コンデジ復活?

2011年10月28日 19:16

前回の記事で、デジカメが壊れたと書きました。
サブカメラとして記録用に持ち歩いている、FUJI F70EXRです。

電源を入れても、レンズのスライドが動かず、
内部でガチガチガチ!とギアに負荷がかかっている音がします。

よく見ると、どうやらレンズのスライド部分にゴムっぽいものを噛んでいて、
それが抵抗になってスライド出来ないっぽい。
スライド部分にあるゴムって言えば、防水パッキンだよな…。

もうメーカー保証期間も過ぎてるから修理するにも有償だし、
修理に出すくらいなら買ったほうが安いかも。

夫に壊れたデジカメを見せて、ダメ元で治してとお願いしたら、
おもむろにスライド部分に挟まっているゴムをむしりはじめました。
で、出てくるゴムをどんどん引っ張り出して、全部取ってくれました。
そしたら、なんの抵抗も無くスムーズにレンズがスライドして、
写真が撮れるようになりました。

動くようにはなったけど、これで防水性・防塵性を失ったから、
スライド部分から湿気もホコリもウェルカム状態。
CCDにゴミが乗ったら終了、とのこと。

どちらにせよ、もう電池がかなり膨らんで寿命も近く、
新しく電池を買うくらいなら新しいカメラに買い換えようと思っています。

元々サブカメラであんまり使ってないカメラなので、
壊れてもそんなに悲しくはありません。
でも、そんなに使ってないからこそ、この品質の悪さに腹が立つ!
この中華クオリティめ!
ホント安物買いのゼニ失いだよねー。

で、次にサブカメラを買うときは、
コンデジではなく、スマホにしようと思っています。


関連記事


最近の記事