歌山まで来たので、加太の砲台跡を散策。
どしゃ降り過ぎて、ダメだこりゃ (´;ω;`)

この地点で、まだ朝8時。
よっしゃ、キャンプは中止!
今から愛知まで帰るぞ!




帰ると言っても、来た道を帰るのは面白くありません。
帰りは、紀伊半島の奥の細道を使って、西から東に横断。

和歌山から、R370→R480→龍神スカイライン→奥千丈林道→r733川津高野線→
R168→r53高野天川線→行者環林道→R169→R166→松阪のR42へ。

分かる人には分かってもらえると思いますが、
山深い紀伊半島を真横に突っ切る、けっこうマゾなルートです。




どしゃ降りの中、
スリップサイン出まくりツンツルテンタイヤで、
しかもキャンプ道具満載のバイクで、
落石上等路肩崩落上等の、超絶ウェット路面のクネクネ道を行く。

タイヤが滑って滑って、何度も転びかけて、肝が冷えまくり (´;ω;`)
よりによって、なんでこんなタイヤ…。




やってることがバカすぎて泣けそうだったけど、
道中で綺麗な景色も見られたので、救われた気分。

これは、名もない三段滝。




天川は本当に綺麗。




国道だろうが容赦なく1車線、それが紀伊クオリティ。
南北を走るR168やR169はかなり改善されたけど、
東西を走る国道は、相変わらず狭い道が多いです。

途中、雨が激しくて何度か雨宿りをしましたが、
ほぼノンストップで走り続け、21時半に帰宅。
バイクも荷物も人間も、もれなくビッショリ浸水しました。

20時間耐久680kmの一気走りでした。
無計画&無謀の極みです。
せめて、これから出発前にはちゃんと天気予報を確認しようと肝に銘じました。

でもこういうの嫌いじゃない (;´∀`)


関連記事


最近の記事