'11-12 白馬八方尾根スキー場 三転び目

2012年01月08日 08:38

正月スキー3日目。

正月三が日は、ゴンドラやリフトが7時半からオープンしています。
普段より早起きして、ガッツリ滑ってやろう!
…と意気込んではいるのですが、
実際朝になると、眠いわ寒くて布団から出られないわで、
7時半スタートとかムリっす… (;´Д`)




さすがに3日目なので、今日こそは早起きして、
7時半オープンに間に合わせて朝一リーゼンを狙おう!

と、張り切って準備したら、7時にもう名木山に到着。
朝早すぎて、私達以外は、誰も客がいない。
リフト係やチケット係もまだ出勤前で、従業員すら一人もいない…。




今年から子供用板とブーツを卒業し、
私のお古の板とブーツを使い始めた長男。
全然問題なく使いこなしています。

私が去年まで着ていたお古のウェアも、ちょっと大きいけどバッチリキメて、
おーおー、いっちょまえになったねぇ。




今日は、チーム冬将軍ご一行が来日中。
大暴れして、恵みの雪をご馳走してくれる予定です。

7時半にリフトが動き出し、朝一リーゼンを滑り、
ピカピカのピステンバーンにマーキングしまくります。

その後兎平に上がりますが、
ガスガスで全然視界がなく、諦めてパノラマを流します。

9時を回ると、どんどん雪が激しくなってきました。
寒さもハンパないです。

パノラマは客が増えて滑りにくくなってきし、
上部は寒いので、下部の白樺に移動。
白樺とセントラルを交互に滑って遊びます。




セントラルの森にシンシンと降る雪。
滑る人も少なく、どんどん積もっていきます。
たまに降りてくるスキーヤーやボーダーの滑走音も吸収してしまう、まさに無音の世界。

雪の日のスキーは冷たくてメゲるのですが、
ユーミンのBLIZZARDだの、globeのDeparturesだのを脳内再生しながら、
幻想的な雪景色の中を滑るのもまた楽しみです。




セントラルのカベ。
あっという間に積もった新雪が重くて辛い…。
それ以前に、降雪が激しすぎて、全然前が見えないー。

ただでさえ大雪で視界が悪いのに、ゴーグルに着氷しちゃって更に見えない。
リフトに乗るとウェアの背中やお尻が搬器に凍りつき、
降りる時にベリベリ剥がれるほどの寒さ。
さすがにメゲまくりですよ…。




白樺ゲレンデの隅っこは滑る人も少なく、
新雪で良い具合にフワフワになっていたので、
しばらくここで遊びます。
モッフモフ~ (´∀`*)

こんな雪の激しくて寒い日は、ゴンドラ嫌いな私でもゴンドラに乗りたくなります。
でもみんな考えることは同じで、リフトは空いてるのにゴンドラだけは長蛇の列。




一日中冬将軍様のターン。
午後は降雪がおとなしくなってきましたが、
今度は強烈な地吹雪が吹き荒れ、スキーヤーやボーダーを苦しめます。

この暴れん坊将軍め!




いやぁ寒かった!
一日でこんなに積もり、ローザがアフロになりました。

将軍様、ご馳走をたっぷりありがとうございました!
明日は新雪祭り確定です!
でも、もうちょっと手加減して下さい。
新雪を楽しむ前に冬眠しちゃいそうです《(;´Д`)》ガチガチ

一日滑り終えて、イオンに買出しがてら、
岩岳の湯に向かいます。

八方尾根4日間缶詰の予定でしたが、
岩岳の湯で温泉を堪能した後、なんとなく栂池に行かない?という話になり、
正月スキー最終日は栂池に決定。




岩岳の湯から八方に戻らず、栂池にやって来ました。
写真は、栂池のロータリーのモミの木。


4日目に続く。


関連記事


最近の記事