'11-12 白馬八方尾根スキー場 四転び目

2012年01月31日 17:48

将軍様、日本列島に絶賛居座り中。
ドッカンドッカンと日本列島を弾幕攻雪中。
そんな最中に夫が、
「よーし!パパ野沢行っちゃうぞー!」

いやいやいやいや (;・∀・)
野沢にゃ、去年も一昨年も大雪でヒーヒー言わされてるじゃん。
ただでさえこの寒波で、飯山や野沢は今、全国一の降雪量だから。
こんな大雪に野沢を滑っても、埋もれてスケキヨになるだけだからヤメテ。

夫は野沢の豪雪でヒーヒー言いたかったようですが、
そこは何とか思いとどまってもらい、行き先を八方に変えてもらいました。
野沢はどうか、将軍様がお帰りになってから連れてって下さい。




毎度お馴染みの八方尾根です。
名木山トリプルにはドラえもんがww

同じR148沿いにあるスキー場でも、
小谷方面は300cmに迫る積雪量となっているのに、白馬はそれほどでもありません。
今回の寒波で、ようやくハイスーズンの積雪量に追いついた感じ。
例年よりかなり遅れて、やっとリーゼングラートがオープンしました。




今週末も、八方は7時半からオープンしています。
早く身支度して、7時半に名木山からリーゼンへと登り、朝一リーゼンを楽しみます。

リーゼン途中のサンテラスうすばは、ここ数年閉鎖されたままですが、
今シーズンは、階下のトイレが開放されています。

このトイレって需要があるのか?と思ったのですが、
八方第一ペアでウスバのカベだけを回す人には需要あるね。
名木山まで降りるのも面倒だし、リーゼン小屋にトイレだけ借りに行くのもアレだし。

中はそんなに暖かくありませんが、吹雪の時の避難場所にも使えます。




リーゼンのクラマックス、ウスバのカベ。
朝一はビュンビュン駆け下りる事が出来ます。
ただ、この日はモコモコの雪が積もり、重くて疲れる雪面でした。




朝一リーゼンを数本滑った後、今度は朝一セントラル。
モコモコだったリーゼンと違い、セントラルは締まったピステンバーンで、
これまた快調に流せます。

久しぶりに調子に乗ってリーゼンとセントラルを何本も飛ばしたら、
午前中ですでに、太もも乳酸漬けでプルプル。




兎平はずっとガスって視界不良。
いつまで経ってもウサギのコブに入れそうになかったので、国際のカベまで遠征。
ここは、パノラマから流れてきて引き返せなくなった初心者が溜まり易いです。




午後、兎平のイエティにガリガリ君登場!




この日、ガリガリ君製造元の赤城乳業のキャンペーンがあり、
なんと無料でガリガリ君を配布してくれる大盤振る舞い!
子供はもちろん、大人も大喜びでガリガリ君配布の列に並びます。




外は雪が降り続く極寒だというのに、
暖かいイエティにて、キンキンに冷えたガリガリ君タイム。
チョコ味は初めて食べたけど、美味しいなコレ!
ご馳走様!




午後になっても、一向に兎平の視界は回復しません。
それならばと、八方のガリガリ君こと北尾根のコブに遠征。

もちろんこの時期の北尾根のコブはソフトで、
まだガリガリのアイスコブではありません。
久しぶりに、上・中・下段とフルに北尾根のコブを滑る事ができました。
ただ、中段~下段は雪不足で地面が出ており、ソールがガリガリ君 (´Д⊂ヽ

兎平や黒菱が視界不良なので、
我が家と同じく、みんなコブを求めて北尾根に流れてきています。
なので北尾根のコブはイモ洗い状態 (;´Д`)

午後はこのままずっと北尾根で遊んで1日目終了。


2日目に続く。


関連記事


最近の記事