幼稚園バスでキャンピングカーを作る その23

2011年12月23日 06:07



短足なかーちゃんのために、
ローザの助手席の足置き台を作って欲しいな~、とお願いしたら、
次男がさっそく廃材を寄せ集めて作り始めましたよ (゚∀゚ )人




小4ですが、父親・長男に負けないボヤッキー魂の持ち主です。




完成。

アコードの助手席は、フィットさせるためにスペーサーで持ち上げたわけですが、
座面が高くなったら地に足が付かなくて、ブラブラさせてると疲れていました。

この足置き台のおかげで、足が置けるようになって楽になったわ!
ありがとう次男!




今年は三列シートの1列目をたたんで物置台に、
2列目と3列目を対面にして、その真ん中にテーブルが欲しいな~、とお願いしたら、
とーちゃんがさっそく廃材を寄せ集めて作り始めましたよ (゚∀゚ )人




有り合わせの廃材で急に作ったものだから、姿も材料も悪いけど、
春までこれでカンベンして…とのことです。
いかにも仮設って感じの作りだ (;´Д`)

いやいやでも、私の急な思いつきに対応してくれてありがとうとーちゃん!
きっと春には、ちゃんとしたテーブルを作ってくれることでしょう。




走行中は2列目の座面をたたんで、ブーツ置き場になります。

ちなみに床にカーペットを敷いたものの、
土足禁止というわけではありません。




ベッドエリア。
もうウェアやスキー用品を積み込んで、準備してあります。

座席を寄せ集めて作った、あのチープなベッドの上に、
目隠し&クッション代わりに、コタツ掛布団を敷いています。

大きな長方形コタツ専用の掛布団が、
ベッドスペースにちょうどピッタリの大きさ。
これに羽毛布団をかけて、冷え込む日は湯たんぽも入れて寝ます。
極寒のスキー場でも寝心地フカフカで快適です。

見た目が悪いベッドですが、こうやって隠しちゃえば分からないし、
これはこれで快適だし、もうこれで完成ってことでいいのでは?と思うのですが、
夫いわく、「なんかベッド面が低くて、通路に寝てるみたいで嫌だから、
もうちょっとベッド面を高くしたい。
で、ベッド面を上げた分、その下に収納スペースを作りたい。」そうです。

窓埋めの内装をするつもりで、断熱材に下地を張りつけたものの、
結局間に合いませんでした。

右のハンガーポールですが、
スキーウェアやら色々引っ掛けると、ベッドスペースが狭く感じます。
濡れたウェアをベッドスペースに吊るすのもちょっと嫌だし、
滞在中のウェア吊るし場所を検討する余地がありそうです。


春に続く。


関連記事


最近の記事