雪辱を晴らせ! ~栂池高原スキー場

2012年01月09日 14:53



正月スキー4日目。
栂池のゴンドラ乗り場最寄の中央駐車場に、さっそく陣取ります。




8時にゴンドラ運転開始。

栂池は大きなスキー場ですが、その50%は初心者コースです。
下部エリアは全て初心者コースなので、
初心者以外は、とにかくゴンドラで上部に上がらなければ話になりません。
朝一番のゴンドラはもちろん行列。
スキー場の中心にあり、どこへ行くにも関所となるゴンドラは、常に混み気味です。

ちなみに、ゴンドラ中間駅にはKFCがあり、
朝の荷揚げの時には、カーネルサンダース人形を乗せたKFCのゴンドラが一緒に回ります。
空中を飛ぶカーネルサンダースは、なかなかシュールで面白い風景です。




ゴンドラで、頂上駅の栂の森駅へ。
ここから栂の森ゲレンデを滑りますが、
栂の森はモーレツな地吹雪で吹っ飛ばされそう!




強風のためこの後、栂の森のリフトもゴンドラも運休となりました。




ハンの木ゲレンデに移動。
ここはリフト1本で回せ、長いのでそれなりに滑り応えがあります。

でも、長いだけでテクニカルな個所が無く、刺激が足りない…。




トイレを探しているうちに、
鐘の鳴る丘ゲレンデの最下部のレストランまで降りてきてしまいました。

ただでさえ初心者向きの栂池ですが、
特にこの鐘の鳴る丘ゲレンデの、無駄なほどのデカさには圧倒されます。
たぶん日本一大きな初心者ゲレンデなんじゃないかと思います。

でもって、鐘の鳴る丘ゲレンデは他のゲレンデとの繋がりが悪くて、
ハンの木まで戻り返すのにリフトを3本乗り継ぎ、それだけでグッタリ…。




午後は、からまつゲレンデの上部にある、チャンピオンゲレンデへ。

からまつも、鐘の鳴る丘ゲレンデと対をなす初心者ゲレンデ。
漕がなきゃ止まっちゃうほどの、ありえないくらいの緩斜面です。
スケーティングで加速することも出来ないほどの初心者には、逆にキツいコースです。




栂池には、いわゆる上級者コースというのは、
このチャンピオンコースと馬の背コースの2つしかありません。

で、このチャンピオン、
ただでさえ数少ない上級者コースなのに、
斜度は八方尾根のウスバ程度しかなく、しかも短いので、全然滑り応えがありません。
でも、リフト下の未圧雪部分は、新雪でフカフカだったのもあって楽しかったです。




14時くらいになって、やっとゴンドラの運転が再開しました。
さっそくゴンドラに乗って、栂の森の頂上から馬の背コースに流れます。

馬の背コースは、栂池の最難所コース。
両サイドが谷に落ち込んだ、細くて急な尾根ルートです。
この斜度、この片流れ、このヒネリ具合、いいわぁ (n‘∀‘)η

意外ですが、今回栂池のゲレンデを回ってみたかぎり、
ここが栂池で唯一のコブ斜面です。
しかも滑る人が少ないので、かなり浅いコブです。
八方なら、みんな喜んでコブを育てるので、
エスケープの緩斜面ですらコブだらけになるのに、
栂池は、コブに適した斜面があっても、コブを育てようという人がいないようです。




実はこの馬の背コース、
まだ私がパラレルもろくに出来ない初心者の頃、
夫に連れられて入り込んだ事があります。

その時は、急斜面で怖いわコブだわで全く滑ることが出来ず、
結局板を外して歩いてこのコースを降りてきました。
で、こんなコースに初心者を連れてくんな!と夫にブチ切れた思い出が。

その時の悔しさがいつまでも心に引っかかっていたのですが、
今回、ついにあの時の雪辱を晴らす機会がやってきました。

滑ってみたら、なんてことなく、簡単に降りてくることが出来ました。
とーちゃん、あなたに馬の背コースから突き落とされたライオンの仔は、
こんなに上達して帰ってきましたよ… 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とりあえずリベンジを果たしたので、これでもう栂池に思い残すことはないわ。

そりゃ、普段八方ばっかり滑ってりゃ、この程度の斜面は大した事ありません。
八方だって、初めて夫に連れて行ってもらった時には、
こんなコブばっかり急斜面ばっかりのスキー場連れてくるな!と怒ったものです。

それが今じゃ、
八方じゃないと物足りん!と言うまでマゾになれました (;´∀`)


関連記事


最近の記事